女性の抜け毛予防には、緑黄色野菜・淡色野菜・豆類がおすすめです。

929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_s
抜け毛を防ぐためには、髪の毛の土台となる頭皮に栄養が必要です。
とくに皮膚を元気にするパワーがあるビタミン類と髪の毛のもとなるタンパク質が必要です。

ビタミン豊富な野菜を積極的に食べましょう。
食べるときのポイントは、緑黄色野菜と淡色野菜の両方のバランスを大切にすることです。

また女性の抜け毛は、女性ホルモンのバランスが崩れることが影響しています。

女性ホルモンとしてよく知られているエストロゲンは、髪の毛をキレイに保つために働いています。

しかし30代を境に女性ホルモンが減少し、髪質が低下してしまいます。
それでも女性ホルモンと同じような働きをする成分を食べると、補うことができます。

その成分がイソフラボンです。

イソフラボンは、大豆・黒豆・小豆など豆類に含まれる成分です。

このイソフラボンとエストロゲンの化学構造式が似ているため、その働きも似ていると言われています。

そして豆類には良質なタンパク質も含まれています。
抜け毛を防ぐためには、緑黄色野菜・淡色野菜・豆類を意識的に食べることがおすすめです。

ビタミン豊富な野菜は、抜け毛を防ぎます。

子供の頃、「野菜を食べなさい」と言われたことがある方も多いはずです。
野菜を食べることが健康につながるという価値観は誰もが持っています。

もちろん、抜け毛にも関係しています。
野菜はビタミンが豊富な食材です。

ビタミンは、体を維持するためには欠かせない栄養素ですが、人の体内では作り出すことができません。

そのため食べることで摂取する必要があります。

ビタミンの主な働き

ビタミン豊富な野菜を食べると、皮膚を元気にして新しい髪の毛の成長を促します。

  • ビタミンA(にんじん・トマト・かぼちゃ):皮膚や粘膜の健康や目の健康を保つなど
  • ビタミンB群(さやえんどう・さつまいも・豆苗):身体の調子を整える・脂肪の燃焼・美肌のサポートなど
  • ビタミンC(みずな・ブロッコリー・ジャガイモ):美肌をサポート・免疫力を高めるなど
  • ビタミンD(干ししいたけ・しめじ・まいたけ):カルシウムのサポート・骨を丈夫にする
  • ビタミンK(パセリ・しそ・ほうれん草・キャベツ):ケガをしたときに出血をとめる・骨を丈夫する
  • ビタミンE(アーモンド・かぼちゃ・ほうれん草):体内の酸化を防ぎ・老化を防止する

緑黄色野菜と淡色野菜、バランスよく食べることが大切です。

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_s
ただ野菜を食べるだけでは野菜の効果が活かせません。

野菜にも、バランスが大切です。
にんじん・かぼちゃなどの緑黄色野菜は、加熱が必要な食材です。

そのため料理に時間がかかり、ついつい避けてしまうというケースがあります。

また簡単に料理できるサラダのような生野菜をたくさん食べているというケースもあります。

上記のようなケースでは、せっかく野菜を食べていても、野菜の栄養素に偏りが出てしまいます。

そのようなことが起こらないように野菜は、彩りを豊かにして食べることがポイントです。

淡色野菜と緑黄色野菜、両方をバランスよく食べましょう。

淡色野菜

  • キャベツ
  • ネギ
  • かぶ
  • だいこん
  • たまねぎ

緑黄色野菜

厚生労働省によると、緑黄色野菜は可食部(食べられる部分)100g当たりに、カロチンの量が600㎍以上のもので、トマトやピーマンなどの一部の野菜は、カロチン600㎍未満でも緑黄色野菜とすると定めています。

  • ブロッコリー
  • ピーマン
  • トマト
  • ほうれん草
  • こまつな

エストロゲン減少を補うイソフラボンが抜け毛を防ぎます。

女性の抜け毛は、「エストロゲン」という女性ホルモンが関係しています。
エストロゲンは、妊娠や出産に関わるホルモンです。

他にも肌に潤いを与え、髪の毛をキレイに保ち、女性らしさを引き出しています。

しかし加齢とともにエストロゲンが減少すると、髪質が低下し髪トラブルが起きます。

それでも、女性ホルモンと同じような働きをする成分を食べることで補うことができます。
その成分がイソフラボンです。

具体的にイソフラボンを含む食材とは、大豆・黒豆・小豆などの豆類です。

またアーモンドや大豆の成分には、銅が含まれています。
銅はメラニン色素の合成に欠かせない成分で、白髪予防にもなります。

髪の毛を元気にするために、豆類を積極的に取りましょう。

黒豆の主な成分

  1. イソフラボン
    • 骨量を維持して、骨粗しょう症の防止に役立つ
    • 女性ホルモンバランスを整える
  2. アントシアニン
    • 紫外線やストレスなどが原因で発生する活性酸素を抑える
  3. タンパク質
    • 髪の毛のもととなる

(まとめ)女性の抜け毛を防ぐために、髪の毛を育てる野菜選びとは?

1.女性の抜け毛予防には、緑黄色野菜・淡色野菜・豆類がおすすめです。

抜け毛を防ぐためには、頭皮に栄養が必要です。

とくに皮膚を元気にするパワーがあるビタミン類と髪の毛のもとなるタンパク質が必要です。

ビタミン豊富な野菜、そして良質なタンパク質を持つ豆類を食べましょう。

2.ビタミン豊富な野菜は、抜け毛を防ぎます。

ビタミンは、体を維持するためには欠かせない栄養素で、抜け毛予防にも役立ちます。

ビタミン豊富な野菜を食べると、皮膚を元気して新しい髪の毛の成長を促します。
抜け毛を防ぐために野菜を積極的に食べましょう。

3. 緑黄色野菜と淡色野菜、バランスよく食べることが大切です。

ただ単に野菜を食べれば良いというわけではなく、バランスが大切です。

特定の野菜ばかり食べないように、緑黄色野菜と淡色野菜をバランス良く食べましょう。

彩りも豊かになり野菜を食べることが楽しくなります。

4. エストロゲン減少を補うイソフラボンが抜け毛を防ぎます。

女性の抜け毛は女性ホルモンであるエストロゲンの減少が大きく関係しています。

エストロゲン減少を補うため、イソフラボンを含む豆類を積極的に食べましょう。
豆類には、髪の毛を元気にする成分がたくさんあります。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む