心の負担を減らし、前向きにヘアケアに取り組みましょう


いろいろな抜け毛対策を試しても、効果がないと悩みすぎてノイローゼに……なんてこともあるかもしれません。

そんなときは、ヘアケアに取り組むとともに、心のケアも必要です。
なぜなら抜け毛対策をしていても、心のケアを怠ってしまうとストレスが蓄積され、抜け毛症状をさらに悪化させることがあるからです。

ストレスを溜めないためにも、抜け毛のことを考えすぎないよう、趣味に没頭してみたり、楽しみを見つけたりするようにしましょう。

その他にも、抜け毛は誰にでも起こるものであり、1日に抜ける本数には個人差があるということをしっかり理解することも大切です。

数本抜けるたびに落ち込むのではなく、それが本当に異常な抜け毛なのかを見極めましょう。

また抜け毛が多くなったからといって、ヘアケア製品をあれもこれもと試すのは逆効果になるケースがあります。ヘアケア自体を続けることがストレスとなり、精神的に追い詰められてしまうからです。

ヘアケアは継続することが大切なので、ムリをせずできることから少しずつ取り入れましょう。一人で解決できそうにない場合は、頭髪外来を利用したり、ウイッグで心の負担を軽減したりするのも効果的です。

ストレスによって、さらに抜け毛が増える危険性も

抜け毛を気にしすぎてノイローゼ状態のようになってしまうと、ストレスでさらに抜け毛を悪化させてしまう可能性があります。

なぜならストレスは、自律神経やホルモンバランスに悪い影響を与えてしまうからです。すると髪の成長に欠かせない女性ホルモンの分泌が減少し、抜け毛を増加させる恐れがあります。

また体は緊張状態となり、血流が悪くなります。そうなると頭皮への血流が不足して、髪の成長を妨げる危険性があるでしょう。

もちろん少しくらいのストレスで髪が抜けてしまうということはありません。しかしストレスが蓄積されて心が蝕まれていくと、徐々に抜け毛が増えやすくなってしまうので注意が必要です。

とくに女性の場合は30代ごろになると、結婚・出産・子育て・仕事・人間関係など、さまざまなストレスにさらされることが多くなります。

一つひとつのストレスはそんなに大きくなくても、積み重なって心の負担になっていることも少なくありません。

自分でも気づかないうちに蓄積されたストレスによって抜け毛が増えれば、不安や焦りが出てきて、さらにストレスを抱え込んでしまうという悪循環に陥ってしまうことも。

美しく、豊かな髪を守るためには、ストレスを溜めないよう普段から上手に発散することが大切です。

正常な抜け毛と異常な抜け毛を見極めましょう


床やブラシについた抜け毛を見るといい気分はしないでしょう。しかし頭皮や髪に異常がなくても、髪の毛は自然と抜けるもの。

正常な抜け毛であれば、心配する必要はありません。ご自身の抜け毛が異常なのかをしっかりと見極めることが大切です。

正常な抜け毛とは

髪の毛は、ヘアサイクルによって生え変わっており、1日に約50本~100本の髪が抜けるといわれています。

もしご自身の抜け毛がこの範囲なのであれば、さほど心配する必要はないでしょう。またもともとの毛髪量が多い人は、1日100本以上抜けても問題のないケースもあります。

あくまでも本数は目安に過ぎません。そしてもうひとつ大切なのは、抜けた髪の状態です。

太くて長い髪が抜けているのなら、ヘアサイクルによって十分に成長した髪が抜けているといえます。これは、寿命を迎えた髪なので、正常なヘアサイクルを保てていることの現れです。

異常な抜け毛とは

ご自身の抜け毛を観察してみて、前述したような抜け毛であれば、落ち込む必要はないでしょう。

しかし普段通りの生活を送っているにも関わらず、急に抜け毛の量が増えたときは注意が必要です。なんらかの原因によって抜け毛が増えている可能性があります。

また抜けた髪を観察してみるのも、異常な抜け毛かどうかを判断するのに役立ちます。異常な抜け毛のサインを知っておけば、必要以上に落ち込むことも少なくなるでしょう。

・短くて細い髪ばかりが抜ける
・毛球の形がいびつ
・毛球に白い汚れのようなものが付着している

こういった髪が抜けている場合は、頭皮環境が悪化して抜け毛が増えているかもしれません。

ヘアケアは継続が命。できることからコツコツと

抜け毛対策をするためには、ヘアケアを継続することが大切です。

というのも髪の毛はヘアサイクルによって、成長しています。そのためどんな抜け毛対策でも、効果を実感できるまでに数ヶ月かかるといわれているのです。

育毛剤などでも3ヶ月程度は使う必要があるものも多く存在しています。このことからわかるように、抜け毛を改善するためには、ヘアケアをコツコツ続けていく必要があります。

ところが抜け毛を防ぎたいあまり、一度にたくさんのヘアケアを取り入れてしまうとどうなるでしょう。ヘアケアを行うには、これまでの生活習慣を変えたり、髪や頭皮のお手入れに時間がとられたりすることになります。

また育毛剤などのヘアケア用品の購入や、病院へ通うなど、経済的な負担がかかるかもしれません。時間的・経済的な負担がストレスとなり、抜け毛を助長させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

そうならないためにも、負担の少ないヘアケアから少しずつ始めるようにしましょう。

たとえば毎日のシャンプーの方法を見直す、シャンプーの選び方を考えるといったことから始めるのがおすすめです。

その延長線から、シャンプーのときにマッサージを試してみるといった具合に、慣れてきたら新たなステップへと進むようにするだけで精神的な負担を減らせます。

時間はかかりますが、髪によい生活を徐々に取り入れて習慣化させるほうが、長い目で見ても効果的です。

少しずつ取り組むことで精神的な負担を減らし、ヘアケアを続ければ、頭皮環境も整い、抜け毛対策として効果を発揮してくる可能性も高まるはずです。

頭髪外来を受診するのもおすすめ


抜け毛が気になるようになって、病院に通っているという女性もいらっしゃることでしょう。

一般的に、抜け毛や薄毛といった症状は、皮膚科が専門だとされています。たしかに皮膚炎のように頭皮の問題により症状が出ている場合は、皮膚科でも対応しています。

しかし皮膚科によっては抜け毛や薄毛といった悩みに詳しくないケースもあるようです。

また女性の場合は、抜け毛の原因がさまざまで、頭皮だけの問題ではないという点にも注意が必要です。生活習慣や食生活、女性ホルモンや自律神経の乱れ、疾患など、さまざまな原因が考えられます。

そのため皮膚科だけではなかなか改善が見られないということもあるのです。ではどこに相談するのがよいのでしょうか。

抜け毛や薄毛など、髪の毛に関する悩みは頭髪外来がおすすめです。最近は女性向けの頭髪外来を設けているクリニックもあり、より的確にアドバイスを受けることができます。

頭皮外来であれば、ホルモンの検査や疾患が隠れていないかなども含め、生活面やヘアケア方法についてトータルサポートしてくれることが多いというメリットがあります。

自分一人では解決できないときや、皮膚科では改善が見られなかったという場合には、一度頭髪外来を受診してみてはいかがでしょうか。よりあなたに適した解決方法を提案してもらえるかもしれません。

ウイッグを活用すれば、心の負担を軽くすることもできます

いろいろなヘアケアを試したり、病院に通ったりしても、抜け毛を改善させるには長い期間を要することもあります。

すでに、抜け毛で髪のボリュームが減ってきた、地肌が目立つという場合は、ウイッグを使うのもおすすめです。見た目が変われば、精神的な負担も減らせるのではないでしょうか。

現在では、フルウイッグはもちろん部分ウイッグも豊富で、装着方法なども簡単なものが、多数販売されています。また髪色のバリエーションも豊富なので、自分にぴったりのウイッグを見つけることも可能です。

ウイッグは装着するだけで手軽に髪のボリュームアップができ、即効性があります。見た目が変わるだけでも、ぐっと心の負担を減らせる可能性があるのです。

ヘアケアや治療とともに活用すれば、ストレスを軽減できます。前向きにヘアケアを行うためにも、ウイッグを検討してみるのもひとつの方法です。

(まとめ)抜け毛が多く、ノイローゼ気味。どうしたらいいの?

1. 心の負担を減らし、前向きにヘアケアに取り組みましょう

抜け毛が多すぎて悩んでいると、それがストレスとなり、抜け毛をさらに悪化させている可能性があります。

ヘアケアで抜け毛対策をするのはもちろん、心の負担にならないようにすることも重要です。メンタルを整え、前向きにヘアケアに取り組みましょう。

2. ストレスによって、さらに抜け毛が増える危険性も

抜け毛にはさまざまな要因が絡んでいますが、ストレスも抜け毛の大敵です。ストレスが蓄積されると、自律神経やホルモンバランスの乱れに繋がり、頭皮環境を悪化させる可能性があります。

抜け毛を気にしすぎるのもストレスとなり、さらに抜け毛を引き起こすという悪循環を生み出す危険性も。

3. 正常な抜け毛と異常な抜け毛を見極めましょう

髪はヘアサイクルによって生え変わっているので、必ず抜けます。ヘアサイクルにより自然に抜け落ちている場合は、心配する必要はありません。

ただし急激に抜け毛が増えたという場合や、抜けた髪に異常な抜け毛のサインが出ているときは注意が必要です。

4. ヘアケアは継続が命。できることからコツコツと

抜け毛対策は、すぐに効果があるわけではありません。継続して取り組むことで、徐々に頭皮環境が改善し、抜け毛を予防するものです。

そのためストレスを溜めずに、できることから少しずつ取り入れるようにしましょう。

5. 頭髪外来を受診するのもおすすめ

抜け毛の悩みは、皮膚科では適切な治療が受けられないケースもあります。女性の場合は、抜け毛の原因となる要因が多すぎて、皮膚科では対応できないこともあるのです。

そんなときは、頭髪外来を受診するのがおすすめです。毛髪のプロが適切な対処法をアドバイスしてくれるでしょう。

6. ウイッグを活用すれば、心の負担を軽くすることもできます

抜け毛対策には時間がかかります。すでに薄毛が進行しているという場合には、ウイッグを使えば、気になる部分を隠せて心の負担が減ります。

見た目が変わるだけでも、ストレスを減らし、前向きにヘアケアに取り組めるはずです。

抜け毛の原因をより詳しく見てみよう

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む