頭皮の洗浄や血行促進が効率的にできる効果があります


洗髪のときに使用する専用のブラシには、髪にどのような効果があるのでしょうか。

洗髪専用ブラシとは、突起の数が多く、突起の間隔が狭いため、効率的に頭皮を洗浄できるブラシです。

使い方は、泡立てたシャンプー剤をつけた頭皮に、このブラシの突起部分をあて、ブラシを動かしながら汚れを取り除くというものです。

ブラシの突起の先端で汚れを掻き出すので、指で洗うよりも汚れを落とすことができます。

そのため、毛穴の汚れも落としやすいですし、洗い残しなども発生しにくくなります。

また、ブラシで頭皮をマッサージするように洗うため、血行促進の効果もあります。

頭皮の血行が良いことは、健康な髪を育むために大切なことですから、洗髪専用ブラシには頭皮環境を整える効果があるといえるでしょう。

指では洗い足りないと日頃から感じ、血行を促して頭皮環境を整えたいという人に、洗髪専用ブラシはおすすめです。

しかし、たくさんの突起があるブラシでこするため、誤った使い方をすれば頭皮に傷をつけてしまい、ヘアトラブルを引き起こすこともあります。

洗髪専用ブラシは正しい方法で使用し、その効果を最大限に引き出したいものです。

洗髪専用ブラシは程よい力で小幅に動かすのがコツです

適度な力加減での使用が大切

洗髪専用ブラシで頭皮を洗うときに気をつけたいのが、力加減です。

力が強すぎると、ブラシの突起部分で頭皮を傷つけてしまいます。

汚れをしっかり落としたいからといって、ゴリゴリと力いっぱい頭皮をこするのは逆効果となります。

ですから、洗髪専用ブラシを使用するときは、頭皮に軽くあてて、やさしくマッサージするようにしましょう。

ブラシは小幅に動かす

髪が洗髪専用ブラシに絡まって、髪が抜けてしまうということもあります。

これは、頭皮を洗うときにブラシを大きく動かしすぎているためです。

ブラシの動きが大きいと、髪が突起部分に絡まりやすくなり、ブラシに絡まった髪が引っ張られると抜けてしまいます。

抜け毛を起こさないために、洗髪専用ブラシを動かす幅は小さめにしましょう。

ブラシを移動させながら頭皮全体を洗いましょう

頭皮のこすりすぎに注意

汚れをしっかり落とそうとして、ブラシで過剰にこすってしまうと、頭皮環境を悪化させるので注意をしてください。

頭皮を健康に保つには、適度な皮脂が欠かせません。

余分な皮脂は頭皮を不衛生にしますが、髪の健康を保つために必要な油分があります。

洗髪専用ブラシは汚れを落とす力が高いため、こすりすぎは必要な皮脂まで取り除いてしまう危険があります。

ブラシを使用する際には、同じ箇所を念入りに洗うのではなく、少しずつ移動しながら、頭皮全体を均一に洗うようにしましょう。

ブラシは清潔に保つ

洗髪専用ブラシは、清潔に保ちたいものです。

汚れたブラシを使用すると、頭皮に雑菌が付着しやすくなります。

ブラシは常に清潔に洗浄し、垢が溜まったりカビがついたりしたものは、使用を止めるようにしましょう。

突起部分が痛くないブラシを選ぶようにしましょう

痛いと感じるブラシは使用を控えて

市販されている様々な洗髪用ブラシには、形や突起にそれぞれの特徴があります。

どのような形のものが合うのかは、人によって違いがありますが、突起を頭皮にあてたときに先端が痛くないものが良いでしょう。

痛いと感じる場合は刺激が強いということですから、そのようなブラシは使用を控えてください。

ブラシの突起が硬すぎ、あるいは鋭すぎるようなものは頭皮への刺激が強くなるので、避けるのが無難です。

洗髪用ブラシを正しく使用すれば、効率的な洗浄ができるうえに、マッサージ効果が得られ、より気持ちよく洗髪を行うことができます。

持ち手があるもの、プラスチック製のもの、シリコン製のものなど様々なブラシがありますので、硬さや洗い心地などを比較して自分の逸品をみつけてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)洗髪専用ブラシには、どんな効果があるの?

1. 頭皮の洗浄や血行促進が効率的にできる効果があります

洗髪専用ブラシには、突起部分で頭皮をマッサージするように洗うことで、頭皮を効率的に洗浄して、血行を促進する効果があります。

頭皮をしっかりと洗浄して清潔に保つことや、血行を促進することは、健康な髪を育むために大切です。

洗髪専用ブラシを正しく使い、頭皮環境を整え、髪の成長を促すと良いでしょう。

2. 洗髪専用ブラシは程よい力で小幅に動かすのがコツです

力いっぱい洗髪専用ブラシでこすると、頭皮を傷つけてしまいますので、やさしくマッサージするように使用してください。

また、ブラシは大きく動かすと髪が絡まり、髪が抜けてしまうことがあるので、小さく動かすのがコツです。

3. ブラシを移動させながら頭皮全体を洗いましょう

洗髪専用ブラシで同じ箇所を集中的にこすると、頭皮に必要な油分まで洗い流してしまいます。

ブラシは少しずつ移動させながら、頭皮全体を洗うようにしましょう。

また、ブラシを清潔に保つことが大切ですので、汚れやカビがついたものは使用を止めてください。

4. 突起部分が痛くないブラシを選ぶようにしましょう

様々な洗髪専用ブラシが市販されていますが、突起部分を頭皮にあてたときに、痛いと感じるものは避けましょう。

硬すぎるものや、突起が鋭いものは、痛いと感じやすいようです。

自分に合う洗髪専用ブラシをみつけて、頭皮をさっぱりと洗いあげてみてはいかがでしょうか。