フケと地肌のかゆみがひどいときは乾燥対策をしましょう


地肌のかゆみとフケが同時に起こっている場合は、頭皮の乾燥が原因である可能性があります。

特に女性の場合は、男性に比べて皮脂分泌が緩やかであるため、頭皮の乾燥が起こりやすくなっています。

地肌がかゆくてフケが出ているときは、無暗に洗うのではなく、頭皮の保湿を意識した生活を送ることをおすすめします。

フケの原因が乾燥であるかどうかを見極めましょう

フケには、皮脂の過剰分泌が原因で起こる脂性フケと、乾燥が原因で起こる乾性フケの2種類があります。

フケの原因が皮脂の過剰分泌であった場合と、乾燥であった場合では、取るべき対策方法も変わってきます。

まずは、どちらのフケなのか見極めるようにしましょう。

頭皮のかゆみが同時に起こっている場合は、乾燥が原因である場合がほとんどです。

しかし、頭皮のかゆみは、何日もお風呂に入れなくて頭皮がべたついているときなどにも起こることがあります。

まずは、適度に洗髪を行っているかどうかや、頭皮を触ったときにべたつきがないかどうか、落ちているフケがべたべたしているか、サラサラか、といった観点から、原因が乾燥であることを確かめるようにしてください。

なお、毎日髪を洗っているのにかゆみとフケが止まらないという場合や、肩におちる白いフケが気になるという場合は、乾燥が原因で乾性フケが出ていると考えてよいでしょう。

頭皮の乾燥を防ぐためにはシャンプー方法の改善が効果的です


頭皮の乾燥を防ぐために、頭皮に負担をかけない洗髪方法について知っておきましょう。

シャンプーの選び方

フケが出ることで、頭皮が汚れていると思い、洗浄力の高いシャンプーを使ってしまうことがありますが、これは逆効果です。

洗浄力ではなく、保湿力の高い低刺激のシャンプーを選ぶようにしましょう。

高温を使わない

熱いお湯に触ると、手の油分が流れ落ちてカサカサしてしまいます。

これと同様に、頭皮も、熱いお湯で洗うことで乾燥が起こります。

頭皮は、40度弱程度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

ドライの仕方に注意する

濡れた頭皮を放置することは、乾燥や雑菌の繁殖の原因になります。

しかし、高温のドライヤーを頭皮にあて続けることもよくありません。

洗髪後は、しっかりタオルで水気を抑えてから、1か所に連続して温風が当たらないようにドライヤーを使いましょう。

温風と冷風を交互に使うと、ダメージを軽減させることができます。

外食のしすぎやダイエットに注意しましょう

ランチタイムの女子会や、飲み会などは、ストレス解消にも役立つ楽しいレジャーのひとつです。

特に女性にとっては、お洒落なレストランやカフェで仲の良い友人とくつろいだひとときを過ごすのは大切なひとときである場合も多いでしょう。

しかし、外食メニューやスイーツ、アルコール類などの摂取があまり頻繁だと、頭皮の健康が保てなくなる恐れがあります。

外食では、油っぽく味が濃いものや、糖分を多量に含んだものがしばしば提供されます。

こうしたメニューには、肌の健康のために必要なビタミンやミネラル類があまり含まれていないことも多く、健康的ではありません。

おでかけを我慢し過ぎるのもストレスになりますから、なるべく健康志向のカフェを選んだり、和食をチョイスしたりするなど、栄養価を意識しましょう。

また、ダイエットにも注意が必要です。

置き換えダイエットや、プチ断食などは、栄養のバランスを欠く恐れや、栄養不足になる恐れをはらんでいます。

ダイエットをするときは、極端な食事制限を避け、運動を中心に栄養バランスを考えながら行いましょう。

(まとめ)フケで地肌がかゆいときの対処法は?

1.フケと地肌のかゆみがひどいときは乾燥対策をしましょう

女性は男性に比べてお肌が乾燥しやすいため、乾燥による頭皮のかゆみやフケが出やすくなってしまいます。

そのため、頭皮がかゆくてフケが出ているという場合は、乾燥していないかチェックをして、適宜保湿対策を行いましょう。

2.フケの原因が乾燥であるかどうかを見極めましょう

フケには、皮脂の過剰分泌が原因の脂性フケと、乾燥が原因の乾性フケがあります。

まずは、フケの形状や頭皮のべたつき具合などからどちらかを見極めましょう。

毎日洗髪しているがかゆみとフケが出るという場合はほぼ乾性フケです。

3.頭皮の乾燥を防ぐためにはシャンプー方法の改善が効果的です

シャンプーは保湿力が高いものを選びましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーや高温のお湯での洗髪は頭皮の乾燥を招くためおすすめできません。

また、ドライヤーの熱にも注意して、温風と冷風を交互に使いましょう。

4.外食のしすぎやダイエットに注意しましょう

外食メニューやスイーツ、アルコールなどは頭皮にとってよくない脂質や糖質を多く含む反面、栄養価は低い可能性があります。

また、ダイエットも栄養不足を引き起こす原因となるため、注意しましょう。