パーマ液の影響でフケが出やすくなることがあります


パーマをかけた後フケが出るようになった、またはフケの量が増えた、ということがあります。

それはパーマ液が頭皮にダメージを与えたことによって、頭皮が乾燥しフケが出やすくなるのです。

さらに、シャンプーなどのヘアケア製品が合っていないことも、フケの原因になります。

パーマ液は頭皮や髪に刺激となるものであるため、選び方や使用方法にも注意が必要です。

パーマをかけた後フケが出るのは頭皮にダメージを受けるからです

パーマに使用するパーマ液にはさまざまな成分が含まれています。

その中には、頭皮に刺激を与えるものや、アレルギーの原因となる成分も含まれています。

パーマをかける際には、そのパーマ液を2回使い、放置します。

そのため、頭皮は刺激を受け炎症を起こしたり、乾燥したりします。

特に頭皮環境が悪い状態であったり、肌が弱かったりする人はダメージを受けやすくなり、頭皮が乾燥し、フケを出しやすくなります。

頭皮が乾燥したり、炎症を起こしたりすると皮膚の水分は失われます。

頭皮が健康の状態のときには、角質層に水分が保持され乾燥を防いでくれます。

室内が乾燥していても、水分は蒸発されることはありません。

それが頭皮にトラブルが起こると、角質層は水分を保持できなくなり、乾燥して古くなった角質細胞が剥がれやすくなりフケとして現れるのです。

フケとは頭皮に生じた垢のことです。

垢は頭皮の角質細胞が剥がれることで発生するものです。

フケは新陳代謝によって発生するもので、フケが出ているからといって病気ではありません。

しかし、フケが過剰に出るというのは頭皮の状態が悪いということでもあります。

放置すると頭皮の疾患を引き起こすこともあるので改善することが必要です。

パーマによって増えたフケを放置すると皮膚トラブルの原因となります


フケが出るからといって頭皮の疾患とは限りませんが、パーマをかけた後、フケが増えた、それがそのまま改善されずにフケが出続ける、といった状態は危険です。

たかがフケだからとそのまま放置してしまうと、頭皮トラブルにつながりやすくなります。

パーマをかけた後、フケが過剰に増えてしまうとカビや細菌が増えてしまいます。

そのため、頭皮環境はますます悪化してしまいます。

フケだけでなくかゆみを伴う場合は、頭皮を爪でひっかいてしまうこともあり、頭皮を傷つけてしまうこともあります。

傷がつけば炎症を起こしやすくなり、さらに頭皮環境が悪化します。

フケが増えると頭皮の毛穴を詰まらせることになり、炎症やかゆみ、フケのほか薄毛の原因もなります。

頭皮が乾燥することで皮脂の分泌が過剰になると、脂性フケと呼ばれるフケが出やすくなります。

それが原因で起こる疾患に脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎になるとかゆみが出たり、赤くなったり、カサついたりします。

特に成人の場合は慢性化して、繰り返すことが多いです。

パーマなど頭皮への刺激のほか、ホルモンバランスの乱れやストレスなども皮脂分泌を過剰にします。

脂漏性皮膚炎は再発も多いので、早めに治療をすることをおすすめします。

パーマをかけた後フケを出ないようにするには

パーマによるフケを改善するには、パーマをかける頻度を少なくすることです。

特に頭皮が弱っている状態では、パーマをかけるのをお休みするようにしましょう。

まずは健康な頭皮を取り戻してからパーマをかけるようにすることです。

また、パーマをかける際には頭皮に刺激のない成分のパーマ液を使ってもらうよう、相談してみるのもいいでしょう。

パーマをかけたいなら、フケの悩みなどについても美容師さんに相談し、最適な方法を取ってもらうのも一つの方法です。

パーマでフケが増えてしまったり、出てしまったりするのは、頭皮が健康でないからです。

頭皮環境をよくするためにも、ヘアケアには注意しましょう。

特にシャンプーやヘアワックスなどが頭皮の刺激になっている場合もあります。

シャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系を使用するといいでしょう。

また、頭皮を傷つけないよう、正しい方法でシャンプーをすることが大事です。

洗髪後はドライヤーで乾かすようにして、乾かす際には髪から離し、長時間使用しないようにしましょう。

また、頭皮が乾燥しているときには保湿ローションなどを使うのもおすすめです。

さらに、外出する際には紫外線対策として帽子や日傘を使うようにしましょう。

(まとめ)フケの原因にパーマが関係しているってホント?

1.パーマ液の影響でフケが出やすくなることがあります

パーマ液の影響で頭皮がダメージを受け、頭皮が乾燥するとフケが出やすくなります。

さらにシャンプーなどが合っていないと、頭皮の状態がよくならず、フケが改善されないので注意しましょう。

2.パーマをかけた後フケが出るのは頭皮にダメージを受けるからです

パーマ液には頭皮に刺激となる成分が含まれています。

それが頭皮にダメージを与えることで、角質層の水分保持力が低くなり、水分が失われることで頭皮が乾燥します。

頭皮が乾燥すると、古い角質細胞が剥がれやすくなりフケになります。

3.パーマによって増えたフケを放置すると皮膚トラブルの原因となります

パーマなどで一時的にフケが増える場合は改善することもありますが、フケが過剰に増えたりする場合は注意しましょう。

フケをそのままにしておくと、かゆみや炎症を起こしやすくなります。

脂漏性皮膚炎などにもなりやすいため注意が必要です。

4.パーマをかけた後フケを出ないようにするには

パーマによるフケを改善するには、パーマをかける頻度を少なくすることとともに、シャンプーを刺激のないものにしたり、紫外線対策などをしたりして、頭皮へダメージを減らすようにしましょう。