必要なら電磁波対策も含めて、生活改善をしていきましょう


最近増えてきたように感じる抜け毛が、周囲にあふれている電磁波のせいではないかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

現在、電磁波が直接、抜け毛を誘発しているかどうかは、医学的に証明されている訳ではないようです。

しかし抜け毛・薄毛の治療現場では、電磁波の影響を受けやすいとされる特定職業の人に脱毛や頭皮の炎症が起こる率が高かったり、スマホやPCの使用を減らすことで症状改善が図られたりする例もあるそうです。

抜け毛の原因には複数の要素があり、ホルモンバランスや自律神経の乱れも大きく関わっています。

電磁波による不安やストレス、あるいは同じ姿勢を長時間続ける仕事などが原因で、疲労や体の凝りを蓄積し、体内のリズムを崩している可能性もあります。

そこで電磁波の影響が気になる、あるいは日常的に強い電磁波にさらされる機会が多いと感じて不安だという場合は、可能な限り電磁波を減らす対策をとりながら、ヘアケアや生活改善をおこなっていくのがよいでしょう。

周囲を取り巻く電磁波を、完全に避けることはできません。

その代わり、ストレスを減らし、さまざまなダメージから心身を回復させる生活を心がけることで、抜け毛の予防にもつながるでしょう。

抜け毛の原因は主にホルモンバランス・生活習慣・ヘアケア

女性の場合、気になる抜け毛の原因とされるのは、ホルモンバランスの乱れ・生活習慣・間違ったヘアケアが、多いとされています。

電磁波の頭皮への直接的な影響は、医学的に証明されている訳ではありません。しかし電磁波にさらされるような状況が、間接的に抜け毛の原因につながっていく恐れはあります。

ホルモンバランスの乱れ

電磁波や排気ガス、有害物質を含む空気にさらされると、私たちの体内で活性酸素が発生するといわれています。

その普段より多くなった活性酸素を除去するために、貴重なビタミンやミネラルが使われることになります。

このような状態が繰り返されると、必要な栄養素が十分に行き渡らなくなり、体の代謝の低下やホルモンバランスの乱れにつながっていくことも考えられます。

生活習慣

スマートフォンやPCを就寝の直前まで使っていると、睡眠の質にも影響するといわれています。

睡眠がうまくとれていないと、体内の修復が図れないまま次の日の活動を行うことになり、頭皮や髪の健康も妨げられる恐れがあります。

また日常的にスマホをよく使う人、あるいはPC作業を職業としている人などは、長時間同じ姿勢をとり続けることで疲労や凝りを蓄積させ、血行不良に陥っていることも考えられます。

このような状況を少しでも改善することで、頭皮環境がよくなり、抜け毛を予防できる可能性があります。

電磁波を過剰に気にせず、生活の中でできる対策を


電磁波は、電子レンジやPC(デスクトップ等コンセントに接続している場合)、ホットカーペットなど、身の回りにあるあらゆる家電製品から発生しています。

また耳周りや頭部に接する状態で使用するスマートフォンは、とくに電磁波の影響を強く受けるといわれています。そのような中で、髪の毛や頭皮に電磁波の影響を心配するのは当然のことかもしれません。

しかし先にも示したように、電磁波が体に及ぼす影響は医学的に証明されているとはいえないようです。

「電磁波過敏症」という名称もありますが、その症状の原因は直接的な電磁波被害だけでなく、それに伴う不安やストレスも大きく影響しているといわれています。日常生活の中で、あまり気にしすぎないということも大切なのではないでしょうか。

とはいえ、脱毛・薄毛治療の現場では電磁波の研究も進みつつあり、実際にスマホやPCの使用を減らすようにすすめる場合もあるそうです。

そこでやはり気になるという場合は、可能な範囲で電磁波対策をおこないながら、生活習慣の改善で体内の代謝・修復機能を高めて健康アップを目指すのがよいでしょう。

スマホは頭部に接触させずにすむようマイク付きイヤホンを使ったり、簡単な電磁波カットシールやブランケットなどを購入したりするのもよいかもしれません。

しかし環境中の電磁波をすべてカットするのは現状では難しいことです。電磁波を含む、環境からのダメージを修復するための生活改善をしていきましょう。

体や髪に役立つ栄養成分を摂取できる食生活を心がけましょう

電磁波を含め、日常生活のさまざまな活動やストレスから体内に発生するという活性酸素を抑えるためには、ビタミンC・Eなどのビタミン類や、赤ワインやカカオに含まれるポリフェノール、シソや緑茶に含まれるフラボノイドなどを意識してとるようにしましょう。

体内の活性酸素を少しでも減らし、体や皮膚の細胞が守られれば、正常な新陳代謝の維持が期待できます。

中でもビタミンEは、抗酸化作用と血流改善効果があるため、とくに頭皮や髪のトラブルを抱えている場合にはおすすめです。

体や頭皮の血流がよくなれば、頭皮に酸素や栄養が行き届きやすくなるといえます。

ビタミンEは、ビタミンAおよびビタミンCと組み合わせて摂取することで、より高い効果が得られるといわれています。

また女性ホルモンの働きを助けてくれるといわれるイソフラボンや、髪の生成に欠かせないとされる亜鉛も、積極的に摂取したいところです。

亜鉛は、細胞分裂に関わって成長を促したり、皮膚の代謝を順調におこなったりする際に必要な栄養素で、髪の生成や保護にも大切な役割を果たしています。

主に、魚介類・海藻類・肉・卵・豆類・ナッツ類などに多く含まれており、一般的には植物性の食品よりも動物性の食品に多いようですが、野菜の中ではカボチャやマイタケなどに比較的多く含まれています。

健康な髪を維持するための、頭皮のケアを実践しましょう


抜け毛が気になり始めたら、これまでのシャンプー選びを改革するいいチャンスかもしれません。

10代・20代の頃、シャンプーやコンディショナーを選ぶ際には、香りや洗い上がりの質感を重視していたという人も多いと思います。

しかし年齢とともに、髪を育てる頭皮の健康を維持するヘアケアにシフトすることをおすすめします。

頭皮のためのスカルプシャンプーやコンディショナー、あるいは女性ホルモンの働きを補ってくれるヘアケア剤などを試してみてはいかがでしょうか。

香りの華やかさや、洗い上がりのツヤなどを求めてきた人にとっては、やや物足りないかもしれませんが、最近ではオーガニックオイルなどを厳選し配合したスカルプシャンプーも登場しています。

好みの香りを楽しみながら、頭皮を清潔に洗い上げて保湿することで、髪を育てる土壌を健康に保つ効果が期待できます。

一方で実際に抜け毛が急にひどくなって心配な場合は、専門外来あるいは専門医に相談することも重要です。

悩んで精神的にダメージを受け続けるのは、頭皮や髪によってもよくありません。

女性専用のクリニックも増えており、適切な治療で症状が改善できることも多いようですので、気になる場合は足を運んだり、情報を収集してみたりしてはいかがでしょうか。

ストレスを減らし、上質な睡眠を確保しましょう

抜け毛や薄毛など、毛髪のトラブルには心身の休養が不可欠といわれています。過剰なストレスは心身の疲労を蓄積させ、血行不良から体の凝りを生じさせることがあります。

また日々活動した体からは、寝ている間にさまざまなホルモンが分泌されることで、細胞が修復されたり新しくなったりして次なる活動に備えています。

夜10:00から午前2:00くらいまでの間がゴールデンタイムと呼ばれ、熟睡している時にホルモンの多くが分泌されるといわれています。

少しでもストレスを減らし、何より上質な睡眠をとることを心がけ、心身の回復がしっかりおこなわれる生活にしていきましょう。

スマホやPC以外の趣味や寝る前の習慣をつくる

電磁波のことも含め、就寝前におこなう趣味・習慣は、入眠に適した心身ともにリラックスできるものがよいでしょう。

スマホ等のネット閲覧やゲームなどは、脳を緊張状態にするものも多く、睡眠の質も低下しやすいといわれています。

スマホを別の部屋か手の届かないところに置いて、ゆったり音楽を聴いたり読書をしたりすることを習慣にするのはいかがでしょうか。

適度な運動を習慣にする

激しい運動をすると呼吸量が急増し、活性酸素の発生を促しますが、反対にウォーキングなどの軽めの運動は、抗酸化酵素の働きを高めて体の酸化を抑えてくれるといわれています。

また凝りをほぐして血流が改善されれば、体の巡りがよくなりホルモンバランスや自律神経の安定も期待できます。

(まとめ)最近抜け毛が増えた気がします。電磁波の影響もありますか?

1. 必要なら電磁波対策も含めて、生活改善をしていきましょう

現在、電磁波が直接抜け毛を誘発しているかどうかは、医学的に証明されている訳ではないようです。しかし電磁波の影響が気になる場合は、可能な限り電磁波を減らす対策をとりながら、ヘアケアや生活改善をおこなっていくのがよいでしょう。

2. 抜け毛の原因は主にホルモンバランス・生活習慣・ヘアケア

女性の場合、気になる抜け毛の原因とされるのは、ホルモンバランスの乱れ・生活習慣・まちがったヘアケアが多いとされています。

電磁波にさらされるような状況が、間接的にこれらの原因につながる恐れもあります。

3. 電磁波を過剰に気にせず、生活の中でできる対策を

電磁波が体に及ぼす影響は医学的に証明されているとはいえないことから、あまり気にしすぎないということも大切なのではないでしょうか。

とはいえ気になる場合は、可能な範囲で電磁波対策をおこないながら、体内の代謝・修復機能を高めて健康アップを目指しましょう。

4. 体や髪に役立つ栄養成分を摂取できる食生活を心がけましょう

ビタミンC・Eや、ポリフェノール・フラボノイドなどを意識してとり、体内の活性酸素を少しでも減らすことで、体や皮膚の細胞を守り、正常な新陳代謝の維持が期待できます。

またイソフラボンや髪の生成に欠かせないとされる亜鉛も、積極的に摂取したいところです。

5. 健康な髪を維持するための、頭皮のケアを実践しましょう

頭皮のためのスカルプシャンプーやコンディショナー、あるいは女性ホルモンの働きを補ってくれるヘアケア剤などを試すこともおすすめです。

一方で実際に抜け毛が急にひどくなって心配な場合は、専門外来あるいは専門医に相談することも重要です。

6. ストレスを減らし、上質な睡眠を確保しましょう

抜け毛や薄毛など、毛髪のトラブルには心身の休養が不可欠といわれています。

少しでもストレスを減らし、何より上質な睡眠をとることを心がけ、心身の回復がしっかりおこなわれる生活にしていきましょう。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む