ドライヤーは女性の抜け毛の原因になります

719d84c3097782b87ef9383d600c8ae6_s
ドライヤーを使うこと自体には問題はありませんが、間違った使い方を続けていると抜け毛を引き起こすことがあります。

抜け毛の改善と予防のためには、どのようにドライヤーを使用すればよいのでしょうか。
抜け毛のメカニズムとともに、ドライヤーの正しい利用法を紹介します。

ドライヤーは頭皮にダメージを与えることもあります

ドライヤーの熱風は髪を乾かすのに便利です。
しかし当てすぎると頭皮にダメージを与えることが多々あり、抜け毛の原因となってしまいます。

熱風の当てすぎが抜け毛を招く

シャンプー後にドライヤーをかけすぎることは、頭皮が乾燥する原因です。
頭皮は乾燥すると大量の皮脂を分泌します。

乾燥を食い止めるために皮脂で潤いをキープしようとするためです。

しかし余分な皮脂は毛穴を詰まらせてしまい、毛髪の健やかな成長を阻害してしまいます。
ドライヤーをあてる際には乾かし過ぎにくれぐれも気をつけるようにしましょう。

生乾きもNG

熱風が頭皮にダメージを与える可能性があるからといって、生乾きのままというのも抜け毛を誘発します。

湿気を好む細菌が繁殖して、頭皮環境を悪化させ、毛髪が健康的に育つことができなくなってしまうのです。

お風呂あがりに髪を濡れたままにしておいたり、自然乾燥で乾くのを待っていたりするのは、けっしておすすめできることではありません。

正しい乾かし方を身につけることが大切です

bda184d8747d1d279087579640a833d1_s
シャンプー後のドライヤーで抜け毛を発生させないようにするには、熱風をあてる時間をできるだけ少なくすることがポイントです。

必ずタオルドライを

シャンプーしてすぐの髪をドライヤーで乾かすのはやめましょう。
毛髪が水分をたっぷり含んでいる状態では、どうしても乾くまでに時間がかかってしまいます。

必ずタオルドライをしてからドライヤーをかけるようにしましょう。

タオルドライの正しい方法

しかしいくらタオルドライが大事だからといってゴシゴシ擦りすぎても摩擦で髪を傷つけてしまいます。

まず頭を軽く振るなどしてある程度水分を取り除いた後、優しく手もみをするようにタオルで頭皮を拭きましょう。

頭皮から髪の毛の先端に向かって、タオルを使い両手ではさむようにして水分をとれば、抜け毛を予防する効果を期待できます。

ドライヤーを近づけない

濡れた髪は熱に触れることでキューティクルが開きやすくなっています。
ドライヤーをあてる際には必ず20cm程度離すようにしましょう。

100%乾かさなくても80%程度乾いていれば、後は余熱で乾くので、くれぐれもあてすぎに注意してください。

ドライヤーをかける際には注意点があります

たとえドライヤーをかける時間を少なくしたとしても、間違ったやり方をしていてはたちまち抜け毛は進行してしまいます。
デリケートな女性の髪を守るための注意事項を解説します。

ブラシを併用しない

ドライヤーをかけながら一緒にブラシをかけるのは厳禁です。
濡れているだけでもキューティクルが傷つきやすくなっているところに、ブラシは追い打ちにしかなりません。

美容院ではドライヤーとブラシを同時にすることもありますが、プロの道具で美容師がするから問題ないのです。
家庭で真似するのはおすすめできません。

ブラシは完全に髪が乾いたところで使用するように注意しましょう。

乾かす順番も大事

ドライヤーは当てていく順序も大切です。
水分を残しやすい後頭部から前に向かって乾かしていくようにしましょう。

また頭皮も湿り気がこもりがちなので、根本よりも先に乾かすように注意してください。
夜シャンプーするならば、ドライヤーをしてからすぐに寝てしまうという毎日も要注意です。

必ず自然乾燥させる時間をとるように気をつけてください。
水分を少しでも残したままでは、どうしても抜け毛のリスクが高まります。

抜け毛だけではなくフケなどの原因にもなるので、くれぐれも注意が必要なのです。

(まとめ)ドライヤーで女性の抜け毛がひどくなる?

1.ドライヤーは女性の抜け毛の原因になります

ドライヤーそのものが悪いわけではありませんが、使い方によっては抜け毛をひどくします。
女性の抜け毛の理由を知り、ドライヤーを正しくかける方法とはどのようなものなのでしょうか。

2.ドライヤーは頭皮にダメージを与えることもあります

頭皮と毛髪を熱風で乾かすことができるドライヤーは、大変便利です。

しかしドライヤーのかけ過ぎは頭皮の乾燥させ、むしろ抜け毛リスクを高めてしまいます。
一方、生乾きのままでは細菌が繁殖しやすく、どちらもおすすめできません。

3.正しい乾かし方を身につけることが大切です

ドライヤーによる抜け毛を防ぐには、髪が熱風に触れる時間を少なくすることが大切です。
ドライヤーの前にタオルドライして、あらかじめ水分をある程度とっておきましょう。

髪から20cm程度離し、余熱で乾かす余地を残しておくようにしましょう。

4.ドライヤーをかける際には注意点があります

抜け毛を防ぐにはドライヤーをかける時間を短縮するだけでなく、いくつかの注意が必要です。

ブラシとの併用を避け、頭頂部から前へ、頭皮から毛先へと順番にかけていくようにしましょう。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む