頭皮の角質や皮脂の酸化や雑菌の繁殖が継続しているから


毎日しっかりシャンプーをしているのにも関わらず、頭皮の臭いが強く感じられることはありませんか。

女性は、男性よりも身なりに気を配る傾向があるために、臭いに関しては「自分は大丈夫」と思いがちですが、実は間違ったヘアケアや体質によって、頭皮の臭いが強くなってしまうことがあるのです。

狭いエレベータの中など、他人と接近する数多くの機会に、臭いには神経質になってしまう人も逆に多いかもしれません。

臭いが発生する原因の大部分は、毛根に詰まった皮脂や角質が酸化したものが増えることと、これらを餌とする雑菌が繁殖することによって起こると考えられています。

毎日、洗髪をしているのにも関わらず頭皮の臭いが発生するのは、皮脂や角質の酸化や雑菌の繁殖が継続する環境にあるからです。

しかし原因が分かったとしても、頭皮の臭いは意外と強く、すぐ簡単に無臭化できるものではありません。

ヘアコロンや香水などで隠し切れないほどでもあるため、日ごろから根本的な対策を生活に取り入れることが重要なのです。

これは他人から指摘されるより先に、自分で対処したいところです。

まずは頭皮の臭いを自分で確認するために洗髪後にタオルドライをしたときに使用したタオルや枕の臭いを嗅いでみましょう。

Tゾーンの2倍の皮脂腺がある「頭皮」のケアは重要です

頭皮の臭いの原因には、酸化してしまった皮脂や角質が関係しています。

人間の体は全身が皮膚で覆われていて、手のひらや足の裏以外どの部位にも皮脂腺が存在しています。

頭皮の皮脂腺は、顔のTゾーン(おでこと鼻筋の部分)の2倍の量が存在していると考えられています。

確かにTゾーン自体も皮脂の量が多い部分ですが、頭皮はそれをさらに上回るということを覚えておきましょう。

ですから、日ごろの頭皮ケアは欠かせません。

毎日、シャンプーをしていても臭ってしまうということであれば、シャンプーの方法を見直すか、シャンプーを替える必要があるでしょう。

改善するまでに時間がかかる頭皮環境のトラブルだからこそ、日ごろのケアが肝心なのです。

頭皮に合ったシャンプー選びをしましょう


頭皮の臭いが気になったときに見直したい勘所は、使用しているシャンプーです。

洗浄力が強すぎて体質に合わないシャンプーを使用していると、皮脂が洗い流されすぎてしまうことがあります。

そうなると乾燥を引き起こして角質が剥がれやすくなり、皮脂が過剰分泌されてしまいます。

シャンプーを普通に使用しただけなのにも関わらず、頭皮に痒みやべたつきを感じた場合は、速やかに使用を控えましょう。

頭皮トラブルがある場合は、美容院などで使用されるアミノ酸を配合したシャンプーを使用することをオススメします。

一般に市販されているシャンプーよりも高価ですが、人間の肌の成分に似たアミノ酸で洗浄することができるので、ダメージを最小限に抑えつつ洗浄できるという特徴があります。

頭皮の細菌の繁殖を抑えるケアをしましょう

使用しているシャンプーの見直しと共に検討したい生活習慣は、洗髪後の乾燥です。

日々、忙しくてドライヤーを使用してじっくりと髪を乾かすことに取り組む時間をつくるのは難しいかもしれません。

しかし、実は、頭皮を乾かすことはヘアケアを考える上で軽視できません。

洗髪後の乾燥はしっかり行いましょう。

それは、洗髪をした後、十分に乾かさずに生乾きのまま寝てしまうと、寝ている間に細菌が増殖すると考えられるからです。

さらに、一度、細菌が異常繁殖した頭を乗せた枕を何日も続けて使用したならば、やはり、いくらシャンプーでしっかり洗っていても、頭皮の細菌を思うように減らすことは難しいのではないでしょうか。

頭皮の臭いを防ぐため、就寝前には、ドライヤーを使用して頭皮から十分乾かすよう心掛けましょう。

(まとめ)毎日洗髪をしているのに頭皮の臭いが気になるのは何故?

1. 頭皮の角質や皮脂の酸化や雑菌の繁殖が継続しているから

毛根に詰まった皮脂や角質が酸化したものやこれらを餌とする雑菌が繁殖することによって、頭皮の臭いが発生します。

しかし頭皮の臭いは意外と強い上に簡単に改善できるものではないため、日ごろからの対策が必要です。

2. Tゾーンの2倍の皮脂腺がある頭皮のケアは重要です

頭皮の皮脂腺は顔のTゾーン(おでこと鼻筋の部分)の2倍の量が存在していると考えられています。

頭皮の臭いに皮脂が関係しているからこそ、頭皮の皮脂コントロールは重要なのです。

使用しているシャンプーの見直しや方法の見直しをしてみましょう。

3. 頭皮に合ったシャンプー選びをしましょう

体質に合わないシャンプーを使用していると、乾燥や皮脂の過剰分泌を促してしまい頭皮環境を悪化させる可能性があるのです。

頭皮トラブルがある場合は、美容院などで使用されているアミノ酸を配合したシャンプーの使用をオススメします。

4. 頭皮の細菌の繁殖を抑えるケアをしましょう

洗髪をした後毛髪を十分に乾かさずに生乾きのまま寝てしまうと、寝ている間に細菌が増殖する可能性があります。

頭皮の臭いを防ぐために、就寝前にドライヤーを使用して頭皮から毛髪を十分乾かすよう心掛けましょう。