女性の抜け毛が産後やピルの服用をやめたときに増える原因は、同じです

pls1778045u61313
女性の抜け毛には、女性ホルモンが関係しています。
なぜなら、女性ホルモンには健康な髪の成長や維持を促進する働きがあるからです。

こうした女性ホルモンの分泌は、妊娠・出産で大きく変化します。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えるため、抜け毛は減ります。

しかし出産を機に女性ホルモンは激減しますので、それまで女性ホルモンの働きで抑えられていた抜け毛は、一気に増えてしまうのです。

これと同じことが、ピルの服用でも起きます。
ピルの主成分は女性ホルモンなので、ピルを服用することにより妊娠しているのと同じ状態になります。

そのためピル服用中の抜け毛は減りますが、ピルの服用をやめると産後のように抜け毛が増える方が多くなります。

このように産後もピルの服用をやめたときも、「女性ホルモンが減る」という同じ理由で抜け毛が増えやすくなるのです。

しかしいずれの場合も、発毛機能自体に問題があるわけではありませんので、ホルモンバランスが整うと抜け毛も落ち着きます。

個人差はありますが、6ヶ月~1年程度で安定すると言われていますので、その間は様子を見て、その後も抜け毛が続く場合は病院へ相談するとよいでしょう。

産後に抜け毛が増える理由

女性のからだは、妊娠・出産の期間に大きく変化します。
産後に抜け毛が増えるのも、そのひとつです。

産後の抜け毛は、「産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」と呼ばれ、産後に悩む方は多く見られます。
その産後の抜け毛の原因は、女性ホルモンの変化です。

妊娠中は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌が増えます。

エストロゲンには健康な髪の成長や維持を促進する働きがありますので、エストロゲンの分泌が増える妊娠中は、抜け毛は少なくなると言えます。

しかし女性ホルモンは出産を機に激減しますので、妊娠中は抜けなかった髪が産後は急に抜けてしまうのです。

このように産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化が原因であり、頭皮や発毛機能にトラブルが起きたわけではありません。

そのため個人差はありますが産後6ヶ月~1年ほどで落ち着くと言われています。

低用量ピルとは

c2fd386788d3a75f5e322ecd70d44815_s
ピルには、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が含まれています。

この女性ホルモンが脳下垂体に働きかけて、卵胞が成熟するのを抑制し排卵が起こらなくなるのです。

そのため避妊薬として広く知られています。
こうした働きを持つピルには、高用量ピル・中用量ピル・低用量ピルがあり、含まれるホルモン剤の用量が異なります。

日本の厚生省は、1999年6月に低用量ピル(経口避妊薬)を医薬品として承認し、同年9月から発売されています。

現在は、医師による処方が必要な自費診療になりますので、婦人科などで指導を受け処方してもらいます。

低用量ピルは、避妊目的のほか生理不順や月経前症候群、重い生理痛といった症状を和らげるためにも使われています。

またにきびや多毛症の改善にも効果があると言われています。

ピルと抜け毛の関係や対処法

産後の抜け毛は、妊娠中に増えていたエストロゲンが急激に減ったことで起こります。
この女性ホルモンの変化は、ピルの服用でももたらされます。

ピルの主成分はエストロゲンとプロゲステロンなので、ピルを服用してこのふたつの女性ホルモンを補うということは、からだは妊娠しているのと同じ状態になります。

つまりピルを服用している間は抜け毛が少なくなりますが、服用をやめると産後の女性ホルモン変化と同じことが起こるため、抜け毛が増える原因となってしまうのです。

しかしピル服用後の抜け毛も、産後の抜け毛と同じようにホルモンバランスが整えば改善されますので、過剰に心配する必要はないでしょう。

そうは言っても、ピルの服用をやめて抜け毛が増えるのが気になる場合は、

  • 女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取する
  • 育毛剤を使用する

といった対策を検討するとよいでしょう。

(まとめ)女性の抜け毛の原因で、産後とピルの服用に共通点はあるの?

1. 女性の抜け毛が産後やピルの服用をやめたときに増える原因は、同じです

女性の抜け毛には女性ホルモンが関係しています。

女性ホルモンには抜け毛を抑える働きがあるため、産後やピルの服用をやめたときに女性ホルモンが激減すると、抜け毛が急に増える可能性が高くなります。

2. 産後に抜け毛が増える理由

女性ホルモンのエストロゲンには、健康な髪の成長や維持を促進する働きがあります。
妊娠中は、エストロゲンの分泌が増えるので抜け毛は少なくなります。

しかし女性ホルモンは出産を機に激減するため、産後は抜け毛も増えてしまいます。

3. 低用量ピルとは

避妊薬として広く知られているピルには、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。

低用量ピルには、避妊目的のほか生理不順や月経前症候群、重い生理痛といった症状を和らげたり、にきびや多毛症を改善したりする効果があります。

4. ピルと抜け毛の関係や対処法

ピルを服用している間は妊娠中と同じ状態になるため、服用をやめると産後と同じ理由で抜け毛が増えます。

これは頭皮や発毛機能のトラブルではなく女性ホルモンの変化が原因のため、ホルモンバランスが整えば改善されます。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む