頭皮をもみ洗いすると、育毛環境の改善に効果的です


毎日の洗髪で、きちんと頭皮の汚れを落としていますか?

頭皮が清潔でないと、フケやかゆみ、湿疹や炎症など、さまざまなトラブルのもとになるので注意しなければなりません。

では、トラブルのない清潔な頭皮を保つためには、どのように洗髪すればよいのでしょうか。

実は、育毛環境を改善する洗髪方法があります。

それが、もみ洗いです。

もみ洗いには、頭皮の汚れをきれいにするだけでなく、血行を促進して、育毛環境を整える効果が期待されているのです。

もみ洗いが育毛に効果的だといわれる理由は2つあります

もみ洗いによる洗髪には、2つの効果が期待できます。

頭皮の汚れを落とす

頭皮は、体の中で一番洗いにくい部分だといわれています。

なぜなら、たくさん髪の毛が生えていて、頭皮が露出していないからです。

また、後頭部や頭頂部は、鏡を使っても自分自身でチェックするのは難しく、ちゃんと汚れが落ちたかどうか確認することもままならないのも、その理由の一つでしょう。

そんな洗いにくい部位にも関わらず、皮脂の分泌量はTゾーンの3倍もあるといわれ、汚れがたまりやすい場所なのです。

しかし、もみ洗いをすれば、毛穴に詰まった汚れを効率よく絞り出すことができます。

また、頭皮や髪をこすらないので、摩擦でダメージを与えにくいのも、育毛に効果的な理由です。

頭皮の血行促進

もみ洗いの具体的なやり方は後述しますが、もみ洗いを実践するとマッサージと同じ効果が期待できます。

頭皮のコリをほぐし、頭皮の血行を良くする効果があるのです。

頭皮の血行がよくなれば、その分、毛根から血液を通じて、栄養を補給することができます。

すると、毛根の新陳代謝が活性化し、育毛を促進してくれるのです。

頭皮のもみ洗いを、さっそく実践してみましょう


もみ洗いによるポイントは以下のようなものがあります。

  1. 十分に頭皮にシャンプーの泡が行き渡った状態で始める
  2. 指の腹を使い、頭皮をこすらない
  3. 後頭部は、下から上に頭皮を持ち上げるように指圧する
  4. おでこの生え際から、つむじに向かって頭皮を動かす
  5. 気持ちいいと感じるくらいの力加減で行う

このように、ゴシゴシこする洗髪方法にくらべ、もみ洗いでの洗髪は、マッサージのように行います。

これまで、ゴシゴシこすって洗っていた人にとって、こんなのでしっかり洗えるのか不安になるかもしれません。

しかし、もみ洗いを続ければ、徐々に頭皮が柔らかくなり、頭皮の乾燥を防ぎつつ汚れが落ちていくのを感じることができます。

まずは、続けることが大切です。

もみ洗いによる洗髪には、注意点があります

頭皮をもみながら洗えば、よい効果があるといわれていますが、間違った方法で行えば、頭皮が傷つき、育毛環境を悪化させるかもしれません。

そうならないためにも、以下の点に注意して実践してください。

  1. 爪を立てない

    頭皮に爪を立ててしまうと、頭皮に傷ができて、育毛環境が悪化します。

  2. 髪は、もみ洗いしない

    濡れた髪をもみ洗いすると、キューティクルがはがれる可能性があるのでやめましょう。

  3. シャンプーはしっかり泡立ててから行う

    シャンプーが泡立っていないと、頭皮と髪に摩擦が発生し、ダメージのもとになります。

  4. 痛みを感じるほど、力をいれない

    強い力でもみ洗いをすると、毛細血管が傷つき、育毛を妨げてしまいます。

以上の点に気をつけて、今日からさっそくもみ洗いを実践してみましょう。

実際にやってみれば、健康な頭皮を手に入れることも夢ではありません。

もみ洗いで、育毛環境改善を目指しましょう。

(まとめ)もみ洗いで洗髪すると、育毛環境にどんな影響があるの?

1. 頭皮をもみ洗いすると、育毛環境の改善に効果的です

頭皮環境を整え、育毛を促進するには、頭皮を清潔に保つことが大切です。

もみ洗いで洗髪すれば、頭皮の汚れをきれいに落とし、血行を促すので、育毛環境を改善する効果があるといわれています。

正しい方法でもみ洗いをして、育毛を助けてあげましょう。

2. もみ洗いが育毛に効果的だといわれる理由は2つあります

もみ洗いで洗髪すると、頭皮の汚れを落とす効果と血行を促進する効果があるといわれています。

もみ洗いは、洗いにくい頭皮を清潔に保つのに有効な洗髪方法です。

また、マッサージと同様の効果もあるので、育毛を促進すると考えられています。

3.頭皮のもみ洗いを、さっそく実践してみましょう

もみ洗いのポイントをおさえて、さっそく取り入れてみましょう。

  1. 十分に頭皮にシャンプーの泡が行き渡った状態で始める
  2. 指の腹を使い、頭皮をこすらない
  3. 後頭部は、下から上に頭皮を持ち上げるように指圧する
  4. おでこの生え際から、つむじに向かって頭皮を動かす
  5. 気持ちいいと感じるくらいの力加減で行う
4. もみ洗いによる洗髪には、注意点があります

間違った方法でもみ洗いをすると、育毛環境が悪化する可能性があります。

以下の点に注意して実践しましょう。

  1. 爪を立てない
  2. 髪は、もみ洗いしない
  3. シャンプーはしっかり泡立ててから行う
  4. 痛みを感じるほど、力をいれない

健康な頭皮を守るために、注意しましょう。