寝不足をすると頭皮が乾燥するためフケが出やすくなるといえます


寝不足をすると血行が悪くなり、新陳代謝が悪くなります。

新陳代謝が乱れると皮膚の保水力がなくなるため、皮膚が乾燥しやすくなるのです。

また、皮膚が乾燥すると皮脂の分泌が過剰になり、べっとりとしたタイプのフケが出やすくなります。

寝不足はストレスやホルモンバランスを乱しますので、それが皮脂の分泌を過剰にすることもフケを引き起こす原因になるといえます。

寝不足をするとストレスになり皮脂が過剰に分泌してフケが発生します

頭皮の皮脂が過剰に分泌してしまうと、頭皮の炎症や毛穴が詰まるなど頭皮トラブルになりフケが発生しやすくなります。

頭皮のフケが過剰に分泌してしまう原因は、合わないシャンプーやパーマ、カラーリング、ストレス、生活習慣などさまざまですが、寝不足もその一つです。

寝不足をするとさまざまなトラブルの原因になります。

一つはストレスになるということです。

ストレスを感じると自律神経の一つである交感神経が優位になり、血管が収縮してしまいます。

すると血行が悪くなり、新陳代謝が悪くなります。

新陳代謝が悪くなると頭皮が乾燥し、乾燥すると皮脂の分泌が過剰になります。

またストレスによって交感神経が優位になると男性ホルモンが多く分泌されるようになり、皮脂が過剰に分泌してしまうのです。

さらにストレスによってアドレナリンやノルアドレナリンが増えることも、皮脂の過剰分泌につながります。

ストレスがホルモンバランスを乱す原因ともなります。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が過剰になることがあります。

分泌される皮脂には、酸化した皮脂や古い角質がまざっています。

その結果、脂性フケというベタついたフケが出やすくなります。

脂性フケは髪に頭皮にまとわりつくような、ベタベタしたフケです。

寝不足はフケだけでなく薄毛の大きな原因になります


寝不足はフケを増やしてしまう原因の一つですが、薄毛の大きな原因ともなります。

寝不足をするとストレスになるのは前述しましたが、ストレスが溜まると血管が収縮し、血行不良になります。

血液の循環が悪くなると、毛の成長に必要な栄養や酸素が届きにくくなり、毛の成長が妨げられてしまうのです。

また寝不足をすると成長ホルモンの分泌も減少し、新しい細胞の生まれ変わりもできなくなります。

新陳代謝が正常に行われないと、未熟な細胞が生まれ水分保持力も低下して乾燥しやすくなります。

古い角質も溜まり、毛穴にその角質が溜まって毛の成長も滞ってしまうのです。

水分保持力が低下した頭皮は乾燥し、乾燥するとさらに皮脂の分泌が過剰になります。

皮脂の分泌が過剰になると、雑菌も繁殖しやすくなり、フケやかゆみ、炎症が起こりやすくなり、頭皮環境が悪くなるのです。

その結果、抜け毛が増え薄毛になってしまいます。

睡眠は体の内臓を休ませ、機能を回復する重要な時間です。

その大事な睡眠を十分に取らないと、内臓など体の機能も回復せず疲労が溜まってしまいます。

体の機能が低下したときに最初に栄養素などが届かなくなるのは毛髪や頭皮です。

そのため、睡眠不足は髪の成長に悪影響を与えてしまうのです。

寝不足でフケを出さないためには睡眠環境をよくすることです

寝不足でフケを出さないようにするには、まず睡眠環境を整えてみましょう。

部屋の温度は快適か、寝具は重すぎたり、湿気がこもったりしていないか、パジャマは快適な素材で、汗をしっかり吸着してくれるか、枕の高さは合っているか、などといったことや、部屋の電気は明るすぎたり、暗すぎたりしないか、などといった部屋の照明にも配慮するといいでしょう。

特に枕の高さが合っていないと、首や腰などに負担がかかり熟睡できない場合があります。

高すぎず、低すぎない枕を使うようにしましょう。

タオルで自分の頭や首に合った枕を作るのもおすすめです。

寝つきが悪い場合は、寝つきをよくするアロマを炊くのもいいでしょう。

脳の興奮を静め、心を落ち着かせてくれるラベンダー、神経の高ぶりをおさえリラックスできるカモミールなどがおすすめです。

また、寝る前にアルコールを飲み過ぎるのは避けるようにしましょう。

寝る前のお酒は寝つきをよくしてくれる作用はありますが、夜中にトイレに行きたくなることが多く睡眠を妨げてしまいます。

カフェインを含むコーヒーや紅茶、ウーロン茶なども避けた方がいいでしょう。

おすすめなのはホットミルクやハーブティーです。

体を温めて血行をよくしてくれる働きもあります。

(まとめ)フケは寝不足が続くと増えるの?

1.寝不足をすると頭皮が乾燥するためフケが出やすくなるといえます

寝不足をすると血行不良により新陳代謝が悪くなり、保水力がなくなるために皮膚が乾燥しやすくなり、フケが出やすくなります。

また、寝不足をするとストレスになり、ホルモンバランスを乱して皮脂の分泌過剰を引き起こすこともフケにつながります。

2.寝不足をするとストレスになり皮脂が過剰に分泌してフケが発生します

寝不足でストレスを感じると、皮脂が過剰に分泌されます。

その理由の一つは、自律神経の一つである交感神経が優位になり、男性ホルモンの分泌が過剰になるためです。

酸化した皮脂や古い角質がまざった皮脂は、ベタついた脂性フケとなります。

3.寝不足はフケだけでなく薄毛の大きな原因になります

寝不足はフケだけではなく、薄毛の原因ともなります。

寝不足によってストレスが溜まると血液の循環が悪くなり、毛の成長に必要な栄養や酸素が届きにくくなり、毛の成長が妨げられてしまうのです。

新陳代謝も悪くなり、抜け毛や薄毛になりやすくなります。

4.寝不足でフケを出さないためには睡眠環境をよくすることです

寝不足でフケを出さないようにするには睡眠環境を整えることです。

部屋の温度や寝具、パジャマなどに配慮したり、寝つきをよくするアロマを利用したりするといいでしょう。