女性の抜け毛によるおでこの後退は男性ホルモンが影響しているといわれています


男性特有の薄毛の症状である、おでこの生え際の後退は女性にも起こる可能性があります。

女性のホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが優位になり、薄毛の原因となる物質DHTを作り毛母細胞の働きを抑制することで抜け毛の原因となります。

これを防ぐためにはホルモンバランスを整えて、女性ホルモンを活性化させることが大切です。

おでこの生え際の後退は男性ホルモンが影響している可能性があります

女性特有の薄毛には、頭頂部や分け目が薄くなって髪のボリュームが少なくなっていくといった特徴があります。

しかし最近では男性のようにおでこの生え際が後退していき薄毛になってしまう女性も増えているようです。

このような症状が起こっている原因には、男性ホルモンの影響が考えられています。

男性の体内だけでなく、女性の体内にも微量の男性ホルモンが存在しています。

ホルモンバランスが正常であれば問題ありませんが、バランスが乱れて男性ホルモンが活性化すると抜け毛を引き起こしてしまうのです。

男性ホルモンは5α-リダクターゼという酵素と結合すると、男性型脱毛症の原因にもなるジヒドロテストステロン(DHT)という物質を作ります。
これが毛母細胞の働きを抑制することで抜け毛へとつながります。

また加齢が進むにつれ女性ホルモンの分泌量は減り、男性ホルモンがより優位になっていく可能性もあるため注意が必要です。

前頭部の抜け毛の症状はゆっくりと進行していくため、初期段階では気づくことが難しいことも特徴の一つです。

ホルモンバランスを整える習慣を取り入れましょう


前頭部の薄毛を回避するためには、ホルモンバランスを整えて女性ホルモンを活発化させることが大切です。
その中でも効果的でおすすめな方法を紹介します。

イソフラボンの摂取

女性ホルモンを作るのに欠かせない成分が、イソフラボンです。
豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品に多く含まれていますので、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

またイソフラボンのサプリメントもあるので毎日食事で摂取するのが難しい場合は、サプリメントの活用もおすすめです。

質の良い睡眠を取る

睡眠不足や、浅い眠りが続くと疲れた体を十分に回復出来ず、疲労が溜まりイライラや気分の不安定に繋がります。
こうした習慣はホルモンバランスを崩してしまうことにもなりかねません。

そのため夜更かしを避けて早寝早起きを心掛けるようにしましょう。

またぐっすり眠れるよう、就寝前はスマートフォンなどの使用を避け、アロマや軽いストレッチなどを行うと効果的です。

生活習慣も前頭部の薄毛に関係しています

男性ホルモン以外にも抜け毛の原因はあります。

下記の生活習慣に当てはまる方は、その見直しも併せて行うことが抜け毛の改善につながるでしょう。

過度なヘアケアやスタイリングに注意

ドライヤーやヘアアイロン、スタイリング剤を頻繁に使用したり、パーマやカラーを繰り返し行っていたりする方もいると思います。

髪のオシャレを楽しみたい気持ちもあると思いますが、これらの行為は頭皮に大きな負担をかけてしまいます。

必要以上の利用は避けて、なるべく最低限に留めておくようにしましょう。

ダイエットでの過度な食事制限に注意

健康な髪を育てるために必要な栄養素の1つにタンパク質がありますが、ダイエットのためにお肉を抜いたり、過度に食事制限をしたりしてしまうと栄養が不足して髪が痩せ細り抜けやすくなってしまいます。

ダイエットをするなら、食事のバランスを重視し、運動も取り入れながら工夫して行うようにしましょう。

ストレスが溜まっている人は注意

大きなストレスはホルモンバランスが崩れる原因になります。
ストレスをゼロにすることは難しいですが、自分なりのストレス解消法を見つけておくとよいでしょう。

(まとめ)女性でも気になるおでこの抜け毛の原因とは?

1.女性の抜け毛によるおでこの後退は男性ホルモンが影響しているといわれています

抜け毛により生え際が後退する原因として考えられるのは、男性ホルモンの影響です。

ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが優位となり抜け毛を招いてしまうことがあります。

これを防ぐためにも女性ホルモンの活性化が効果的です。

2.おでこの生え際の後退は男性ホルモンが影響している可能性があります

男性特有の薄毛の特徴であるおでこの生え際の後退は、女性にも起こる可能性があり、その理由として男性ホルモンの影響が考えられています。

ホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンが優位となり、抜け毛を招くことがあります。

3.ホルモンバランスを整える習慣を取り入れましょう

前頭部の薄毛を回避するには、女性ホルモンを活性化させることが大切です。

とくに女性ホルモン生成に欠かせない成分であるイソフラボンの摂取や、ホルモンバランスを整えるため質の良い睡眠を取ることが効果的です。

4.生活習慣も前頭部の薄毛に関係しています

前頭部の薄毛を進行させる要注意点として、過度なヘアケアやスタイリング、ダイエットでの過度な食事制限・などがあげられます。

これらのことを繰り返し行うと、頭皮にダメージを与えてしまいます。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む