自己免疫疾患が女性の抜け毛の原因となることもあります

imasia_8245983_M
自己免疫疾患とは、免疫系が異常を起こして自分の体を攻撃してしまう病気です。

症状の現れ方はさまざまですが、場合によっては頭皮の細胞が攻撃され、抜け毛が起きてしまうこともあります。

治療できる可能性はあるので、自己免疫疾患が原因の抜け毛が疑われるなら、専門のクリニックを受診しましょう。

自己免疫疾患の原因はまだはっきりとしていません

では自己免疫疾患と女性の抜け毛の関係性について、もう少し詳しくお話します。

私たちの身体には免疫系があり、正常に働けばウイルスや細菌、がん細胞などを攻撃して退治してくれます。

ところが免疫系に異常が起こると、自分自身の健康な細胞を攻撃してしまうことがあるのです。

それが「自己免疫疾患」です。

自己免疫疾患の原因はまだ突き止められていないのが現状であるうえ、症状の現れ方も多岐にわたります。

その症状の一つに、抜け毛があるのです。

以前は、女性の抜け毛の原因で一番多いのはストレスだと考えられていましたが、最近では自己免疫疾患による薄毛にも注意が向けられています。

自己免疫疾患は男性よりも女性に多いです

imasia_12991227_L
九州大学病態修復内科学のある資料によれば、米国では自己免疫疾患に罹患している患者中、その8割が女性だといいいます。

国内でも、全身性、臓器特異的どちらの場合も、自己免疫疾患に罹患している女性患者の数は男性の2~10倍だということです。

これは、性ホルモンと関係があるようです。
自己免疫疾患の男女比は以下の通りです。

  • 全身性エリテマトーデス……男1:女9
  • 関節性リウマチ……男1:女2
  • 全身性硬化症……男1:女8
  • 多発筋炎・皮膚筋炎男……1:女2
  • シェーグレン症候群……男1:女13.7
  • 原発性胆汁性肝硬変……男1:女9
  • バセドウ病……男1:女4
  • 橋本病……男1:女20

このデータを見ても、女性は男性と比較して自己免疫疾患にかかる確率が高いことが分かります。

男性の脱毛症は、男性ホルモンが関係する男性型脱毛症が多いのに対して、女性の抜け毛の場合は、自己免疫疾患が原因のことも多いのです。

自己免疫疾患による女性の抜け毛は治療できます

自己免疫疾患自体は、根本的な治療が難しい難病ですが、自己免疫疾患による抜け毛は、ある程度治療することができます。

専門クリニックで一般的に行われている主な治療法は以下です。

飲み薬による治療法

セファランチン錠やグりチロン錠の内服による治療です。

セファランチン錠は、自己免疫疾患の反応を抑えて血流を促す効果がある薬、そしてグリチロン錠は自己免疫疾患の症状を抑え、炎症を鎮める作用がある薬です。

抜け毛を抑えるためには、血流を促すこと、炎症を鎮めることが大切なので、こうした薬は脱毛症への効き目が期待できます。

副作用はほとんど心配ないのですが、血圧が上昇する可能性があるため、高血圧の方は使用を控えるのが無難です。

ドライアイス療法

円形に脱毛してしまった場合など、抜け毛の範囲が比較的小さく、症状が軽いときに使われる治療方法です。

髪の毛が抜けてしまった部位にドライアイスを押し当て、軽い凍傷を起こすことにより、正常な免疫を患部に向かわせ、抜け毛改善を図ります。

デメリットは、もし効果がなかった場合、そのまま治療を続けると、跡が残りやすいということです。

紫外線による光線療法

PUVA療法とも呼ばれ、患部に紫外線を当てて刺激し、正常な免疫を向かわせて改善を図ります。

クリニックには、紫外線を患部だけに集中して当てられるマシーンがあり、患部に薬剤を塗ってから使用します。

局所免疫療法

頭部の広い範囲に脱毛が見られる場合によくこの方法がつかわれます。
9割の患者に改善がみられるとされる、効果的な治療方法です。

SADBEやDPCPなどと呼ばれる、皮膚にかぶれを引き起こしやすい薬を塗って1~2週間待ちます。
患部が赤くなってきたら、免疫が働いている証拠です。

その後は2~3週間ごとに塗り直し、髪の毛が生えてくるのを待ちます。

(まとめ)女性の抜け毛は自己免疫疾患が原因のこともある?

1.自己免疫疾患が女性の抜け毛の原因となることもあります

自分の体の細胞を攻撃してしまう「自己免疫疾患」が原因で毛根が弱り、抜け毛が起きることがあります。

もしこのタイプの抜け毛が疑われるなら専門のクリニックに行ってみましょう。

2.自己免疫疾患の原因はまだはっきりとしていません

自己免疫疾患の原因は突き止められておらず、症状の現れ方もさまざまです。

頭皮の毛根や毛母細胞が異常をきたした免疫系に攻撃されてしまうと、抜け毛が起きてしまいます。

女性の抜け毛の原因としては、ストレスに並んで多いのが、この自己免疫疾患とも考えられています。

3.自己免疫疾患は男性よりも女性に多いです

女性は男性よりも自己免疫疾患にかかる確率が高いです。

実際に、自己免疫疾患に罹患している女性患者数は、男性の8~10倍であることが分かっています。

4.自己免疫疾患による女性の抜け毛は治療できます

自己免疫疾患自体の治療は困難ですが、それが原因の抜け毛については治療が可能です。

治療法としては、飲み薬による治療・ドライアイス療法・紫外線療法・局所免疫療法などが一般的となっています。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む