洗髪後のケアは、トリートメントだけで問題ありません


シャンプーで髪を洗った後のケア用品には、主にリンスやコンディショナー、トリートメントの3種類があります。

どれを使うのが一番いいのか、複数のものを使ったほうがいいのかと悩んでいませんか?

基本的に、シャンプー後のヘアケアは、トリートメントだけで問題ありません。

トリートメントは、髪のダメージを軽減させる作用と外からのダメージから保護する作用を兼ね備えています。

ダメージヘアの人でも、ダメージを予防したい人にもトリートメントは使用でき、わざわざリンスやコンディショナーと組み合わせて使う必要はありません。

洗髪後のヘアケア剤は、それぞれ効果が違います

シャンプーの後のヘアケア剤は、リンス、コンディショナー、トリートメントの3種類があり、それぞれ効果が異なります。

リンス

髪の毛の表面をコーティング剤で包み、外部からのダメージから保護する効果があるものを、一般的にリンスと呼びます。

コンディショナー

効果はリンスとほぼ同じで、髪をコーティングして、ダメージを軽減する役割があります。

リンスとコンディショナーには明確な定義はなく、メーカーの判断によって、どちらで呼ばれるかが異なります。

トリートメント

トリートメントは、髪の内部に働きかけ、傷んだ髪の修復や髪の保護を目的としたものです。

2つの機能を備えているので、ひどく傷んだ髪の人でも、髪が傷んでいない人でも使用できるというメリットがあります。

髪の傷み具合で、他のアイテムとの併用も検討しましょう


髪の傷みがひどいと、トリートメント以外のケアアイテムを組み合わせたほうがいいのか悩むこともあるでしょう。

せっかくトリートメントをしても、効果が感じられない場合にも、このような悩みが出ることもあります。

しかし、基本的には前述した通り、トリートメントの多くには、コンディショナーやリンスのもつコーティング効果と髪のダメージ補修効果があるので、基本的にはトリートメント一つで十分なはずです。

ただし、トリートメントにもたくさんの種類があり、メーカーによって髪の毛の補修に特化しているものや、ダメージから髪を守る機能が優れているものなどがあります。

また、しっとりとした質感に仕上がるトリートメントもあれば、サラサラした髪に仕上がるトリートメントもあります。

どのトリートメントでも必ずしも良い効果が得られるわけではありませんので、自分の髪質や髪の傷み具合にあったものを使用する必要があるのです。

もし、いま使用しているトリートメントに効果を感じないのであれば、別のものに変える、またはコンディショナーや洗い流さないトリートメントを併用するのもおすすめです。

髪の状態に応じて、適切な方法やケア用品を模索してみましょう。

効果的なトリートメント方法を実践しましょう

間違ったトリートメントの使い方をすると、トリートメント効果がなくなるだけでなく、育毛環境を阻害することもあります。

以下の3つのポイントをおさえて、より効果的にトリートメントを使用しましょう。

  1. 髪の毛の水気をきってから、トリートメントをつけましょう

    髪の毛がびしょびしょな状態でトリートメントをつけても、水と一緒に流れてしまいます。

    必ず水気をきってから、髪につけるようにしましょう。

  2. 髪の中間部~毛先につけましょう

    トリートメントは、ダメージの多い毛先部分を中心につけていきます。

    必ず頭皮や髪の根元につかないようにしてください。

    毛穴詰まりや髪のべたつきの原因になります。

  3. しっかりすすぎましょう

    トリートメントが髪に残ってしまうと、ダメージを与える原因になります。

    また、頭皮トラブルを引き起こすこともあるので、すすぎは怠らないようにしましょう。

(まとめ)洗髪後のヘアケアは、トリートメントだけでいいの?

1. 洗髪後のケアは、トリートメントだけで問題ありません

多くのトリートメントには、髪のダメージを補修する作用と髪をコーティングして保護する作用があります。

シャンプー後のヘアケアは、トリートメントだけで十分です。

リンスやコンディショナーもありますが、一緒に使う必要もありません。

2. 洗髪後のヘアケア剤は、それぞれ効果が違います

リンス、コンディショナー、トリートメントは、それぞれ異なる効果があります。

リンスとコンディショナーは、髪の毛をコーティングして、外部からのダメージ予防に効果的です。

トリートメントは、コーティング作用と髪の補修効果が期待できるヘアケア剤です。

3. 髪の傷み具合で、他のアイテムとの併用も検討しましょう

トリートメントといっても、その効果はメーカーによってもさまざまです。

また、髪の傷み具合によって、満足のいく効果が得られるかも変わります。

トリートメントの効果を実感できない場合は、洗い流さないトリートメントやコンディショナーと併用しても良いでしょう。

4. 効果的なトリートメント方法を実践しましょう

せっかくトリートメントをしても、使い方が間違っていると、十分な効果は得られません。

以下の3つのポイントをおさえて、効果的に使用しましょう。

  1. 髪の毛の水気をきってから、トリートメントをつけましょう
  2. 髪の中間部~毛先につけましょう
  3. しっかりすすぎましょう