女性の抜け毛に付いている白いものは皮脂、もしくは毛根鞘です

bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_s
抜け毛を見てみると、毛根部分に白い付着物が付いている場合があるのですが、これは頭皮の毛穴に付着していた皮脂が一緒に抜けた、もしくはその毛穴にあった毛根鞘が一緒に抜けてしまった可能性があります。

毛根鞘は抜けてしまっても、何度も抜くようなことをしなければまた復活します。

しかし、毛根に皮脂が一緒に付いてきてしまうと、皮脂が頭皮で過剰分泌されてしまっている可能性が高く、それによって抜け毛が進行し、薄毛となってしまう場合があります。

もしも皮脂が付着するようになったら、洗髪方法などを今一度見直しましょう。

毛根鞘・皮脂ってどんなもの?

毛根鞘とは、毛根を守るために存在し、髪の毛が抜けたとしても毛穴に残っているものなのですが、故意に抜いたりすると毛根鞘が一緒になって抜けてしまいます。

自然と抜けてしまったものでも、稀に毛根鞘を見ることができますが、これが抜けたからと言って一生髪の毛が生えなくなってしまうなどの危険性はありません。

毛根鞘が抜けてしまっても、新しく髪の毛が生える時に、また毛根鞘は形成されます。

ただし、何度も何度も故意に抜いてしまうと毛根鞘の奥にある毛母細胞が傷ついてしまい、育毛に影響が出てしまう恐れがあります。

そのため、髪の毛を故意に抜くことはやめましょう。

また、毛根鞘以外の白い付着物として、皮脂が挙げられます。

毛穴から分泌される皮脂が毛穴に詰まっていると、髪の毛が抜けた時に一緒に抜ける場合があります。

毛根鞘と皮脂の区別方法としては、白というよりも半透明色をしてるのが毛根鞘、真っ白なのが皮脂となっています。

また、毛根鞘は毛根を包むように付着していますが、皮脂の場合は毛根ではなく髪の毛の途中に付着している場合が多くみられます。

髪に付着した白いものが皮脂である場合、抜け毛防止のためのケアが必要となるため、きちんと見分けられるようにしておきましょう。

皮脂が過剰に分泌していると薄毛が進行する可能性があります

抜け毛、薄毛を今すぐに改善
抜け毛に皮脂が付着しているということは、毛穴から皮脂が過剰に分泌されてしまっている可能性があります。

皮脂がたくさん出ていると、皮脂の塊が毛穴を塞いでしまう恐れがあります。

毛穴が塞がれるということは、髪の毛が成長してもなかなか外に出づらくなり、育毛が阻害されてしまうのです。

また、皮脂が多い状態が続くと炎症が起きてしまう可能性があります。

炎症を起こしてしてしまうのは、頭皮の常在菌の影響です。

頭皮にいる常在菌は皮脂をエサにしているのですが、皮脂を食べる際に脂肪酸へと分解してしまいます。

この脂肪酸が頭皮の臭いなどの原因にもなりますが、脂肪酸が増えすぎることで頭皮が荒れてしまい炎症が引き起こされてしまうのです。

炎症が起きると毛根も傷ついてしまうので、頭皮環境が悪化し、育毛が難しくなってしまいます。

そのため、皮脂が多いと薄毛が進行してしまう可能性があるのです。

正しい洗髪方法を覚えて薄毛のリスクを回避しましょう

抜け毛に皮脂が付着している場合は、皮脂が過剰分泌されていて、毛穴に皮脂が詰まってしまっている可能性があります。

そのため、毛穴に詰まっている皮脂をキレイにしつつ、これ以上皮脂がたくさん分泌されないようにしなくてはなりません。

まず毛穴に詰まっている皮脂を落とすためには、洗髪前にブラッシングをして頭皮の汚れを浮かすことが大切です。

また、洗髪している際にマッサージをすることで毛穴から皮脂が出やすくなります。

これによって毛穴に詰まってしまった皮脂を取り除いていきましょう。

シャンプーの中には皮脂を落とすためのものがありますが、洗浄力の強い界面活性剤などが入っていると、頭皮が乾燥し荒れてしまう恐れがあるので、シャンプー選びには気を付けましょう。

皮脂の過剰分泌を抑えるためには、熱めのシャワーを使わないようにすることが大切です。

お湯の温度が熱いと頭皮を守るために必要な皮脂まで流れ落ちてしまい、その分を補おうとたくさん皮脂が分泌されてしまいます。

また、皮脂が多いからと1日に何度も洗髪してしまうと、必要な皮脂が復活する間もなく、また皮脂が流れてしまうので洗髪は1日1回で十分です。

(まとめ)女性の抜け毛に付いている白いものって何?

1.女性の抜け毛に付いている白いものは皮脂、もしくは毛根鞘です

抜け毛の毛根を見て、白い付着物が付いていた場合、それは皮脂か毛根鞘かもしれません。

毛根鞘の場合は特に問題ないのですが、皮脂が付着していた場合はそのままにしておくと抜け毛が増え、薄毛になる可能性が高まります。

2.毛根鞘・皮脂ってどんなもの?

毛根鞘は、毛根を守るために存在し、稀に髪の毛と一緒に抜け落ちます。

また、皮脂は毛穴に詰まり髪の毛に付いて抜け落ちます。

毛根鞘は半透明で毛根を守るように付着していますが、皮脂の場合は真っ白で髪の毛の途中に付着している場合が多いです。

3.皮脂が過剰に分泌していると薄毛が進行する可能性があります

抜け毛に皮脂が付いている場合は、皮脂が育毛の邪魔をしている可能性があります。

他にも皮脂によって脂肪酸の量が増えてしまい、頭皮環境が悪化して髪の毛が育ちにくくなってしまうこともあるでしょう。

4.正しい洗髪方法を覚えて薄毛のリスクを回避しましょう

毛穴に詰まっている皮脂を落とすためには、ブラッシングをし、洗髪中に頭皮マッサージをすることが大切です。

また、過剰分泌を抑えるにはお湯をぬるめに設定して必要な皮脂まで取り除かないようしましょう。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む