髪が伸びることと女性の抜け毛に直接的な関係はありません


たとえば「髪の毛が1mm伸びたから、代わりに1本抜ける」などということはありません。
髪が伸びるのは、髪が成長しているからであって、栄養がその分薄くなったり、不足して抜けやすくなったりするということではないのです。

しかし髪の毛を長く伸ばすことと抜け毛ということになると、全く関係がないというわけではありません。
間接的に抜け毛が引き起こされることもあるため、注意しましょう。

髪が長い女性は抜け毛が気になりやすいという特徴があります

髪の長い女性は、短い女性に比べて、抜け毛が気になりやすい傾向にあります。
これは、次の要因によるものです。

髪の量

20cmの髪の毛が1本抜けるのと、100cmの髪の毛が1本抜けるのとでは、同じ1本でも5倍の差があります。
髪が長と、それだけ少しの抜け毛が大量に見えてしまうのです。

髪の毛が長い女性は、排水溝やベッドの上の抜け毛にぎょっとすることがあるかもしれませんが、実際に本数を数えてみると、大したことはない場合もあります。

髪の重さ

頭皮はちょっとした刺激にも敏感なものです。
髪の重さなんて大したことはないとお思いかもしれませんが、長い髪を一気に切ると、「頭が軽い」と実感できるものです。

髪の毛は意外と重たいのです。
こうした重みに引っ張られて、髪が抜けやすくなるということもあります。

ブラッシングやドライヤー

髪が長ければ、ブラッシングをしたり、ドライヤーで髪を乾かしたりする時間も長くなります。
髪をいじる時間が長引けば、それだけ頭皮への刺激も増えてしまいます。

髪が長い女性はヘアスタイルに気を付けましょう


女性にとって、ヘアスタイルはファッションの重要なポイントのひとつです。
しかし髪の長い女性は特に、頭皮を傷めるようなヘアスタイルをしてしまわないように注意してください。

髪の毛を縛る

髪を束ねてまとめる方法には、様々なものがあります。
かわいいスタイルやセクシーなスタイル、上品なスタイルなど、日によってヘアスタイルを使い分けている女性も多いでしょう。

しかし思い切り髪の毛を引っ張り上げたり、ヘアピンをたくさんさして髪を固定したりするスタイルは、頭皮への刺激となってしまうことがあります。

なるべく毎日違うヘアスタイルにすることや、自然なままのおろし髪で過ごす日を作るなど、頭皮を労わるようにしましょう。

髪の毛を巻く

コテやホットカーラーで髪の毛を巻くと、どうしても熱で髪が傷んでしまいます。
カーラーが頭皮に当たったり、髪の毛を強く引いたりしてしまうと、ダメージは頭皮にも及びます。

またカールを維持するためにスプレーやワックスを付けると、毛穴にスタイリング剤が溜まってしまいます。
毎日髪を巻いているという人は、少し控えるようにしましょう。

抜け毛の本数を気にし過ぎるのはよいことではありません

抜け毛は一度気になり始めると、どんどん不安が募ってしまうものです。
しかしあまりに抜け毛を気にし過ぎるのも良いことではありません。

頭皮に触れがちになる

抜け毛が気になっていると、ついつい頭皮に触ってしまったり、髪をかき分けて鏡であちこちの地肌をチェックしたりします。
しかし頭皮に触れるという行為は、抜け毛予防の上では避けるべきことです。

抜け毛を気にして頭皮に触れることで、却って抜け毛が増えてしまうこともあり得るのです。

気持ちが憂鬱になる

毎日ベッドに落ちた髪の毛を拾い集めて本数を数えたり、びくびくしながらブラッシングを行ったりすることは精神的によいことではありません。

もちろん丁寧に毛先から髪の毛を梳かしたり、頭皮に刺激を与えない様に優しくシャンプーしたりすることを心がけるのは大切なことです。

しかし「また髪の毛が抜けた」と憂鬱な気持ちを抱えながら生活していると、どんどんストレスが溜まってしまいます。

髪が長いせいで抜け毛を気にし過ぎるのであれば、思い切って髪の毛を短くして、すっきりした毎日を送りましょう。

(まとめ)女性の抜け毛と髪が伸びることの関係って?

1.髪が伸びることと女性の抜け毛に直接的な関係はありません

抜け毛と髪が伸びることに関して、直接的な因果関係はとくにありません。
しかし髪を伸ばすことと抜け毛の間には、間接的な関係があります。

髪が長い女性は、抜け毛に注意しましょう。

2.髪が長い女性は抜け毛が気になりやすいという特徴があります

同じ1本の抜け毛でも、髪が短い女性と長い女性では量に違いがあります。
そのため髪が長い女性は抜け毛が気になりやすいのです。

また髪の重みや、ブラッシング・ドライヤーなどで長時間髪に触れることが抜け毛に繋がる場合もあります。

3.髪が長い女性はヘアスタイルに気を付けましょう

髪の毛を強く引っ張って束ねたり、熱いコテやホットカーラーを使って巻いたりすることは、頭皮や髪へのダメージに繋がってしまいます。

またスタイリング剤が毛穴に詰まって汚れとなる場合もあります。

4.抜け毛の本数を気にし過ぎるのはよいことではありません

一度「抜け毛かも」と思うと、どんどん不安になってしまいます。

しかし抜け毛を心配するあまり頭皮に触りすぎたり、気持ちが塞いだりすることは髪のためによいことではありません。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む