レバーは女性の抜け毛対策として有効です

462d9a44c0e9c1d901b6470aeb15c4f9_s
レバーと聞くとちょっと敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、レバーはタンパク質や、亜鉛・ビタミンB群・ビタミンA・鉄・葉酸を含む食品で、女性の抜け毛によい成分がふんだんに入っています。

その一方で、栄養価が高い分、これはよいと毎日のように食べ続けると栄養素の過剰摂取による過剰症を招きかねませんので、注意が必要です。

女性は食事を作ることも多いでしょうから、ぜひバランスのよい食生活を心掛け、実践するようにして下さい。

髪の主成分はタンパク質で、レバーには豊富に含まれます

髪の主な成分はタンパク質です。

たくさんのアミノ酸が結合して作られるケラチンというタンパク質が、90%以上をも占めています。ではタンパク質をせっせと摂取していればそれで良いのか?というと、そうではありません。

健康な髪のためにはタンパク質を取るだけでは不十分で、髪の毛を作り出す組織のための栄養素も必要になります。

髪の毛は、毛乳頭という組織から栄養を受け取り、髪の毛を作り出す毛母細胞が分裂することで成長します。

したがって毛母細胞の分裂を促す栄養素も必要で、それが亜鉛です。亜鉛は、髪を作る毛母細胞の分裂や再生を促す働きをします。レバーにはタンパク質のみならず、亜鉛も豊富に含まれていますので、一石二鳥です。

レバーのミネラルやビタミンは髪の成長を助けます

961612f0721e3d07ad513a51b122687e_s
レバーに多く含まれるビタミンB群の中でも、ビタミンB2とB12はとくに豊富です。

ビタミンB2は、髪・皮膚・爪の細胞の再生や成長に関わっていますし、脂質をエネルギーに変える役わりも果たします。

葉酸も豊富です。葉酸はビタミンBの一種で、細胞分裂を促しますので、毛母細胞の分裂を助けます。

つまり新陳代謝や髪などの再生を促し、皮脂の分泌を抑制するということです。

ビタミンB12は酸素を体中に送り届ける赤血球を作り出す働きをしています。ビタミンAの含有量も非常に多く、ビタミンAは毛細血管を広げることにより血行を促進する働きがあります。

また鉄もたくさん含みます。ヘム鉄という吸収されやすい鉄で、全身に酸素を運ぶ役わりを担っています。

このように、レバーには髪だけでなく体によいものが色々と含まれており、それらを一度に食べることができるという点で、優れた食材と言うことができます。

レバーは栄養価が高い分、過剰摂取にならないよう注意が必要です

このように見てくると、レバーは抜け毛対策として完璧な食材のような印象を受けますが、注意が必要な点もあります。レバーは栄養価が高い分、食べすぎると栄養素の過剰摂取になりやすいのです。

厚生労働省による一日あたりのビタミンA推奨摂取量は、女性の場合600μg程度で、100gに含まれる量は、鳥レバー14,000μg・豚レバーで13,000μg・牛レバーで1,100μgと驚きの含有量なのです。

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、その名のとおり油になじむ性質があり、体の中では油に溶けた状態で、肝臓などに約48時間貯蔵されると言われています。

あまり大量に摂取すると、他の組織に流れ出して過剰症を引き起こしかねません。症状としては、嘔吐や下痢などがあげられます。

動物性タンパク質の摂りすぎは、胃腸への負担もかかる上、内臓に脂肪が溜まることにも繋がりかねませんので、控えめにするのがよいでしょう。

きっかけは抜け毛対策であっても、健康な髪や体を維持するためにバランスのよい食生活は大切ですので、ぜひ食生活の見直しをなさってみて下さい。

(まとめ)女性の抜け毛予防や改善にレバーを食べるのは効果的?

1. レバーは女性の抜け毛対策として有効です

タンパク質や、亜鉛・ビタミンB群・ビタミンA・鉄・葉酸を含む食品で、女性の抜け毛によい成分に富んでいます。

栄養価が高い分、食べ続けると栄養素の過剰摂取による過剰症を招きかねませんので、注意が必要です。

2. 髪の主成分はタンパク質で、レバーには豊富に含まれます

髪の主成分であるタンパク質を豊富に含むだけでなく、髪を作り出す毛母細胞の分裂を促す働きをする亜鉛もたくさん含んでいます。

両方を一緒に摂れるという点で抜け毛予防や改善によい食材です。

3. レバーのミネラルやビタミンは髪の成長を助けます

ビタミンB2やB12・葉酸などのビタミンB群・ビタミンA・鉄も含まれています。

ビタミンB群は新陳代謝や細胞の再生を促進し、皮脂分泌の抑制をします。ビタミンAは血行促進を、鉄は酸素を全身に運ぶ役割を担っています。

4. レバーは栄養価が高い分、過剰摂取にならないよう注意が必要です

ビタミンAの含有量が非常に多いため、過剰摂取による過剰症に気を付けましょう。

ビタミンAは脂溶性ビタミンで体内に残りやすいので、うっかり食べ過ぎてしまうと嘔吐や下痢を引き起こしかねません。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む