産後は体も生活環境も変わるため頭皮環境が悪化してフケが増えやすくなるといえます


産後にフケが増えるのは、体も生活環境も変化するために頭皮環境が悪化することが原因と考えられます。

フケが増える原因の一つはホルモンバランスの乱れです。

産後はホルモンバランスが乱れがちなため、頭皮環境が悪化しやすくなります。

また、育児で睡眠不足やストレスがたまることもフケの原因になります。

産後のフケは早急に対策をすることが大事です。

産後はストレスも多くホルモンバランスが乱れるためフケが出やすいのです

ホルモンバランスが乱れると体調不良や精神的にも落ち込んだり、イライラしたり、という状態になりやすくなりますが、フケの原因にもなります。

特に産後はホルモンバランスが乱れやすい状態です、
妊娠中は女性ホルモンの一つであるエストロゲンが多く分泌されていますが、出産をしたあとはエストロゲンの分泌が減少します。

エストロゲンは血行をよくする、自律神経を整える、保水能力を高めるなどといった役割があるため、エストロゲンが減少すると頭皮環境も悪くなり、フケが出やすくなるのです。

ホルモンバランスの乱れは肌荒れにもつながります。

肌が敏感になり、肌のバリア機能が低下してちょっとした刺激にも弱くなります。

そのため、頭皮も炎症を起こしやすくなりかゆみやフケが出やすくなるのです。

また産後はストレスを多く感じます。

授乳やオムツ替えなどの育児のほか、家事もしなければなりません。

睡眠不足にもなりますし、授乳によって赤ちゃんに栄養を取られてしまうため、栄養不足にもなります。

血行不良や栄養不足は頭皮環境の悪化につながります。

ストレスを感じればホルモンバランスも乱れやすくなります。

産後は肌が敏感になるため、今まではなんともなかった刺激に弱くなり、頭皮環境も悪くなってしまうのです。

産後のフケを解消しないと薄毛になりやすくなってしまうといえます


産後は慣れない育児で休む暇もない、というママもいるでしょう。

初めての育児ではなくても、兄弟姉妹がいたりすると赤ちゃんの育児は大変です。

産後は女性ホルモンのバランスも乱れるため、さまざまな弊害が出てくることで、体力的にも精神的にもつらい時期です。

肌荒れや頭皮のかゆみ、フケなどが出ることも多いです。

産後の大変な時期に肌荒れやフケなどが出ても、かまっていられない、というママも多いでしょう。

しかし、フケをそのまま放置すると抜け毛が増え、薄毛になってしまうことがあるのです。

育児中のママはゆっくりお風呂に入ることができないこともあります。

赤ちゃんや子どもたちと一緒にお風呂に入ると、シャンプーをしっかりできなかったり、慌ててシャンプーをすることで、必要以上に力を入れてゴシゴシと頭皮をこすってしまったり、すすぎが不十分になったりします。

そうしたシャンプーを繰り返していると、頭皮がダメージを受けて頭皮環境が悪化し、フケやかゆみとなります。

かゆみが出るとつい爪でかきむしったり、疲れていて無意識のうちにひっかいてしまったりすることもあります。

それが原因で炎症を起こし、フケやかゆみにつながるだけではなく、頭皮環境が悪い状態が続くことで抜け毛や薄毛になってしまいます。

産後のフケを解消するにはストレス発散をしましょう

産後は頭皮へのダメージをできるだけかけないようにすることが大事です。

頭皮にダメージを与えやすいパーマやカラーリングは、できるだけ控えるようにしましょう。

産後でストレスがたまりヘアスタイルを変えたいと思い、パーマやカラーリングをしたくなる気持ちも分かりますが、パーマやカラーリングは頭皮への刺激となりフケを増やしてしまいます。

ヘアスタイルを変えるなら、カットや髪型を変えるなど頭皮に刺激とならない髪型にしましょう。

そうはいっても産後はストレスを多く感じるものです。

リフレッシュをすることは大事なことです。

たまには育児を旦那さんに替わってもらったり、家族に赤ちゃんを見てもらい、夫婦でデートをしたり、気の置けない友達と食事に行ったりするといいでしょう。

そういったことができない場合は、赤ちゃんを連れて散歩に出かけるなど、ストレス解消の方法を見つけましょう。

大変な育児は旦那さんに協力してもらうことが必要です。

簡単な家事を手伝ってもらったり、時にはお惣菜を買ってきてもらったり、宅配サービスなどを利用するのもいいでしょう。

また、アミノ酸系のシャンプーを使う、ヘアスタイリング剤は頭皮にやさしいものを使うといったことも大事です。

(まとめ)フケは産後に増えやすいってホント?

1.産後は体も生活環境も変わるため頭皮環境が悪化してフケが増えやすくなるといえます

産後にフケが増えるのは、ホルモンバランスの乱れといった体の変化や、ストレス、睡眠不足など育児による生活環境が変化することで、頭皮環境が悪化することが原因といえます。

2.産後はストレスも多くホルモンバランスが乱れるためフケが出やすいのです

産後はホルモンバランスが乱れやすくなり、肌も敏感になります。

ちょっとした刺激にも弱くなるとともに、育児のストレスなどによって血行不良や母乳を与えることで栄養不足になり、頭皮環境の悪化につながるためフケが出やすくなります。

3.産後のフケを解消しないと薄毛になりやすくなってしまうといえます

産後は忙しい時間の中で、シャンプーをする際も気を遣えなくなり、頭皮にダメージを与えてしまいます。

かゆみが出るとひっかいたり、かきむしったりすることも頭皮のダメージになり、頭皮環境が悪化し、それが解消されないと薄毛や抜け毛につながります。

4.産後のフケを解消するにはストレス発散をしましょう

産後のフケを解消するには、ストレスを減らすことが大事です。

育児や家事を家族に手伝ってもらったり、散歩をしたりするなど、少しでもリフレッシュするようにしましょう。