女性の抜け毛による薄毛は分け目やつむじの部位から目立つようになります


女性の抜け毛や薄毛で最も多いと言われている症状が「びまん性脱毛症」です。
全体的に髪が薄くなりボリュームが減っていくことが特徴です。

この薄毛の原因には女性ホルモンの減少が関係しています。
女性ホルモンは加齢と共に減少したり、生活習慣の乱れなどで正常に分泌できなくたったりすることがあります。

イソフラボンの摂取や生活習慣の見直しでホルモンバランスを整えることが効果的です。

女性の抜け毛で多いのは「びまん性脱毛症」です

女性の抜け毛や薄毛で最も多い症状は「びまん性脱毛症」だといわれています。
びまん性とは広範囲に広がるという意味を持っています。

男性の額や頭頂部から薄くなっていく脱毛とは違い、全体的に薄くなっていくのが特徴です。

女性の抜け毛で髪の全体的なボリュームがなくなったと感じるのは、びまん性脱毛症によるものです。

男性と女性の薄毛の進み方に違いがあるのはホルモンが原因しています。

男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンが5α-リラクターゼと結びつくことで、毛母細胞を攻撃するDHTという物質に変化することで、薄毛が進行していきます。

一方、女性の薄毛に関係しているものは、女性ホルモンであるエストロゲンです。
このエストロゲンが減少することによって、薄毛が進行するといわれています。

もちろん女性の体内にも微量の男性ホルモンが存在するので、女性ホルモンの減少で男性ホルモンが優位に働いてしまうことも考えられます。

しかし分泌量は男性よりも少ないため、大幅に薄毛が進行してしまうことには至らないようです。

女性の多くは分け目やつむじから薄毛が目立つようになってきます


びまん性脱毛症の場合、特に分け目やつむじ部分から薄毛が目立つようになってきます。
このような部位が気になりだしたら注意が必要です。

この場合、ホルモンバランスの乱れが関係している可能性があります。
ホルモンバランスが乱れる原因を見ていきましょう。

加齢

女性ホルモンは20代をピークに30歳以降は徐々に減っていき、特に40代半ば以降は急激に減少する傾向があります。

女性ホルモンに含まれているエストロゲンは髪の成長を促進させる働きがあるため、女性ホルモンが減少することで抜け毛や薄毛の原因となるのです。

さまざまな影響

女性ホルモンは繊細であるため、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうことがあります。

不規則な生活習慣やストレス、更年期など、そのような環境がホルモンを乱してしまう原因となるのです。

なぜならホルモンは脳から分泌されるものであるため、ちょっとしたストレスでも影響を受けて、適切にホルモンの分泌指令が出せなくなってしまうのです。

薄毛進行予防のためにはホルモンバランスを整えることが大切です

女性はホルモンバランスが乱れることで、男性ホルモンが優位となり薄毛が進行しやすくなることがあります。
そのためホルモンバランスを整えていくことが大切です。

誰でも年齢と共に女性ホルモンの分泌量は減少していきますが、症状を遅らせることや分泌量を増やす努力をすることはできます。

とくに女性ホルモン生成の働きを持つ成分であるイソフラボンの摂取がおすすめです。

大豆食品などに多く含まれているので、これらの食品を積極的に食べるようにしましょう。

またサプリメントからも摂取が可能です。
他にもローズやアロマの香りは女性ホルモンの分泌を促すといわれているので、香りが苦手でなければ試してみてもよいでしょう。

生活習慣が乱れていると女性ホルモンの低下スピードも速くなってしまうため、注意が必要です。

栄養バランスのとれた食生活や、早寝早起きをするなど生活習慣を見直しましょう。
またストレスもホルモンバランスを乱す原因となるので、気を付けましょう。

(まとめ)女性の抜け毛で目立ちやすい部位とは?

1.女性の抜け毛による薄毛は分け目やつむじの部位から目立つようになります

女性の抜け毛や薄毛である「びまん性脱毛症」は全体的に髪が薄くなっていくことが特徴です。

この原因は女性ホルモンの減少が影響しているため、ホルモンバランスを整えてあげることが大切です。

2.女性の抜け毛で多いのは「びまん性脱毛症」です

女性の抜け毛や薄毛で多いのは「びまん性脱毛症」です。
女性の薄毛は、男性のハゲとは違って全体的に薄くなりボリュームがなくなっていくのが特徴です。

男性と女性の薄毛の違いはホルモンが影響しています。

3.女性の多くは分け目やつむじから薄毛が目立つようになってきます

びまん性脱毛症の場合、分け目やつむじから薄毛が目立ってくることが多いです。

この薄毛は、ホルモンバランスの乱れが原因となっている可能性があります。

ホルモンバランスの乱れは、加齢や生活習慣のちょっとしたことで起こってしまいます。

4.薄毛進行予防のためにはホルモンバランスを整えることが大切です

薄毛を予防するためには、ホルモンバランスを整えることが大切になります。

女性ホルモン生成をサポートしてくれるイソフラボンの摂取やローズやアロマの香りなどがおすすめです。
また生活習慣の見直しも行うと、より効果的です。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む