ブリーチは女性の抜け毛を進行する原因の1つです

629dc4f5a4b4ff1a43fd792e03c47726_s
ブリーチはヘアカラーなどと比べても女性の抜け毛をひどくするといわれています。

しかしヘアカラーやヘアマニキュアが抜け毛と関係ないかといえば、そうともいいきれません。
抜け毛の心配なく髪のオシャレを楽しむ方法を紹介します。

髪のオシャレは頭皮に負担を与えます

いまやどこの美容院でもカット以外のさまざまな魅力的なサービスを提供しています。
施術内容と髪への優しさを比較してみましょう。

ブリーチ

脱色剤で髪の色を抜き、毛髪の色を明るく見せる方法です。

毛髪を脱色するためにキューティクルを開かせる必要があり、髪へのダメージが大きいといわれています。

当然、ブリーチで抜け毛が増えてしまう人もいます。
ヘアカラーよりも髪へのダメージが大きい方法で、それだけ抜け毛も多い傾向があるようです。

ヘアカラー

毛髪に人工的な色素を浸透させる方法です。
もともと髪の毛の内部構造は健康を保つのにもっともふさわしいバランスが保たれています。

ここに薬剤を浸透させることでバランスはどうしても崩れますし、抜け毛も発生します。

とくにヘアカラーの薬剤を塗って頭皮がヒリヒリした時は、ただちに使用を中止するようにしてください。

ヘアマニキュア

ヘアカラーとは違って髪の表面だけに薬剤をコーティングするという方法です。
ブリーチやヘアカラーにくらべれば、毛髪への負担は少ないといえます。

しかしヘアマニキュアによる抜け毛が皆無というわけではないので注意しましょう。

ブリーチで使用する脱色剤は刺激が強いです

73b76c3e1eefa95629b240cc8e3c6b9e_s
髪のオシャレのなかでも抜け毛を発生させる可能性が高いのがブリーチです。
ブリーチによって抜け毛が発生するメカニズムを解説します。

脱色剤は劇薬

ブリーチに使用する脱色剤が間違えて頭皮など付着すると、皮膚が焼けるような痛みを感じることがあります。

もし目に入れば失明の危険さえあるという劇薬であり、ほんの一部でも頭皮に脱色剤が触れればその箇所はやけどのような症状を起こすこともあるのです。

最初はほんの小さなやけどでも、時間の経過とともに熱量は頭皮全体にひろがっていきます。

そのため毛髪を細くしてしまったり、最悪の場合は抜け毛を引き起こしてしまったりするのです。

ブリーチによる抜け毛の恐ろしさ

通常の抜け毛ならばまだ、再び健康な毛髪が生えてくることも期待できます。

しかしブリーチによる抜け毛は、毛根が溶けてなくなることによって起きるため、2度と生えてこないことが特徴です。

ブリーチの他にも、ヘアカラー・ヘアマニキュアなども抜け毛の原因にはなります。
もっとも恐ろしいのがブリーチによる抜け毛なのです。

サロンの利用や染料を変えることでダメージを抑えることができます

以上のように、ブリーチによる抜け毛は非常に恐ろしいものです。
事前に防ぐ方法はあるのでしょうか。

サロンでブリーチする

どうしてもブリーチをしたいならば、サロンにお願いすることをおすすめします。

自分でブリーチすれば少ない予算ですませることはできますが、頭皮に誤って薬剤をつけてしまうリスクも高まります。

一方、プロの美容師にお願いすれば、頭皮や毛髪へのダメージが少なくなるようにブリーチを施してくれます。

しかしダメージはゼロにはならないので、あまり頻繁にブリーチすることは避けましょう。

ヘナを利用する

抜け毛を気にせず髪のオシャレを楽しみたいならば、ヘナを使う方法がおすすめです。

天然由来の染料を使用しているヘナならば毛髪や頭皮への刺激も抑制されているので、抜け毛も起こりにくいといわれています。

しかしどうしてもブリーチのように明るい色は出しにくいというデメリットはあります。

それでも抜け毛を予防したいと考えているならば、ヘナを利用することもぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)ブリーチで女性の抜け毛がひどくなる?

1.ブリーチは女性の抜け毛を進行する原因の1つです

ブリーチをはじめとしたヘアカラー、ヘアマニキュアなどは抜け毛を促進させる可能性があるといわれています。

抜け毛の心配をせずに髪のオシャレを楽しむ方法はあるのでしょうか。

2.髪のオシャレは頭皮に負担を与えます

最近ではどの美容院でも、ブリーチ・ヘアカラー・ヘアマニキュアなどの各種サービスを提供しています。

髪のオシャレを手軽に楽しむことができる反面、どれも抜け毛の原因になる可能性があるので注意しなくてはいけません。

3.ブリーチで使用する脱色剤は刺激が強いです

ブリーチで使用する脱色剤は劇薬です。
頭皮に触れるとやけどのような症状を引き起こします。

時間とともに炎症は広がり、毛根が溶けてなくなることによって、2度と毛髪が再生しないこともあるのです。

4.サロンの利用や染料を変えることでダメージを抑えることができます

どうしてもブリーチをしたいのであれば、セルフケアではなくサロンにお願いすることをおすすめします。
それでも抜け毛のリスクがゼロになるわけではありません。

抜け毛が心配ならばブリーチではなくヘナを選択するのもひとつの方法です。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む