成長期に出やすい乾性フケに適した方法でケアをしましょう


フケには乾性フケといわれるものと脂性フケがあります。

この2つは解消法が全く異なるため注意が必要です。

成長期の子どもはフケが出やすいのですが、成長期の子どものフケは乾性フケです。

乾性フケは古い角質が剥がれ落ちて出るもので、成長期の子どもは新陳代謝が激しいため、乾性フケが出やすいのです。

生活習慣やシャンプーに注意して改善しましょう。

成長期の子どもが乾性フケになりやすいのは新陳代謝が激しいからです

成長期の子どもは乾性フケが出やすいです。

乾性フケとは、パラパラした乾燥しているフケで、フケの状態は細かくて薄いのが特徴です。

肩に落ちていることも多く、成長期の子どもに多いのが特徴です。

乾燥フケというのは、頭皮の表皮細胞です。

肌の新陳代謝と同じように、健康な状態であれば一定の期間で新陳代謝が行われ新しい細胞が生まれ、古い細胞は自然に剥がれ落ちていきます。

これが肌の新陳代謝です。

しかし、何らかの原因で頭皮が健康でないと、新陳代謝がうまくいかずに表皮細胞は塊のまま剥がれ落ちることになります。

古い細胞は形も大きく量も多いため、フケとして目立ってしまうのです。

成長期の子どもは新陳代謝が活発です。

毎日新しい皮膚が作られていくため、皮膚の新陳代謝も活発で、古い角質はどんどん剥がれ落ちていきます。

そのなかには、正常に新陳代謝が行われて剥がれ落ちた角質だけではなく、かたまったまま剥がれ落ちてしまう角質もあります。

成長期の子どもは剥がれ落ちる角質も多いため、塊のまま角質が剥がれて落ちてしまうことも多いのです。

頭皮が乾燥して起こる乾燥フケは、いくらシャンプーをしても改善されません。

その場合は、乾燥フケなので、正しい対策が必要です。

成長期の子どもに多い乾燥フケと脂性フケは対策も異なります


成長期の子どもに多いのは乾燥フケですが、もう一つ脂性フケというものがあります。

乾燥フケは頭皮の乾燥が原因で起こりますが、脂性フケは皮脂の分泌が多いことで起こります。

カサカサしていてパラパラと肩に落ちる乾燥フケに対して、脂性フケはベタベタとして脂っぽいのが特徴です。

乾燥フケのように肩に落ちることはなく髪の毛にくっついています。

乾燥フケと脂性フケは対策が異なります。

乾性フケの人が脂性フケを改善する方法でケアをしても改善されませんし、脂性フケの人が乾燥フケを改善する方法でケアをしても、症状が悪化してしまいます。

脂性フケの原因は頭皮が清潔ではないことで起こりやすくなります。

毎日シャンプーをしていなかったり、していても洗い方が間違っていたりして、頭皮の皮脂や汚れがきちんと落とせていないことでフケができてしまうのです。

また、脂っこい食事や香辛料などをよく食べる人は皮脂の分泌が過剰になるため、脂性フケになりやすいといえます。

そのような脂性フケは、シャンプーを正しい方法で行い、頭皮を清潔に保つことが改善策になります。

そうはいっても洗浄力の強いシャンプーを使うとかえって皮脂をとりすぎて皮脂が分泌されやすくなってしまうため注意しましょう。

脂性フケ用のシャンプーなどもあるためそれを使うのもおすすめです。

また、揚げ物やスナック菓子などは控えることも大事です。

成長期の子どもに多い乾燥フケの解消法は洗い過ぎないことです

乾燥フケであることが多い成長期の子どもの場合、洗い過ぎないことが大事です。

フケが出ているとシャンプーが足りないと思って、1日に何度も頭を洗ってしまうことがあります。

しかし、何度も洗っていると頭皮が乾燥して、フケがますます出てしまうことがあるのです。

洗い過ぎには注意しましょう。

また、洗浄力の強いシャンプーも乾燥フケの原因になります。

頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを選ぶといいでしょう。

時にはシャンプーを使わずにぬるま湯で洗うだけでも良いといえます。

成長期の子どものフケを改善するには、日常生活においても配慮が必要です。

皮膚を健康に保つビタミンやミネラル、皮膚の原料となるタンパク質を中心に、バランスの取れた食事をするようにしましょう。

大人と同じように、子どもにとっても睡眠は大切です。

夜遅くまでゲームをして睡眠時間が減ることのないようにしましょう。

毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるという規則正しい生活をすることで、自律神経のバランスが取れ、頭皮の乾燥も減少します。

こどもにもストレスがあり、それが乾燥フケの原因となっていることもあります。

子どもとの会話をしっかりするなど、子どもとのコミュニケーションを取り悩みや心の負担をなくしてあげることも必要です。

(まとめ)フケが出やすい子どもの成長期はどう対策したらいい?

1.成長期に出やすい乾性フケに適した方法でケアをしましょう

フケには乾性フケと脂性フケは解消法が全く異なるため注意が必要です。

成長期の子どものフケは乾性フケです。

成長期の子どもは新陳代謝が激しいため、乾性フケが出やすく、生活習慣やシャンプーに注意してあげることが大事です。

2.成長期の子どもが乾性フケになりやすいのは新陳代謝が激しいからです

成長期の子どもは新陳代謝が活発なため、古い角質もどんどん剥がれ落ちていきます。

そのため、なかには塊のまま剥がれ落ちてしまう角質もあります。

頭皮が乾燥していると、乾燥フケが多くなってしまいます。

3.成長期の子どもに多い乾燥フケと脂性フケは対策も異なります

乾燥フケは頭皮の乾燥が原因で起こりますが、脂性フケは皮脂の分泌が多いことで起こります。

2つは対策が異なるため乾燥フケか脂性フケかを見極めて適切な対策方法を取るようにしましょう。

4.成長期の子どもに多い乾燥フケの解消法は洗い過ぎないことです

乾燥フケは洗い過ぎないことが大事です。

洗浄力の強いシャンプーも乾燥フケの原因になるため注意しましょう。

さらに、食生活や睡眠、ストレスなど生活習慣も見直すことが大事です。