48時間程度置いてからシャンプーしましょう。ぬるま湯で色落ちさせにくいシャンプーを使うことで、カラーを長持ちさせることができます。

ヘアカラー後、どれくらいの時間を置いてからシャンプーをしたらいいのか迷う方も多いでしょう。カラー後のシャンプーのタイミングや、綺麗な髪色を長持ちさせるコツ、またカラー後に適したシャンプーの選び方についてご紹介します。

カラー後すぐにシャンプーがNGな理由

カラー後すぐにシャンプーをすると、せっかく綺麗に染めたカラーが色落ち(褪色)してしまうことがあります。そのため、カラー後にすぐシャンプーをするのは避けた方がよいでしょう。

カラーをする際は、カラー剤に含まれるアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、髪の内部に染料を浸透させることで髪を染めています。すぐにシャンプーをすることで、内部に浸透した染料が外に流れていってしまい、色落ちしてしまうのです。

カラー後のシャンプー、ベストなタイミングは?


カラーリング後のシャンプーは2日後、つまり48時間後がよいと言われています。これは、キューティクルを開き、内部に浸透した染料が、髪の中の組織に定着するまでに、48時間程度かかると考えられているためです。ただし、髪質によって個人差もあり、定着時間は異なるため、人によっては24時間後のシャンプーでも色落ちしない人もいます。

できるだけ早くシャンプーをしたい場合でも、最低24時間は待ってから行う方がよいでしょう。もし、その際に色落ちが早かった場合、色落ちしやすい髪質であると判断できるため、次のカラーリングでは、時間を伸ばすなどの対策をするのがおすすめです。

また、キューティクルは温度の高いお湯でより開きやすくなるため、高温でのシャワーによるすすぎは色落ちの原因の一つとなるので注意しましょう。

カラー後に長持ちさせるシャンプーの使い方

カラーリングしてから24時間から48時間程度置いてからシャンプーをすることで色落ちを防げますが、他にもどのようなことに気をつけたら、カラーを長持ちさせることができるのかをご紹介します。

こすらないように優しく洗う

カラーのために限らず、髪の毛のためにも、シャンプーする時にはこすらないように優しく洗うことが大切です。

カラーを長持ちさせるためには、ゴシゴシとこすって、髪の毛に負担をかけないようにしましょう。髪が濡れている時は髪を保護するキューティクルが開き、髪の内部に浸透させたカラーの染料が抜け落ちてしまう状態です。

このような状態で髪の毛をこすりながら洗うと、色落ちの原因となるだけでなく、キューティクルが傷つき、髪の毛にダメージが蓄積されてしまいます。そのため、切れ毛や枝毛などのトラブルが発生する原因にもなってしまいます。

シャンプーは頭皮を洗うためのものだと考え、まずは頭皮をしっかり揉むように洗い、その泡で髪の毛を丁寧に優しく洗うようにするとよいでしょう。

ぬるま湯で洗う

カラーをすることで、髪の毛はどうしてもダメージを受けてしまいます。そのため、カラー後は髪の毛が弱っていると考えながら、お手入れするとよいでしょう。

髪の毛は熱に弱いので、シャンプーする時にはぬるま湯で洗うようにします。具体的な温度としては36度~38度くらいがおすすめ。40度を超えると髪の毛に良くないのはもちろん、頭皮や肌も乾燥しやすくなってしまいます。

逆に低すぎる温度のお湯も避けた方がよいでしょう。ぬるすぎるお湯や水で洗うと、頭皮の皮脂が落ちにくくなってしまい、頭皮トラブルの原因となってしまいます。シャンプーをする時は、温度にも気を配ってケアするようにしましょう。

カラー後に適したシャンプーの選び方


カラーリング後はカラー用シャンプーを使うことで色落ちを防ぎ、カラーを長持ちさせることができます。カラー用シャンプーは、カラーが長持ちするように作られていますので、カラー後のシャンプーとして最適と言えるでしょう。

その他のシャンプーでも、カラーを長持ちさせるのに向いているシャンプーの成分を知っておけば、選択肢が増え、好きなシャンプーを選ぶことができます。カラー後に適したシャンプーと、注意すべきシャンプー成分についてご説明します。

カラー後に適したシャンプー成分

シャンプーを選ばれる際は、次の成分の入っているものをチョイスするとよいでしょう。

・ココイル加水分解コラーゲンNa
・ラウラミドプロピルベタイン
・コカミドプロピルベタイン
・グルタミン酸Na
・メチルタウリンNa
カラー後の使用に注意すべきシャンプー成分

色落ちを促進させてしまう成分が含まれているシャンプーもあります。洗浄力がしっかりしている反面、髪の毛のキューティクルを壊す可能性もあり、そうした場合に色の褪色を促進してしまうのです。使用に注意すべきシャンプーの成分は以下のものです。

・パレス‐3硫酸Na。
・テトラデセンスルホン酸Na
・ラウリル硫酸Na
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸Na
・ラウリル硫酸TEA

(まとめ)ヘアカラー後のシャンプーはNG?カラーを長持ちさせるコツとは?

1. カラー後すぐのシャンプーがNGな理由

カラー剤に含まれるアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、髪の内部に染料を浸透させることで髪を染めています。しかし、すぐにシャンプーをすることで、この染料が外に流れていってしまい、色落ちの原因になるため避けた方がよいでしょう。

2. カラー後のシャンプー、タイミングは?

カラーリング後のシャンプーは2日後、48時間後がよいと言われています。内部に浸透させた染料が髪の中の組織に定着するまで、48時間程度かかると考えられているためです。ただし個人差もあり24時間後のシャンプーでも色落ちしない人もいます。できるだけ早くシャンプーをしたい場合でも、24時間待ってから行う方がよいでしょう。

3. カラー後に長持ちさせるシャンプーの使い方

シャンプーではこすらないよう髪の毛を優しく洗いましょう。濡れた髪はキューティクルが開き、髪の内部に浸透させたカラー剤が抜け落ちやすい状態。当然、髪の毛が傷つきやすい状態でもあるので気をつけましょう。

また36度から38度くらいのぬるま湯で洗うことで、カラーを長持ちさせることができるでしょう。熱すぎる温度は、頭皮の乾燥を招き、低すぎる温度は皮脂を洗い流せない場合もあるので注意が必要です。

4.カラー後に適したシャンプーの選び方

カラーリング後はカラー用シャンプーを使うことで色落ちを防ぎ、カラーを長持ちさせることができます。また、カラー用シャンプーでない場合でも、ココイル加水分解コラーゲンNa、ラウラミドプロピルベタインといった成分を含んだシャンプーはカラー後の使用に適しています。

反面、テトラデセンスルホン酸Naやラウリル硫酸Naなどの成分が含まれたシャンプーは、洗浄力が高めでカラーの褪色を促進してしまう可能性があります。