女性の抜け毛で毛根が無いものは薄毛になる恐れがあります

Fotolia_94901960_Subscription_Monthly_M
抜け毛が気になる方は、抜けた髪の毛根部分をチェックすれば抜け毛の危険度がわかります。

健康な髪は、毛根が白くマッチ棒のようにふっくらと膨らんでいます。

このような状態であれば抜け毛が多くても一時的なものだと安心して良いでしょう。

毛根がない場合は、髪の頭皮機能が低下している危険性が高く抜け毛になりやすいので注意が必要です。

抜けた髪の毛根をチェックすることで頭皮の状態がわかります

抜け毛にお困りの方や、心配がある方は、抜け落ちた毛の毛根の状態をチェックしてみましょう。

まずは正常な状態からです。

髪の毛の毛根部分が白く、マッチ棒のようにふっくらと膨らみがあれば正常です。

さらに毛根から毛先までの髪の太さが一定になっていれば、健康な状態です。

この状態で抜け毛が多いのであれば、髪の生え変わりなどによる一時的なものだと考えて良いでしょう。

しかし、上記に当てはまらない場合は、頭皮の状態が悪くなっている可能性があり、放っておくと抜け毛が進んでしまいます。

特に毛根がない場合、危険性が高いので要注意です。

毛根が膨らんでおらず尖っている状態は、頭皮の毛穴が弱まっている証拠です。

これによって急速に抜け毛が進行しやすくなります。

他にもこんな場合は注意した方が良いでしょう。

毛根の膨らみが小さい

緊急の危険性はないですが、そのままにしておくと毛根がなくなってしまうかもしれません。

毛根の色が黒い

通常の毛根の色は白いので、紫外線により黒く変色している可能性があります。

毛根に白い膜のようなものが付着している

皮脂の汚れが付着している状態です。

毛根を小さくしてしまう理由はさまざまなものがあります

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_s
毛根の状態が悪くなってしまうのはさまざまな理由が考えられます。

紫外線によるダメージ

紫外線を長時間浴びると、頭皮の毛穴が詰まりやすくなって毛根が小さくなっていき、髪の毛の成長の働きがだんだん弱まってしまいます。

正常な毛根は白いですが、紫外線ダメージを受けるとメラニン色素によって毛根が黒く変色してしまいます。

皮脂汚れ付着によるダメージ

シャンプーの洗い残しや、髪の汚れが十分にとれていないと、残った皮脂が毛根に付着してしまいます。

だからと言って1日に何度もシャンプーをしたり、ゴシゴシと力強く髪を洗ったりすると、必要な皮脂まで落としてしまい過剰分泌の原因となるので逆効果です。

ストレスによるダメージ

ストレスを溜め過ぎると、免疫機能が低下してしまいます。

全体的に毛根の膨らみがなくなってしまい、症状が悪化すると円形脱毛症になる危険性があります。

抜け毛予防のために、紫外線対策やストレス解消などを心がけましょう

毛根の状態が危険な方もそうでない方も、今からできる抜け毛予防法をぜひ実践してみて下さい。

頭皮にも紫外線対策を

お肌の紫外線対策はしっかりしている方も多いですが、頭皮の紫外線対策まではしていない方も多いかもしれません。

頭皮に直接日焼け止めを塗ることはできないので、外出時は帽子や日傘を利用しましょう。

スプレータイプの日焼け止めなら、頭皮にも使用できます。

シャンプーで頭皮を清潔な状態に

シャンプーは正しい方法で行いましょう。

1日に1度、頭皮マッサージをしながら丁寧にシャンプーして下さい。

アミノ酸系のシャンプーなら、頭皮に優しく必要な皮脂だけを落としてくれるのでおすすめです。

ストレスを溜めないこと

普段からストレスを溜めないように心がけましょう。

ストレスにさらされてしまった場合でもそれが発散できるよう、自分なりの解消方法を見つけておくと、万が一の時でも対処できます。

軽い運動やアロマキャンドルなどもストレス解消にオススメです。

他にも、食生活の改善や睡眠をしっかりとることなど、生活習慣の改善も高い効果が期待できます。

(まとめ)女性の抜け毛は、毛根が無いと薄毛の可能性がある?

1.女性の抜け毛で毛根が無いものは薄毛になる恐れがあります

抜け毛が気になる人は毛根部分をチェックすることで、髪の健康状態を把握できます。

毛根部分が白くマッチ棒のようにふっくらしていれば心配ないですが、毛根がない人ほど抜け毛の危険性が高いので注意が必要です。

2.抜けた髪の毛根をチェックすることで頭皮の状態がわかります

抜けた髪の毛根部分をチェックすると抜け毛の危険度がわかります。

毛根部分が白くマッチ棒のようにふっくらとしていれば正常ですが、そうでない場合抜け毛の危険度が高いといえます。

特に毛根がなく、尖っている場合は危険信号です。

3.毛根を小さくしてしまう理由はさまざまなものがあります

毛根が小さくなってしまう理由として、紫外線による頭皮の毛穴詰まりや、皮脂汚れの毛根付着、ストレスによる免疫低下で毛根が小さくなる等のダメージが考えられます。

これらを放っておくと、抜け毛が進んでしまうかもしれません。

4.抜け毛予防のために、紫外線対策やストレス解消などを心がけましょう

毛根の状態を良くするには、頭皮の紫外線対策や、正しいシャンプーで頭皮を清潔な状態にしておくこと、ストレスを溜めないようにするなど、日頃からの心がけが大切です。

また、生活習慣の改善も高い効果が期待できます。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む