シャンプーの種類や洗い方に気をつけて洗髪しましょう


沢山汗をかいた日や人混みを歩いて髪がベタついたと感じる日は、しっかりと髪を洗いたくなります。

そんなとき、洗髪時に頭皮や毛髪を傷つけないよう気をつけるポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

まずは、使用するシャンプーの種類です。

市販されている多くのシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」、美容院などで使用されているものは「アミノ酸シャンプー」と呼ばれています。

前者は洗い上がりの感触や香りなどに特化していて洗浄成分が強いことが特徴です。

一方、後者のシャンプーは人間の肌に近い成分で洗浄するため、洗浄成分はあまり強くありませんが毛髪に優しい性質をもつシャンプーといわれています。

どちらが良いとは一概にいえませんが、しっかり洗いたくて「高級アルコール系シャンプー」を使用していても、もしもシャンプーに違和感がある場合は、「アミノ酸シャンプー」をオススメしたいところです。

次に、毛髪の洗い方を見直しましょう。

もしもせっかく「アミノ酸シャンプー」を使っていても、頭皮や毛髪を洗うときに、爪を立てて洗っていませんか。

乱暴に洗うことで頭皮や毛髪に傷を作ってしまうと毛髪トラブルに繋がりかねません。

優しく丁寧に洗うことを心掛けましょう。

使用しているシャンプーの洗い上がりに注目しましょう

直接、肌に触れるものであるため、使用するシャンプーの選択は、重要です。

そもそも体質に合っていないものを使用していると育毛環境が悪化するばかりです。

既に毛髪トラブルを抱えている場合、洗浄成分が強いシャンプーを使用していると、頭皮の皮脂を洗い流しすぎたり毛髪のキューティクルを傷つけたりと、傷みを悪化させてしまう可能性があります。

現在使用しているシャンプーが洗浄成分が強いものなら、それを使うことは休み、様子を見ましょう。

毛髪にできた傷みは、肌の傷のように自然に治るような性質をもっていません。

傷みは一度できると、広がってしまうばかりで、毛髪ケアで最大限できることは現状維持だけです。

傷んでいない状態になるには、新しい毛髪が生えそろうまでの長い時間がかかってしまいます。

それを避けるためにも、洗髪時の違和感は見逃さないようにすることが重要です。

洗髪の前に、髪を梳き、湯ですすいで汚れを落としましょう


シャンプーの洗い上がりの効果を上げるポイントは、いくつかあります。

いくら優れた効果をもつシャンプーを使用していても、その効果を有効に生かすことができないのでは勿体ないと思いませんか。

オススメの方法は、まず洗髪の前に櫛やブラシを使って、毛髪に絡みついているホコリなどを取り除くことです。

少しでも汚れを落としておくことが、シャンプーの洗浄効果を上げることに繋がります。

また、洗髪をする前に毛髪を一度、お湯ですすぐことも良い工夫です。

お湯ですすぐことは、汚れを落とすだけでなくシャンプーの泡立ちを良くする効果もあります。

手間を惜しまず、少しの手間をかけるだけでシャンプーの洗浄効果を上げることができるのです。

指の腹を使ってゆっくりと丁寧に洗いましょう

シャンプーは、毛髪を洗うより頭皮の汚れを洗い流すことを意識して行うことが大切です。

頭皮の洗浄を意識しながら洗うことによって、清潔で血流の良い頭皮を保つことに繋がります。

具体的にはどのように洗うと良いのでしょうか。

まずはシャンプー剤を毛髪全体に馴染ませながら、しっかり泡立てて使用します。

その後、生え際から頭頂部、耳の上から頭頂部、後頭部から頭頂部へ、上へ上へという順序でじっくりとゆっくり洗い上げていくことがポイントになります。

これは洗い残しを作らないためのコツでもありますが、皮脂汚れが多い頭頂部を念入りに洗う方法でもあります。

頭皮を洗う際には必ず指の腹を使用して洗うようにしましょう。

(まとめ)しっかりと洗髪したいときに気をつけるのはどんなこと?

1. シャンプーの種類や洗い方に気をつけて洗髪しましょう

洗髪時に頭皮や毛髪を傷つけないようにするために気をつけることは、使用しているシャンプーの種類について見直すことです。

また、乱暴に洗うことで頭皮や毛髪に傷を作ってしまうと毛髪トラブルに繋がります。

優しく丁寧に洗うことを心掛けましょう。

2. 使用しているシャンプーの洗い上がりに注目しましょう

体質に合っていないシャンプーを使用していると育毛環境が悪化することがあります。

既に毛髪トラブルを抱えているのに洗浄成分が強いシャンプーを使用していると、頭皮の皮脂を洗い流しすぎたり、毛髪のキューティクルを傷つけたり、傷みを悪化させてしまう可能性があります。

洗髪時の違和感は見逃さないようにすることが重要です。

3. 洗髪の前に、髪を梳き、湯ですすいで汚れを落としましょう

洗い上がりの効果を上げるポイントはいくつかありますが、まずは洗髪の前に櫛やブラシを使って毛髪に絡みついているホコリなどを取り除くことです。

洗髪をする前に毛髪を一度お湯ですすぐことも良い工夫です。

4. 指の腹を使ってゆっくりと丁寧に洗いましょう

シャンプーは毛髪を洗うより頭皮の汚れを洗い流すことを意識して行うことが大切です。

毛髪全体にシャンプー剤を馴染ませてしっかり泡立てた後、生え際から頭頂部、耳の上から頭頂部、後頭部から頭頂部へ、上へ上へという順序でじっくりとゆっくり洗い上げていくことがポイントになります。