頭皮の乾燥は抜け毛を招くので保湿が大切です


頭皮では皮脂が分泌され、乾燥から守る役割をしています。そのため皮脂の分泌量が少ない場合や、必要な皮脂を洗い流してしまった場合には、頭皮は乾燥してしまいます。

頭皮の乾燥はフケや抜け毛を増やすことになるので、皮脂による保湿は大切なものです。頭皮が乾燥すると、皮脂分泌は活発になり保湿をしようとする力が働きます。

そうなると皮脂過剰を起こしやすくなるのですが、それが抜け毛などのヘアトラブルの原因になるのです。皮脂過剰になると、余分な皮脂が毛穴につまったり、ヘアサイクルを乱したりして、髪の成長を妨げます。

その結果として髪の寿命が短くなり、抜け毛が増えるうえに新しい髪も育ちにくくなり、毛量が減ってしまいます。

それを防ぐためには、頭皮の皮脂を適量に保つように、正しいヘアケアを行いたいものです。そのためには、頭皮の乾燥を防ぎ、皮脂過剰を予防することが必要です。

それには、余分な皮脂をしっかりと落としながら乾燥から頭皮を守るような、正しい方法で洗髪をすることが大切となってきます。

抜け毛を防ぐために正しい洗髪方法で洗髪をしましょう

予洗いで頭皮の汚れを落とす

先にも述べましたが、正しい方法で洗髪をすることは、抜け毛を防ぐために必須となります。洗い方が良くないと、余分な皮脂を落としきれずに皮脂過剰を招き、必要な皮脂まで取り去ってしまうからです。

それでは頭皮の乾燥や皮脂過剰を防ぐ正しい洗髪方法とはどのようなものなのでしょうか。

まず髪をぬらす前にブラッシングを行い絡んだ髪を解き、頭皮の汚れを落としやすくします。その後にお湯だけで髪を洗う予洗いをしてください。

髪をかき上げながらシャワーのお湯を万遍なくあてて、頭皮全体を洗います。予洗いを2分程度続け、大まかな汚れを落としておきましょう。

頭皮は優しく洗うのがコツ

予洗いを終えたら、シャンプー剤を使い、頭皮と髪を洗っていきます。シャンプー剤は、先に手のひらで良く泡立ててから頭につけるようにしてください。

シャンプー剤を頭につけたら、まず生え際から洗っていきます。指の腹で優しくマッサージするように行うのがコツです。

指の位置を少しずつ変えながら、頭頂部に向かって洗っていきましょう。爪を立てたり力を入れすぎたりすると、頭皮を傷つけてしまうので気をつけてください。

シャンプー剤で頭皮を洗い終えたら、流し残しのないように、すすぎをしっかりと行いましょう。

コンディショナーやトリートメント類を使うときには、頭皮につかないように注意をしましょう。

洗髪を終えたら、タオルで優しく水分を拭い、すぐにドライヤーで乾かします。ぬれた髪は傷つきやすくなっていますので、自然乾燥は避けてください。

頭皮の洗いすぎが皮脂過剰を招きます

頭皮の洗いすぎは逆効果

抜け毛を予防するためには、洗いすぎないことも大切です。1日に何度も洗髪をし、こすり洗いをしすぎると、頭皮を保湿するために必要な皮脂まで取り去ってしまうからです。

頭皮から必要な皮脂がなくなると乾燥から守ろうとして皮脂分泌が加速し、そうなると頭皮が皮脂過剰を起こしやすくなります。

皮脂過剰は、毛穴づまりやヘアサイクルの乱れの引き金となり、抜け毛の増加につながることがあります。洗髪は日に一度を目安に行い、頭皮のこすり洗いのしすぎには注意をしましょう。

正しい洗髪方法を実践することで、古い皮脂をとり除き、必要な皮脂を守ることができ、抜け毛などのヘアトラブルを予防することができます。

頭皮の乾燥は保湿剤で対処を

洗髪方法にも気をつけているのに、頭皮の乾燥が気になってしまうという人は、保湿をするとよいでしょう。

とくに冬は空気が乾燥しているうえにエアコンなどの暖房の影響で、頭皮が乾きやすくなります。冬になるとフケが増えるという人もいると思いますが、これも頭皮の乾燥が原因で起こります。

頭皮の保湿には、専用のオイルやローションがありますので、それらを使用するとよいでしょう。適量の使用を継続することで、頭皮の乾燥を防ぐことができます。

また乾燥を避けるには、洗浄力の強いシャンプー剤の使用はひかえましょう。洗浄力が強いシャンプー剤は、頭皮の保湿に必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。

アミノ酸系のシャンプー剤なら、優しい洗浄力で頭皮への刺激も少ないので、乾燥が気になる人にはおすすめです。

睡眠不足やストレスが皮脂過剰の原因になります

睡眠不足や運動不足は悪影響

頭皮の乾燥が皮脂過剰につながり、抜け毛を増やすことがあると述べましたが、皮脂過剰は不規則な生活習慣が原因でも起こります。

たとえば睡眠不足や運動不足です。頭皮環境を乱さないために、睡眠時間を7時間は確保したいものです。

夜更かしも悪影響を及ぼしますので、なるべく0時までには就寝するようにしましょう。

また適度な運動を習慣づけることも大切です。デスクワークが多い、外出する機会が少ない、車での移動が多いという人は運動不足になりがちなので、なるべく体を動かすよう努めるとよいでしょう。

ウォーキングやストレッチなど、ムリなく続けられるものがおすすめです。起床後や就寝前にストレッチをするとか、時間を決めて行うと習慣づけやすくなります。

また仕事の帰り道に少し遠回りしてみたり、バスを使わずに駅まで歩いてみるなど、継続できるように工夫をしてみましょう。

喫煙や過度な飲酒が皮脂過剰を招く

ストレスも皮脂過剰を招き、頭皮環境を乱すことがあります。仕事や人間関係で思うようにいかないことが多いと感じている人は、ストレスが溜まりやすいので要注意です。

リラックスできる環境をつくり、気分転換できるような愉しみごとをみつけるなどして、リフレッシュできるよう工夫しましょう。

また行列や渋滞が苦手な人も、ストレスを感じることが多くなります。

時間に余裕をもって行動し、混雑する場所には比較的空いている時間に行くようにするなどして、ストレスを減らすよう努めてみてください。

喫煙や過度な飲酒も、皮脂分泌を過剰にします。頭皮の皮脂が気になっている人は、喫煙はひかえ、お酒の飲みすぎにも注意をしましょう。

栄養バランスのよい食事で頭皮環境を整えましょう

偏った食生活が皮脂分泌を増やす

偏った食生活は、皮脂の分泌量を過剰にしてしまいます。

たとえば肉料理や油っこい料理、甘いものなどの食べすぎは良くありません。肉や揚げ物、油を多く使ったこってりした料理が好き、甘いお菓子やスイーツを食べるのが日々の楽しみだという人は、少なくありません。

しかし好きなものばかりを食べるのは健康に良くないですし、頭皮環境にも影響してしまうので、バランスよく食べるよう心がけましょう。

またご飯や麺類、パンなどの炭水化物の食べすぎも、皮脂分泌を加速させます。外食をする機会が多く、コンビニ弁当・スーパーのお総菜をよく食べるという人は、肉料理や油っこい料理、炭水化物に偏りやすくなります。

できるだけ、家で栄養バランスを考えて手づくりした食事をとるよう、努めたいものです。

野菜や魚も積極的に摂取を

では栄養バランスのよい食事をとるためには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。忙しい人は、野菜の摂取量が不足しやすくなります。

野菜をカットしたり調理することが手間だという人は、冷凍野菜を常備したり、ミニトマトなどのそのまま食べられる野菜を活用し、野菜もしっかりと食べるようにしましょう。

また現代の日本人は魚料理を食べる機会が減ってきているといわれています。とくに青魚には髪によいとされる成分が含まれているので、積極的に食べたいものです。

魚料理は手間がかかるものが多いですが、缶詰を使用すれば調理の手間も省けますし、刺身ならそのまま食べることができます。

もちろん、肉や主食となる炭水化物も適量をしっかりと食べ、大豆食品や海藻などもとり入れるとよいでしょう。

更年期になると頭皮が乾燥しやすくなります

皮脂過剰による皮膚炎に注意

皮脂過剰が原因で、脂漏性皮膚炎を発症することがあります。

脂漏性皮膚炎は、フケが増える・痒みがでる・赤みを帯びる・湿疹ができるなどの症状があり、ひどくなると患部の髪が抜けてしまいます。

もしあてはまる症状がでたら、早めに専門医に診てもらいましょう。脂漏性皮膚炎を自分で直そうとしても難しいもので、症状が長引き悪化する心配があります。

皮膚科で処方してもらう薬で治療を行いながら、適切なヘアケアや食生活の改善などを試みて治癒したというケースが多いようです。

脂漏性皮膚炎になるとつらい思いをしますので、日頃から正しい方法で洗髪を行い、生活習慣に気を配るなど皮脂過剰の予防に努めましょう。

更年期になると頭皮が乾燥しやすい

ホルモンバランスの乱れも、抜け毛の原因となります。

女性ホルモンのエストロゲンは、髪を成長させる働きをするため、加齢や心身の不調が原因でエストロゲンの分泌量が減ると抜け毛が増えてしまうからです。

とくに更年期となった女性はエストロゲンの分泌量が急減し、抜け毛が多くなる傾向があります。

また更年期になると皮脂の分泌量も減るので、頭皮が乾燥しやすくなります。そのような場合には、オイルやローションで頭皮を保湿するとよいでしょう。

若い人でもホルモンバランスは些細なことで崩れやすいので、頭皮や髪に変化を感じたら、早めに対処するようにしましょう。

日頃から、正しい洗髪方法や規則的な生活習慣、バランスのとれた食生活などを心がけて頭皮環境を良好に保ち、過度な抜け毛を予防したいものです。

(まとめ)抜け毛を防ぐには頭皮の保湿が必要って本当ですか?

1. 頭皮の乾燥は抜け毛を招くので保湿が大切です

頭皮は皮脂によって乾燥から守られていますが、皮脂が不足して頭皮が乾燥すると、抜け毛などのヘアトラブルを招くことがあります。

頭皮を乾燥から守るために皮脂分泌が活発になり、皮脂過剰につながるからです。皮脂を乾燥から守るためには、正しいヘアケアを行いたいものです。

2. 抜け毛を防ぐために正しい洗髪方法で洗髪をしましょう

髪の洗い方がよくないと、必要な皮脂までとり除いてしまったり、余分な皮脂が頭皮に残ったりして、抜け毛の原因になってしまいます。

それを防ぐために、正しい方法で洗髪を行いたいものです。洗髪前のブラッシングや予洗いをとり入れ、頭皮はマッサージするように洗うのが正しい洗髪のコツです。

3. 頭皮の洗いすぎが皮脂過剰を招きます

頭皮を洗いすぎると、必要な皮脂まで取り去られてしまいます。そうなると頭皮を乾燥から守るために皮脂の分泌量が増え、皮脂過剰につながってしまいます。

1日に何度も洗髪をすることや、こすり洗いのしすぎは避けましょう。

4. 睡眠不足やストレスが皮脂過剰の原因になります

睡眠不足や運動不足は、皮脂過剰を招くことがあります。睡眠は充分にとり、適度な運動を習慣づけるとよいでしょう。

ストレスや喫煙、過度な飲酒も悪影響を及ぼします。頭皮の皮脂が気になる人は、リラックスする時間を設け、喫煙や飲酒をひかえたいものです。

5. 栄養バランスのよい食事で頭皮環境を整えましょう

偏った食事は、皮脂の分泌量を増やすことがあります。油っこい食べ物や肉料理、甘いものや炭水化物の食べすぎには注意をしましょう。

不足しがちな野菜や魚も積極的に食べ、栄養バランスのよい食事をとるとよいでしょう。

6. 更年期になると頭皮が乾燥しやすくなります

皮脂過剰によって脂漏性皮膚炎を発症することがあります。また女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、抜け毛が増えてしまいます。

とくに更年期になるとエストロゲンの分泌量が減少するうえに、皮脂量も減り、頭皮が乾燥しがちになるので保湿ローションなどの使用をおすすめします。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む