最近は20代女性でも抜け毛に悩む方が増えています

Fotolia_65948541_Subscription_Monthly_M
抜け毛が増えて困っているという20代~30代前半の女性は、年々増えているそうです。

抜け毛や薄毛は、更年期前後に起こるというイメージを持っていませんか?

確かに、基本的にはその通りですが、20代という老化とは関係ない女性も、抜け毛症状に見舞われることがあるのです。

若くして薄毛に見舞われる症状を、若年性脱毛症といいます。

若年性脱毛症には、毛母細胞の老化は関係なく、毛髪のターンオーバーの周期である、ヘアサイクルの機能が正常でないケースがほとんどです。

また、若年性脱毛症の原因にはいくつかあり、無理なダイエットやヘアカラーなども、悪影響を及ぼしています。

若年性脱毛症はストレスによる自律神経の乱れが原因

若年性脱毛症では、ヘアサイクルの乱れにより、まだ成長の途中であるはずの毛が抜けたり、毛そのものが細くなったり、また、ひとつの毛穴から生えてくる髪の本数が減ったりします。

こうして、結果的に全体の髪のボリュームが減り、抜け毛も増えてしまうのです。

この脱毛症は早ければ10代で症状がみられ、特に男性に多いとされてきました。
では、なぜ女性にも起こってしまうのでしょうか?

それには、仕事やプライベートでのストレスが関係しています。

強いストレスを受けると、自律神経のバランスに乱れが生じます。
すると、ホルモンバランスが乱れ、女性がもともと持つ男性ホルモンの分泌が優位となって、オス化の傾向が強くなるのです。

女性ホルモンは、豊かな髪を作る作用がありますが、これが減少するために髪のコシが失われます。

これによって、若い女性の抜け毛や、薄毛といった症状が出てきてしまいます。

女性特有の脱毛症「休止期性脱毛症」

冷え性から抜け毛に繋がるメカニズム
健康な髪の毛は、「成長期~退行期~休止期~脱毛」というサイクルを繰り返しています。

日に100本程度の抜け毛は正常範囲であり、病気の心配は不要です。

ただ、それ以上の抜け毛が毎日あるようでしたら上記のサイクルが乱れて脱毛症が起きている可能性があります。

女性ならではの症状である「休止期性脱毛症」は、毛髪が休止期のまま、髪が痩せてしまう脱毛症です。

これは、20代の女性が、ピルを服用したり、出産を経験したりすることで、女性ホルモンのバランスが崩れて起こります。

出産後はエストロゲンが急激に減少することで、髪の毛が一度に大量に抜けてしまいます。

これは出産後2ヶ月程度から症状が目立ちますが、半年もすれば回復することが多いです。
一時的な症状なので、過度の心配は不要ですが、症状が長引く場合は「休止期性脱毛症」に移行するケースもあるので専門医に診てもらいましょう。

ダイエットやカラー、パーマにも注意しよう

無理なダイエットは禁物

若い女性は、理想のスタイルを追い求めるあまり、無理なダイエットをしてしまうことがありますが、これも抜け毛や薄毛の原因となります。

健康な毛髪を作る女性ホルモンのバランスを整え、エストロゲンの働きを正常にする必要があります。

毎日の食事で十分な栄養を摂りましょう。

正しい知識に基づくダイエットは問題ありませんが、ひたすら食事量を減らす方法はストレスや自律神経の乱れにつながるためおすすめできません。

ヘアカラーやパーマ液に注意

若い女性はファッション性を求め、髪を染めたりパーマをかけたりということも少なくないでしょう。

しかし、これらの行為は、毛根を傷つけ頭皮に悪影響を与えたりと、髪の毛にとってはストレスになっていますから、できる限り最小限にとどめましょう。

また、スタイリング剤も頭皮に刺激となりますし、シャンプーやスタイリング剤の洗い残しも毛穴の詰まりを引き起こし、同様に毛髪および頭皮にダメージを与え、抜け毛や薄毛の原因となります。

ヘアカラーなどは2ヶ月くらいの間隔をあけて行い、毎日のシャンプーはしっかりとすすぎ落とすようにしましょう。

(まとめ)20代の女性でも抜け毛になるの?

1.最近は20代女性でも抜け毛に悩む方が増えています

近年、抜け毛に悩む20~30代前半の女性が増えています。

この原因は、ヘアサイクルの乱れであり、更年期前後の女性ホルモンのバランスとは関係がなく、老化現象ではありません。

2.若年性脱毛症はストレスによる自律神経の乱れが原因

本来男性に多かった若年性脱毛症が、最近では20代の女性にも増えている原因には、強いストレスがあります。

ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れてホルモンバランスも乱れ、男性ホルモンが優位となることで薄毛や抜け毛につながるのです。

3.女性特有の脱毛症「休止期性脱毛症」

1日に100本ほどの抜け毛は正常であり、脱毛症の心配は不要です。

脱毛症にはさまざまなものがありますが、「休止期性脱毛症」は女性特有の症状で、ピルの服用や出産後に女性ホルモンバランスの乱れにより起こります。

4.ダイエットやカラー、パーマにも注意しよう

過剰な食事制限を伴う無理なダイエットは、髪の毛を栄養不足状態にし、抜け毛の原因となるので気を付けてください。

また、パーマやヘアカラー液は頭皮にストレスとなり、シャンプーなどの洗い残しも抜け毛の要因となりえるのでしっかりと洗い流しましょう。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む