毛髪は、体内の有害な物質「毒素」を排出する役割を持っています


毛髪は、頭部を保護する働きはもちろん、ヘアスタイルによって見た目の印象を変えたり、おしゃれを楽しんだりできるといった可変のファッション性も持ち合わせています。

その髪の毛が、実は、体内の毒素を排出する窓口にもなっていることは、あまり知られていないかもしれません。

人間は日々の生活の中で、体内にたくさんの毒素を取り入れてしまっています。

毛髪が関係している毒素は、とくに、有害ミネラルと呼ばれる水銀やヒ素、鉛、アルミニウムです。

これらの金属毒素は自覚症状のないまま蓄積されていきますが、毛髪の中に含まれているシスチンと結合しやすい、という特徴があります。

体内に入った有害ミネラルは、頭皮を流れる栄養とともに毛髪に吸い上げられ、いずれ毛髪が抜け落ちることで体内に排出されているのです。

これ以外の毒素、例えば食品に含まれている添加物である合成着色料や防腐剤、排気ガスやダイオキシン、ホルムアルデヒド、ニコチン、アルコールなどは、体内の脂肪に蓄積され、肝臓や腎臓を通って尿や便として排泄されています。

毛髪ミネラル分析検査で毒素の量が分かります

アルミニウムはアルミの鍋やアルミ箔から、ヒ素は殺虫剤や防虫剤から、鉛はガソリンや古い水道管などから、と人間は有害ミネラルを自覚症状がないまま体内に取り入れてしまっています。

有害ミネラルは、アトピー性皮膚炎や金属アレルギー、うつ病などを引き起こす毒素です。

毛髪の毒素は「毛髪ミネラル分析検査」で調べることができます。

研究機関による郵送の検査キットや、美容外科、クリニックなどで受けつけています。

尿や血液の検査でも毒素の分析は可能ですが、直前にとった飲食物などの影響を受けやすいのです。

毛髪ミネラル検査なら、数カ月前からのミネラルを安定した状態で測定できるので、今後の対策も立てやすくなります。

心配な方は検査をしたうえで、必要なデトックスを行いましょう。

毒素は、薄毛の原因にもなります


ミネラルには、必須ミネラルと有害ミネラルの2種類があります。

必須ミネラルは、新陳代謝やたんぱく質や酵素の形成などを担っています。

また、体の機能を調整し、健康な頭皮や毛髪を育む働きをしています。

有害ミネラルは、食欲不振や血行不良、しびれ、皮膚炎、疲労、うつ、けいれんなど、体に様々な悪影響を及ぼします。

また、体内に入ると蓄積し必須ミネラルの働きを妨害します。

その結果、毛髪は育たなくなり抜け毛が増え、薄毛になってしまうのです。

実際に抜け毛や薄毛が気になっている人の毛髪には、健康な人の毛髪に比べて、有害なミネラルが多く含まれていることが分かっています。

抜け毛が気になり、シャンプーや生活などに注意を払っているものの一向に改善しないと悩んでいる人は、もしかしたら有害ミネラルが原因になっているのかもしれません。

血液をきれいにして薄毛を防ぎましょう

体内に毒素が入ってくると、血液がドロドロになって、流れにくくなります。

すると毛母細胞には酸素や栄養分が届かなくなるため、働きが悪くなり、ヘアサイクルが乱れます。

抜け毛や薄毛を防ぐには、まず頭皮の血流を良くすることが大切です。

血液をサラサラのきれいな状態にして全身に行き渡らせるよう、心がけましょう。

魚や、野菜、海藻やキノコ類、納豆やお茶などは血液をサラサラにする食材です。

これらを積極的に摂取しましょう。

しかし食事は腹八分目で済ませ、食べすぎないことも大事です。

また、脂肪は血液をドロドロにするので、運動でしっかりと燃焼させましょう。

ウォーキングや水泳などの有酸素運動を継続して行うことで、脂肪は燃焼します。

さらに頭皮のマッサージは血流を良くする効果があります。

指の腹を使って丁寧に、血管を意識しながらマッサージをしましょう。

(まとめ)毛髪から毒素が出ているって本当なの?

1. 毛髪は、体内の有害な物質「毒素」を排出する役割を持っています

毛髪は、体内の有害な物質・毒素であるヒ素や水銀、鉛、アルミニウムなどを排出する役割を持っています。

頭皮を流れる栄養とともに毛髪に吸い上げられ、いずれ毛髪が抜け落ちることで、体内から排出されているのです。

2. 毛髪ミネラル分析検査で毒素の量が分かります

有害ミネラルは、「毛髪ミネラル検査」によって調べることができます。

検査は研究機関による郵送の検査キットや、美容外科、クリニックなどで行っています。

毛髪ミネラル検査では数カ月前からのミネラルを安定した状態で測定ができます。

3. 毒素は、薄毛の原因にもなります

毒素である有害ミネラルは体に大きな悪影響を及ぼし必須ミネラルの働きを衰えさせたり妨害したりします。

健康な頭皮や髪を作れなくなると抜け毛が増え、いずれ薄毛に進む可能性が高くなります。

4. 血液をきれいにして薄毛を防ぎましょう

体内に毒素が入ってくると、血液がドロドロになって流れにくくなります。

抜け毛や薄毛を防ぐには、頭皮の血流を良くすることが大切です。

質の良い食事や運動を取り入れ、血液をサラサラのきれいな状態にするよう心がけましょう。