女性の抜け毛には女性ホルモンが大きく関わっている場合があります

imasia_7112805_M
ストレスや生活習慣の乱れなど、さまざまな原因によって引き起こされる抜け毛ですが、女性の場合は女性ホルモンが大きく関わっている可能性が高いです。

女性ホルモンが低下してしまうと髪の毛に影響が与えられ、抜け毛が増えてしまいます。

分泌量の低下を防ぐためにも、ホルモンの働きをサポートする栄養素が含まれた食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

女性ホルモンの分泌低下にはさまざまな原因があります

女性ホルモンの中でも「エストロゲン」というホルモンには、髪の毛の成長を促すように指示する働きがあります。

そのため、女性ホルモンの分泌が低下してしまうと、ヘアサイクルの成長期がストップし、髪の毛があまり成長せずに抜け毛が増えてしまいます。

通常、女性ホルモンは歳を重ねるごとに減少していきますが、他にもさまざまなことが原因で低下してしまう場合があります。

たとえば、下記のような原因です。

ストレス

過度なストレスがかかってしまうと、ホルモンバランスを調整する自律神経が乱れやすくなってしまいます。

自律神経が乱れてしまうとエストロゲンの分泌を促すホルモンの分泌量が低下してしまうので、女性ホルモンが低下してしまいます。

食生活の乱れ

食生活の乱れからくる栄養バランスの乱れによっても女性ホルモンの分泌は影響されます。

エストロゲンを作るためには栄養素が必要です。

そのためダイエットなどで食事制限をしていると栄養素が足りず、エストロゲンを十分に作ることが出来ません。

体の冷え

お風呂に入るのが面倒で、シャワーだけで済ませることが多いという方によく見られるのが、体の冷えによるエストロゲンの分泌低下です。

体が冷えてしまうと、エストロゲンが分泌される器官の卵巣の働きが鈍くなってしまいます。

そのため、体の冷えが続いてしまうとエストロゲンが分泌されにくくなってしまうのです。

女性ホルモンが低下したままだとさまざまな体の不調にもつながります

imasia_4052211_M
女性ホルモンの低下をそのままにしていると、抜け毛はもちろんですが、さまざまな器官にも影響を与えてしまうことになります。

例えば、エストロゲンはコラーゲンの生成を促してくれる作用もあるので、低下するとコラーゲンの生成も低下し、肌にハリがなくなってしまいますし、水分保持力がなくなって乾燥しがちになり、シワやたるみを引き起こしてしまう可能性があります。

血管も肌と同じように弾力性が失われてしまうため、動脈硬化になる恐れが高まるとされています。

高齢女性に特に多くみられるのが骨粗しょう症なのですが、エストロゲンが低下することで若くても骨が折れやすくなってしまうのです。

また、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質の分泌量も低下してしまうことで、認知症になるリスクも高まります。

このように、全身のさまざまな器官でエストロゲンの低下は影響を受けてしまうのです。

抜け毛対策はもちろんですが、これらの症状・病気のリスクを軽減させるためにも、エストロゲン分泌量低下に歯止めをかけましょう。

エストロゲンを増やすために、生活習慣の見直しを行いましょう

エストロゲンを増加させるためには生活習慣を見直し、改善させることが重要になります。

まずは、ストレスをなるべく解消させるように心掛けましょう。

ストレスの発散方法としては親しい友人と話したり、リラックス空間を作るために照明を落としアロマを焚いたりと、自分に合った発散方法を取り入れてみるのがおすすめです。

また、体を動かすこともストレス解消につながります。

続いて食生活ですが、代表的なのが大豆製品です。

イソフラボンが多く含まれている大豆製品を食べると、女性ホルモンのサポートをしてくれます。

女性ホルモンのサポートをしてくれるのはイソフラボンだけではありません。

ビタミンEも同じような働きをしてくれます。

ビタミンEはナッツ類やアボガドなどに多く含まれているので積極的に摂取しましょう。

ただし、こればかりになってしまうと他の栄養素が不足してしまいます。

必ずバランスの良い食事をとるように心掛けましょう。

体の冷えを改善させるためには、シャワーではなくきちんと湯船に浸かったり、適度に運動したりすることが大切です。

また、お腹が冷えてしまうと全身の冷えにもつながってしまうので、なるべくお腹を冷やさないように、冷たい食べ物ではなく温かいものを中心にとるようにするのが効果的です。

これらのことを実践し、エストロゲンを増やして抜け毛を改善させていきましょう。

(まとめ)女性の抜け毛に女性ホルモンが関わっているって本当?

1.女性の抜け毛には女性ホルモンが大きく関わっている場合があります

抜け毛にはさまざまな原因がありますが、その中でも女性が深く関わっているものとして女性ホルモンが挙げられます。

日常的に女性ホルモンをサポートする栄養素を摂取するようにしましょう。

2.女性ホルモンの分泌低下にはさまざまな原因があります

女性ホルモンであるエストロゲンには髪の生成を促す働きがあるため、分泌量が低下すると抜け毛につながります。

分泌量低下の原因は加齢以外にも、ストレス、食生活の乱れ、体の冷えなどがあります。

3.女性ホルモンが低下したままだとさまざまな体の不調にもつながります

エストロゲンが低下することによって全身の器官に影響が出てしまいます。

例えば肌や血管、骨、脳などにエストロゲン低下の影響が出てしまうのです。

これらのリスクを軽減させるために、エストロゲン分泌の低下を防いでいきましょう。

4.エストロゲンを増やすために、生活習慣の見直しを行いましょう

ストレスを溜めない、バランスの良い食事を心掛ける、体を温めるためにお風呂にしっかり浸かる、あまり冷たいものを食べないなどが、抜け毛対策のために気を付けたいことです。

生活習慣を見直し、抜け毛の改善を目指しましょう。


スカルプDボーテ公式サイトの注目ランキング
スカルプDボーテ公式サイトの
注目ランキング
男性におすすめのスカルプD公式サイトの注目商品
男性におすすめの
スカルプD公式サイトの注目商品



抜け毛の原因、予防と改善に関する記事もチェック!
女性の抜け毛は洗髪方法を見なおそう

排水口に溜まる女性の抜け毛は間違った洗髪方法が原因!

洗髪時に特に抜け毛が増えてしまいがちなのは、洗髪をすることで髪や頭皮に刺激が加わるためです。1日100本程度は自然に暮らしていても髪は抜け落ちていくものですし、洗髪時にそれが洗い流されて排水溝にたまるのも自然なことです。しかし、必要以上に抜け毛を増やさないためには、無用な刺激を与えない工夫も大切です。

続きを読む


頭髪外来の医師が監修の元で開発された頭皮ケアシャンプー
女性用スカルプDで女性の薄毛を予防改善!