女性ホルモンの量が急激に減るために起こる現象です


産後、抜け毛が増えてぺったんこ、ヘアスタイルも以前のようには決まらない、というお悩みの声をよく聞きます。

出産の影響も残り、育児もロケットスタート……そんな中、抜け毛が急に増えたりしたら、本当に落ち込んでしまいますよね。

しかし産後の抜け毛は通常、自然な体の変化として多くの女性に起こる現象のようです。女性は妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが増加します。

これらのホルモンは、女性の毛髪の健康にも関わっているとされており、妊娠中は、このホルモンの増加によって、毛髪の成長期・休止期というサイクルに変化があり、成長期が延長され、抜け毛が減る時期といわれています。

出産後、この2つのホルモンは急激に減少するため、成長期が保持されていた毛髪が一斉に休止期に入り、抜け毛が急に増えるのです。

多くの人が経験する自然の変化とはいえ、出産後の慌ただしい時期に、これまでにないような抜け毛を経験すると、不安になったりショックを受けたりすることもあると思います。

ヘアケア剤の見直しや乾かし方のコツなどちょっとした工夫をして抜け毛の時期を乗り切りながら、頭皮や毛髪をいたわる食生活を心がけることで、スムーズな回復を目指しましょう。

女性ホルモンの急激な減少が原因! 産後特有の抜け毛

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、普段は交互に増減しながら働いています。

妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンの両方が多く分泌されます。

出産が終われば、大量のエストロゲンやプロゲステロンは必要なくなり、どちらのホルモンも急激に減少していきます。

正常なバランスを取り戻そうと、普段のホルモン量を下回ってしまうことさえあり、体がその急な変化についていけないこともあるようです。

エストロゲンは髪の毛の成長を促し、プロゲステロンにも育毛を維持するような働きがあるとされています。

そのためこの2つのホルモンが急激に減少してしまうと、成長期の毛髪が一斉に休止期に入って抜け毛が急に増えるのです。

この現象による抜け毛は、早い人で半年ほど、通常は1年ほどで回復することが多い自然な、体の変化です。あまり悩みすぎることなく、日々の生活を明るく乗り切ることを目指しましょう。

他の要因が加わると症状が深刻になる場合もあるので注意


産後の抜け毛は、他の要因が重なることで回復が遅れたり、抜け毛がひどくなったりすることもあります。

多くの人が経験する自然な体の変化ではありますが、やはりこれまで経験したことのないような抜け毛が続くと、精神的にショックを受けたり、鏡の中の自分を見て落ち込んだりすることもあるでしょう。

また慣れない育児によるストレスや生活習慣の乱れも、頭皮や髪のトラブルにつながります。ストレスは体内の血流を悪化させ、活性酸素を増大させます。

またやむを得ないとはいえ、十分な睡眠時間を確保できないことが多くなると、夜の間におこなわれる体の修復やホルモンの分泌が正常にすすまなくなる恐れもあります。

中でもとくに気をつけたいのは、産後の過度なダイエットです。妊娠中に変化した体型を早く戻したいあまり、厳しい食事制限をおこなうことは避けましょう。

出産で体内の栄養素も不足しており、また母乳を与えている場合はとくに十分な栄養が必要となります。

この時期に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素は、多様な食品の中に微量ずつ含まれているものです。

食べる量を減らしたり、特定のものだけしか口にしないダイエットをしたりすると、必要な栄養素を取り入れることが難しくなります。

母乳へ影響があることはもちろんのこと、お母さんの体に十分な栄養を届けることは抜け毛の改善にも役立つので、バランスの取れた食事を心がけてください。

さまざまな要因を考慮しても、抜け毛がひどい、他の体調不良なども重なるという場合は、かかりつけの婦人科等で相談することをおすすめします。

イソフラボンを意識しつつ多様な食材を取り入れましょう

女性ホルモンが急激に減る産後の時期には、多様な食材を使ってバランスのよい食事を心がけるとともに、女性ホルモンの働きを補ってくれるとされるイソフラボンを、意識して摂取するとよいでしょう。

イソフラボンは大豆加工食品に多く含まれており、豆乳・きなこなどが女性には人気です。

大量摂取は避けたほうがよいとの厚生労働省からの指摘もありますが、通常の大豆食品を積極的に取り入れることは問題ないようです。日々の食卓に、納豆や豆腐、豆乳鍋などを工夫しながら摂取していくとよいでしょう。

また亜鉛は、赤ちゃんの発育に重要な役割を果たす栄養素として有名ですが、お母さんの体にとっても必要不可欠です。

細胞分裂に関わって成長を促したり、皮膚の代謝を順調におこなったりする際に、亜鉛は欠かせないといわれています。この亜鉛は、髪の生成や保護にも、大切な役割を果たしています。

亜鉛が不足すると髪の毛はタンパク質の合成ができなくなるため、抜け毛が増えたり髪質が悪くなったりします。

またさまざまなホルモンの分泌にも関わっています。女性の髪はホルモンバランスの影響を受けやすいといわれています。

積極的に亜鉛を摂取して赤ちゃんと自分自身の健康を目指しましょう。亜鉛が含まれている食品は主に、魚介類・海藻類・肉・卵・豆類・ナッツ類などです。

根元からしっかり乾かしてぺったんこヘアを改善


鏡をのぞくたび、ぺったんこな自分の髪の毛を見てがっかりする……というのは避けたいですよね。

頭皮や髪の健康を取り戻すには時間がかかるとしても、日々のちょっとした工夫でヘアスタイルを理想に近づけることは可能です。

これまでたっぷり使っていたコンディショナーやトリートメントは、この機会に、半分程度の量にすることをおすすめします。

塗布も髪の先だけにとどめ、頭皮や根元には直接クリームがつかないように気をつけましょう。余分な成分が残らないように、しっかり洗い流すことが大切です。

量を減らして髪や頭皮に残らないように気をつけることで、洗髪後には本来のハリとコシをキープしやすくなります。

また忙しいとは思いますが、シャンプー後は自然乾燥ではなくドライヤーを使って乾かしましょう。とくに頭皮そばの髪の根元は、指を入れて持ち上げるようにしながら、丁寧に乾かします。

美容師さんによると、いつもの分け目と反対の側で分けて乾かしてから、元に戻して仕上げると、立ち上がりや髪の流れが美しくなるそうです。

またお気に入りの分け目があるとは思いますが、時々分け目を変えることもボリューム感を出すのに効果的です。

抜け毛が気になってボリュームのなさを感じている時は、しっとり・サラサラなどの効果のあるヘアスタイル剤より、ボリュームや立ち上がり感を出してくれるワックスやスプレーのほうが適しているかもしれません。

頭皮をいたわるヘアケアを実践していきましょう

産後の抜け毛が気になる時期には、ぜひ頭皮のケアを第一に考えたシャンプー選びにシフトすることをおすすめします。

人の肌に優しいアミノ酸系シャンプーは、頭皮の皮脂を取りすぎることなく洗えるため、頭皮や髪に与える余計なダメージを減らすことができます。

さらに頭皮のことを最優先に考えたスカルプシャンプーなら、頭皮の健康アップを図るのに効果的です。

また頭皮や髪への負担を減らす対策として、複数の芸能人も実践しているという「湯シャン」も試してみるチャンスかもしれません。

仕事を持っていて、毎日、人と接する場合には、なかなかお湯だけで洗髪をする「湯シャン」には踏み切りにくいという女性も多いでしょう。妊娠・出産で自宅にいる時期は、「湯シャン」にチャレンジしやすいともいえます。

完全に切り替えなくても、シャンプーを使う日と「湯シャン」の日を交互にしたり2~3日おきにしたりするのも、おすすめです。

頭皮や髪の本来の力を取り戻すことができるかもしれません。「湯シャン」のコツは、髪をかき分けながら、頭皮をしっかり洗い流すことです。

洗い流す泡などがないと短時間で終わりがちですが、シャンプー剤を使う時と同じくらいの時間をかけて、頭皮全体をマッサージするように優しく丁寧にもみほぐしましょう。

耳まわりから首筋にかけて、汚れや流し残しが起こりやすいといわれているので、とくに念入りに洗います。

コンディショナーは、使わないかごく少量を毛先のみに塗布し、しっかり洗い流しましょう。

(まとめ)産後に抜け毛が増えてぺったんこの髪に。どうして!?

1. 女性ホルモンの量が急激に減るために起こる現象です

産後の抜け毛は通常、自然な体の変化として多くの女性に起こる現象のようです。

妊娠・出産のために大量に分泌されていた女性ホルモンが、産後は急激に減少するため、成長期が保持されていた毛髪が一斉に休止期に入るためです。

2. 女性ホルモンの急激な減少が原因! 産後特有の抜け毛

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛の成長を促し、プロゲステロンにも育毛を維持するような働きがあるとされ、この2つのホルモンが減少してしまうと、抜け毛が急に増えるのです。

半年から1年ほどで回復することが多いようです。

3. 他の要因が加わると症状が深刻になる場合もあるので注意

抜け毛のショックや、慣れない育児によるストレス、生活習慣の乱れも起こることがあるでしょう。

これら他の要因が重なることで回復が遅れたり、抜け毛がひどくなったりすることもあります。極端なダイエットなども避けましょう。

4. イソフラボンを意識しつつ多様な食材を取り入れましょう

女性ホルモンが急激に減る産後の時期には、女性ホルモンの働きを補ってくれるとされるイソフラボンを意識して摂取するとよいでしょう。

また亜鉛は、赤ちゃんの発育にはもちろんお母さんの体にとっても、細胞や皮膚の再生、髪の生成や保護のために必要不可欠です。

5. 根元からしっかり乾かしてぺったんこヘアを改善

コンディショナーやトリートメントは少なめにし、しっかり洗い流すことが大切です。頭皮や髪の根元は、指を入れて持ち上げるようにしながら、ドライヤーを使って丁寧に乾かします。

乾かす時、その日のヘアスタイルによって髪の分け目を変えると立ち上がりやすくなります。

6. 頭皮をいたわるヘアケアを実践していきましょう

産後の抜け毛が気になる時期には、アミノ酸系シャンプーやスカルプシャンプーを選びましょう。

また頭皮や髪への負担を減らす対策として興味があれば「湯シャン」も、試してみるチャンスかもしれません。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む