フケの原因になるのは真菌の一種である「マラセチア菌」というカビです


真菌というのは、カビの仲間を指す言葉です。

カビにもいろいろな種類がありますが、真菌というのは、その総称です。

頭皮に存在していて、フケを引き起こす原因となっているのは、この真菌の中の、「マラセチア菌」という菌です。

これ自体は常に頭皮にあり、余分な皮脂を食べたりしてくれるよいものですが、何らかの原因で異常に増殖してしまうとフケの原因となってしまいます。

真菌が頭皮に大量発生することでフケが起こります

フケの原因にはいろいろなものがありますが、特に塊が大きく、べたついたフケが出る「脂性フケ」の原因には、真菌の一種であるマラセチア菌が深くかかわっていると言われています。

マラセチア菌は、余分な皮脂を食べて分解する働きを持っています。

そのため、通常の状態であれば、皮膚にとって悪さをする菌ではありません。

しかし、皮脂の分泌量が増えると、それだけ餌が豊富になるわけですから、マラセチア菌が大量に発生してしまうことになります。

こうなると、マラセチア菌が皮脂を分解してできる脂肪酸が増加し、結果、皮膚の炎症が起こってしまうのです。

皮膚に炎症が起こると、皮膚の表面が荒れて、フケやかゆみ、ざらつきなどの原因となります。

フケのほか、脂漏性皮膚炎なども、マラセチア菌の異常増殖によって起こると言われています。

頭皮の脂漏性皮膚炎は、脱毛や薄毛の原因にもなるものです。

マラセチア菌によるフケが起こったときは、早めの対処を心がけましょう。

マラセチア菌を減らすことがフケの改善に役立ちます


マラセチア菌が原因のフケを改善するためには、マラセチア菌を適度に殺菌して、数を減らすのが効果的です。

とはいえ、マラセチア菌すべてを殺してしまうのは得策ではありません。

マラセチア菌は、皮膚にとってよい働きもしてくれるものだからです。

そこでおすすめなのが、皮膚科にかかることです。

皮膚科では、フケの原因が確かにマラセチア菌によるものなのかということも含めて診察をしてもらえます。

マラセチア菌が原因だった場合は、マラセチア菌の増殖を抑える抗真菌薬などを利用した治療が行われることになります。

また、マラセチア菌に対抗するための抗菌シャンプーなども市販されていますが、このようなシャンプーを利用した方がいいかということも、皮膚科にかかれば個別に相談することができます。

こうしたシャンプーは、すべての人に合うとは限りませんから、独断で利用することのないようにしましょう。

マラセチア菌が増殖しづらい生活を目指しましょう

マラセチア菌の繁殖を抑えるためには、皮脂が過剰に分泌することのない生活を心がける必要があります。

また、肌自体の抵抗力を高めてよい状態を保つことも大切です。

以下のポイントを意識した生活を送りましょう。

食事

脂質の多い食事を避けて、肌のターンオーバーを正常化させる働きのあるビタミン類を積極的に摂りましょう。

不規則な時間に食事を取りがちな方や、外食やファストフードでの食事が多い方は、特に注意が必要です。

できるだけ多くの栄養が取れる食事内容を心がけましょう。

紫外線対策

紫外線は、皮膚にダメージを与えて免疫力を弱めてしまいます。

皮膚が弱くなると、ちょっとしたことでも大きなトラブルに繋がるようになってしまうため、紫外線に頭皮をさらさないようにしましょう。

帽子や日傘、UVカットスプレーなどが効果的です。

洗髪

余分な皮脂を頭皮に残さないように、1日から2日に1度洗髪する習慣を付けましょう。

また、シャンプーやリンスが残っていることや、濡れたままの髪を放置することもマラセチア菌の増殖に繋がります。

しっかりすすいだ後は、十分にタオルドライをして、ドライヤーで完全に髪を乾かすようにしてください。

(まとめ)フケの原因にもなる真菌っていったいなに?

1.フケの原因になるのは真菌の一種である「マラセチア菌」というカビです

真菌というのは、カビを総称する言葉です。

真菌の中で、頭皮のフケの原因となるものは、「マラセチア菌」という常在菌です。

普段はよい働きをする菌ですが、大量に繁殖することでフケを引き起こします。

2.真菌が頭皮に大量発生することでフケが起こります

脂性フケの原因は、マラセチア菌という常在菌です。

この菌は、皮脂が過剰分泌することで増殖し、皮膚炎を引き起こします。

これは、フケのほか、脂漏性皮膚炎の原因にもなるものです。

3.マラセチア菌を減らすことがフケの改善に役立ちます

マラセチア菌をある程度抑えることができれば、フケの改善が見込めます。

皮膚科で、抗真菌薬などによる治療を受けましょう。

抗菌シャンプーを利用するかどうかについても、皮膚科で相談するのが安心です。

4.マラセチア菌が増殖しづらい生活を目指しましょう

マラセチア菌の増殖を防ぐためには、栄養バランスのよい食事や、紫外線対策、こまめな洗髪などが大切です。

フケを予防するためにも、皮脂の過剰分泌を防いで、健康な頭皮を目指しましょう。