妊娠すると、フケが発生しやすくなることがあります


これまでフケに悩んだことがないという女性でも、妊娠を機にフケに悩まされるケースがあります。

妊娠すると、体質や肌質などが変化する場合があり、これと同様に、頭皮環境も変化させてしまうことがあるからです。

というのも、妊娠中は、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が活発になります。

すると、妊娠前に比べて、皮脂分泌が活発になりやすいため、頭皮の水分量と皮脂量のバランスが崩れ、頭皮トラブルを引き起こしてしまうのです。

妊娠生活の中に、フケの原因が潜んでいます

妊娠中のフケの原因は、ホルモンバランスの変化だけではありません。

その他にも、つわりによる食生活の乱れ、入浴がままならないことが挙げられます。

これによって、ヘアケアを十分に行うことが難しく、頭皮環境が悪化しやすいのです。

頭皮が清潔に保てないと、頭皮にもともと存在しているマラセチア菌が増殖します。

すると、それが刺激になり、ターンオーバーが乱れて、フケを発生させてしまうのです。

また、お腹が大きくなっていくとともに、浅い睡眠ばかりになってしまったり、入浴がつらくなったりすることも、フケの原因になりうるでしょう。

もちろん、妊娠したからといって、必ずフケが増加するわけではありません。

しかし、これまでフケの悩みとは無縁だった女性であっても、妊娠とともにフケに悩む可能性があるということを知っておきましょう。

かゆみを伴うフケには注意が必要です


妊娠中は、フケだけではなく、かゆみが出たり、頭皮が赤くなったりすることがあります。

かゆみや頭皮の色が変化しているのは炎症が起きている可能性があるため、早めに対策をする必要があります。

なぜなら、脂漏性皮膚炎を発症しているかもしれないからです。

脂漏性皮膚炎とは、頭皮に常在しているマラセチア菌が原因で起きる皮膚炎だといわれています。

脂漏性皮膚炎になると、湿疹、かゆみ、皮膚がはがれるといった症状が起こります。

脂漏性皮膚炎は自然治癒は難しく、適切な治療が必要です。

放っておくと、脂漏性皮膚炎を何度も繰り返したり、抜け毛の増加を引き起こしたりすることもあるので注意しなければなりません。

もし、フケだけでなく、かゆみを伴っていたり、頭皮が赤くなってしまったりしているのであれば、セルフケアだけでは治らない可能性があるので、速やかに皮膚科を受診するようにしましょう。

適切なケアで、頭皮環境を改善しましょう

フケが妊娠中に増えてしまうのは、ある意味仕方がないのかもしれません。

しかし、そのままにしておくと、髪の毛の成長を阻害することもあるので、できるだけ早めに対策をとりたいものです。

とはいえ、はじめから特別なヘアケアを取り入れる必要はありません。

まずは、シャンプーで丁寧に優しく洗う、ドライヤーでしっかり乾かすといった、ヘアケアの基本をおえるようにしましょう。

フケが気になるからといって、ゴシゴシ強い力で洗っていませんか?

頭皮は非常にデリケートなので、強くこすったりすると乾燥するなど、頭皮を傷つけかねません。

強い力で洗うことよりも、しっかり泡立てたシャンプーで、頭皮を揉むように洗うことが大切です。

また、シャンプー後のドライヤーを怠っていませんか?

髪や頭皮が濡れた状態では、頭皮の菌が増殖してしまい、ターンオーバーが乱れやすくなるので、しっかり乾かすようにしましょう。

このような基本のヘアケアを行えば、フケを減らせる可能性があります。

早速今晩から実践してみてください。

ただし、このケアを行っていてもなかなか改善しない場合は、生活習慣の見直しが必要な場合もあります。

また、皮膚炎などの病気なっている可能性もありますので、なかなか改善しない場合は、皮膚科、もしくは産婦人科で一度相談してみるようにしましょう。

(まとめ)妊娠中は、フケが出やすくなるものなの?

1. 妊娠すると、フケが発生しやすくなることがあります

妊娠中は、これまでの体質や肌質が変化してしまうことがあります。

これは、頭皮にも起こることがあり、フケを発生させる可能性があるのです。

妊娠中のフケの原因として考えられるのが、女性ホルモンであるプロゲステロンの増加です。

これによって、頭皮の皮脂分泌量が増え、フケを引き起こす場合があります。

2. 妊娠生活の中に、フケの原因が潜んでいます

妊娠は、ホルモンバランスが乱れるだけでなく、生活にも変化を与えます。

つわりは、食生活の乱れや不十分なヘアケアにつながり、頭皮を不健康な状態にする可能性があります。

また、お腹が大きくなると、体への負担が大きく、不十分なヘアケアや睡眠不足を起こすことも、フケの一因になるでしょう。

3. かゆみを伴うフケには注意が必要です

フケだけでなく、頭皮がかゆくなったり、赤くなったりしている場合は、脂漏性皮膚炎を発症している可能性があります。

脂漏性皮膚炎は、自然治癒することは難しく、放置していると育毛を阻害する恐れもあるので注意しましょう。

かゆみがある場合や頭皮が赤くなっている場合は、速やかに皮膚科を受診しましょう。

4. 適切なケアで、頭皮環境を改善しましょう

妊娠中のフケは、基本のヘアケアを見直せば、改善する可能性があります。

しっかり泡立てたシャンプーで、頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。

そして、入浴後は、必ずドライヤーで頭皮と髪を乾かすことが大切です。

それでも改善しない場合は、皮膚科、もしくは産婦人科の医師に相談しましょう。