女性の産後の抜け毛対策にはホルモンバランスを整えることが有効です

b9408866ea695b62e51af23f981bab9d_s
女性が産後に抜け毛が多くなる原因には、体調不良などもありますが、ホルモンのバランスが崩れてしまうことが大きな原因です。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンが増加しますが、出産を終えるとこれらのホルモンが減少し母乳を生成する為にプロラクチンが増加します。

これらのバランスが崩れてしまうことで、本来抜けるはずのない髪の毛が大量に抜けてしまうのです。
産後の抜け毛はホルモンバランスを整えることで改善が期待できます。

ストレスやダイエットは抜け毛の始まりです

女性が出産を終えると、今まで経験をしたことがない程の大量の抜け毛に悩まされることになります。

ホルモンのバランスが乱れることが一番の原因ですが、この他にも原因はあるのです。
下記で、その原因を紹介します。

ストレスも抜け毛の原因

出産後は、生活リズムがガラリを変わってしまいます。
生まれたばかりの赤ちゃんは、長い時間起きていることはなく、おむつが汚れたり、お腹がすいたりすると起きてしまうことが多いです。

妊娠中は、自分のライフスタイルを守りながら生活を送っていましたが出産後は赤ちゃん中心となります。
生活リズムが変わることで、徐々にストレスが溜まっていきます。

このストレスには体内にアドレナリンという物質を分泌し、活性酵素を増加させる働きがあるのです。

活性酸素によって、頭皮の皮脂分泌を過剰にしてしまうので毛穴に汚れが詰まりやすくなり、抜け毛を発生させてしまいます。

頭皮が汚れた状態になっていると、髪の毛にとって居心地の悪い場所になります。

寝不足によって、ストレスが溜まってしまうこともありますが、できるだけ多くの人に相談や協力をしてもらいながら、ストレスを感じない子育てをしていきましょう。

ダイエットも危険

妊娠中に増加した体重を少しでも早く減らそうと思い、産後すぐにダイエットをする人がいます。

体形を戻したい気持ちはわかりますが、産後直後は免疫力や体力がまだ正常に戻ったわけではありませんのでやめましょう。

ムリにダイエットをしてしまうと、髪の毛へ栄養を行き渡らせることができなくなってしまうので、抜け毛が大量に発生してしまいます。

このように、抜け毛の原因は産後の生活スタイルにも関わってきます。

ヘアカラーやパーマも抜け毛の原因の一つです

gf2160144667l
産後の抜け毛が多くなってくると、今の状態から抜け出そうとしてイメージチェンジをしてしまう人がいます。

抜け毛が酷い時期に、パーマやカラーをしてしまうと頭皮への刺激が強くなりますので、今以上に抜け毛が増えてしまいます。

そのため抜け毛が酷い産後はできるだけパーマやカラーをしないようにしましょう。

そして産後抜け毛があまりないという場合でも早めの対策が大切です。
抜け毛がないからという理由でなにもせずにいると、後々抜け毛が多くなってしまい後悔することになります。

事前に対策をしておくことで、症状を少しでも抑えることができます。
産後の抜け毛対策で一番重要になってくることは、規則正しい生活です。

赤ちゃんが誕生し、なかなか今までと同じような生活をすることは難しいかもしれませんが、できるだけ自分のライフスタイルを守りながら、日々の子育てをしていきましょう。

イソフラボンの摂取が対策として効果的です

産後の抜け毛を減らすためには、女性ホルモンに似た働きを持っている、イソフラボンを積極的に取り入れましょう。

イソフラボンは、髪の毛のハリやツヤ、代謝を高めてくれるなど健康な頭皮を維持するために欠かすことのできない成分となります。

ただし、「体にいいからたくさん取り入れよう」と思い、過剰摂取してしまうと副作用を起こすことがあるので注意が必要です。

イソフラボンは、エストロゲンと同じような働きを持っているので、たくさん摂取するとホルモンのバランスを乱してしまいます。

目安としては一日に70~75mg、健康食品で取り入れる場合には30mgが上限となっているので、これ以上摂取しないように注意しましょう。

これらの量を、食品で換算すると納豆は2パック、豆腐は300g1丁食べた時と同じ量になります。

目安として知っておくと、摂取量を把握することができイソフラボンの過剰摂取を抑えることができます。

そしてストレスを解消もよくありませんので、公園や地域の活動に出てママ友をつくり、お話をする場面をたくさん作りましょう。

同じ子育てをしているママ友と話をすることで、気持ちを共感できるのでストレスを解消させることができます。

産後は大変な時期ですが、食事やママ友づくりを頑張り、抜け毛から解放される生活を送りましょう。

(まとめ)女性の抜け毛が増える産後の対策法は?

1.女性の産後の抜け毛対策にはホルモンバランスを整えることが有効です

出産後は、ホルモンのバランスだけではなくさまざまなことに悩みを抱えてしまいます。

女性の抜け毛は、体調不良などでも引き起こりますので、体調管理はしっかりと行いましょう。

2.ストレスやダイエットは抜け毛の始まりです

産後の生活は今までとは全く違ってきます。
そのため体調不良になる日が多くなってしまいます。

抜け毛への悩みをプラスしないためにも、あくまでも自分のペースを守りながら、のんびりした子育てを心がけましょう。

3.ヘアカラーやパーマも抜け毛の原因の一つです

産後はホルモンのバランスが悪くなってしまいます。
それと同時に、頭皮環境も敏感になりますので、パーマやカラーは避けましょう。

刺激を与えてしまうと、さらに頭皮環境は悪くなってしまうので、抜け毛を多くしてしまう原因となります。

4.イソフラボンの摂取が対策として効果的です

産後の抜け毛は、女性にとってかなりの悩みをなります。
産後の抜け毛に関しては、原因がわかっていることですので、早めに対策をするようにしましょう。

事前に対策をすることで被害を最小限に抑えることができます。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む