肝臓の機能が低下することで、女性の抜け毛が起こることがあります

92be1abc9649df7cec57db398265eca9_s
肝臓と髪の毛の成長が関係していることを知っている人は多くないでしょう。

しかし、肝臓が弱ってしまうと抜け毛につながってしまいます。

髪の毛の主成分であるタンパク質を作っているのが肝臓なので、機能の低下は髪の毛にも影響を及ぼすのです。

肝臓は代謝や解毒などの働きをする重要性の高い臓器です

肝臓は髪の毛に欠かせないタンパク質を合成する重要な臓器ですが、その他にも重要な働きを担っています。

内臓の中で最大の臓器である肝臓の働きを紹介します。

代謝

肝臓では胃や腸で消化された栄養が貯蔵され代謝することで、身体や髪の毛に欠かせないタンパク質となるのです。

その他にも肝臓では多くの代謝を担っており、糖・脂質・アミノ酸・ビタミンが肝臓で合成されています。

解毒

肝臓では、体内の有害物質を無毒化して尿などによって体外へ排出します。

タンパク質を摂取するときに発生するアンモニアや酒などのアルコールを体内で無害な形に変えているのです。

胆汁の生成・分泌

消化液である胆汁を生成しているのも肝臓です。

幹細胞で絶えず生成され、脂肪を乳化させることにより消化吸収しやすくさせる働きを担っています。

このように肝臓はタンパク質の生成だけでなく、さまざまな機能を担っています。

肝臓が弱ることで髪の毛に必要なタンパク質が不足するほかにも、解毒作用も低下するなどの影響がでるのです。

健康的な身体を維持するためにも肝臓に負担をかけないことが求められるでしょう。

機能の低下は抜け毛だけでなく全身に影響を与えます

397e91e8ed6c825156afb10c5c1f3280_s
肝臓は人の内臓のなかで最も頭皮や髪の毛に関係する臓器です。

代謝で髪の主成分であるタンパク質が作られます。

このタンパク質が頭皮の毛細血管まで届くことにより、健康的な髪の毛へとつながるのです。

肝臓の機能が低下しても、肉や魚から直接タンパク質を摂取すれば問題ないと考える人もいると思います。

しかし、このようにして摂取したタンパク質は栄養にならないのです。

肝臓でタンパク質は血漿タンパク質という形に変化するのですが、これにより髪の毛の栄養になることができます。

つまり肝臓の働きなくして髪の毛の成長は難しいといえるのです。

肝臓が何らかの原因により弱ってしまうことで、タンパク質が十分な量生成されなくなり頭皮へ栄養が届かなくなります。

栄養が届かなくなることが頭皮環境の悪化に影響し、その結果抜け毛へとつながってしまうといえるのです。

また、肝臓はさまざまな機能を担っているので頭皮以外にも影響をあたえます。

倦怠感や自律神経の乱れによる不眠、血液に異常が出るなど健康に直接関係します。

毛髪へのダメージはこうした症状に比べると重要度が低いとされてしまうため、肝臓の機能の低下により早い段階で抜け毛などの症状が出てきてしまうのです。

休めることや食事により肝機能を高めることが可能です

肝臓は臓器の中でも回復力が高いのですが毎日の生活習慣などによって疲労が蓄積され、機能が低下することがあります。

肝臓に良くない習慣と回復させる方法を紹介します。

ストレス

副交感神経が肝臓などの臓器をコントロールしているのですが、ストレスがかかることにより交感神経が刺激されます。

交感神経が刺激されることにより、全身の筋肉が緊張し内臓への血液量が減少するため肝臓に負担がかかるのです。

ストレスの解消には適度な運動が効果的です。

身体が疲れることにより安眠にもつながるため、おすすめといえます。

食生活

脂っこい食べ物や食品添加物が多く使用されている物の分解は、肝臓に負担を与えます。

現代の食事のなかで避けることは難しいのですが、毎日摂取することで疲労が蓄積されるので避けましょう。

また、飲酒もアルコールを分解しなければならないため肝臓に負担を与えることになります。

適度であれば問題ないのですが、過剰な摂取や毎日飲むことは控えたほうがよいです。

肝臓が疲労しているときにビタミンや良質なたんぱく質を摂取することで肝機能を高めることが期待できます。

抗酸化ビタミンを多く含まれているレバーや緑黄色野菜、ごまなどを食べることにより肝臓の活性酸素が除去され正常な状態に戻るといわれています。

また大豆などの植物性たんぱく質を摂取することも重要です。

食生活で負担をかけている方は肝臓に良い栄養素を摂取し、休めることを心がけましょう。

いきなり食生活を変えることが難しい人はサプリメントを活用するのもおすすめです。

(まとめ)女性の抜け毛は肝臓が影響している?

1.肝臓の機能が低下することで、女性の抜け毛が起こることがあります

肝臓の機能の一つにタンパク質を作る働きがあります。

髪の毛の主成分はタンパク質であり、肝臓が弱り機能が低下することで抜け毛につながってしまうのです。

髪と肝臓は密接に関係しています。

2.肝臓は代謝や解毒などの働きをする重要性の高い臓器です

髪の毛に必要なタンパク質を合成している肝臓ですが、その他にもさまざま働きをしており生命維持に欠かせない臓器です。

肝臓の機能が低下することは、抜け毛だけでなく体全体の不調へとつながる恐れがあります。

3.機能の低下は抜け毛だけでなく全身に影響を与えます

直接タンパク質を摂取しても髪の毛に栄養は届きません。

肝臓が髪の毛の栄養となる形に変化させる機能をもっているため、機能の低下により抜け毛が起こるといわれています。

4.休めることや食事により肝機能を高めることが可能です

回復力が高い肝臓ですが、疲労が蓄積されることにより機能の低下が起こるといわれています。

肝臓を休めることや、栄養素を摂取することで肝機能を高めることができ、症状の改善が期待できます。

抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む