髪のハリコシは頭皮ケアでよみがえります


年齢を重ねるうちに、髪のハリやコシがなくなってきたと感じる方は多いようです。

大人になったらハリコシはなくなっても仕方ないものなのでしょうか?

確かにハリやコシがなくなる原因のひとつは「加齢」。

子どもの髪にハリやコシがあるのは、頭皮が柔らかく、キューティクルがしっかりしてダメージが少ない「健康な髪」だからです。

歳をとると頭皮が硬くなり、毛母細胞の機能が低下するためハリやコシが失われてしまいます。

しかし、ハリやコシを失う原因は加齢だけではありません。

「日常の髪ダメージ」も大きな要素のひとつです。

たとえばパーマやカラーリング、ダイエットによる栄養の偏り、ストレスや睡眠不足など。

こうした「子どものころにはなかった」ダメージが頭皮を荒らし、髪の毛からハリとコシを失わせているのです。

つまり、髪のコシやハリを取り戻すためには、頭皮の環境を子どものころと同じように整えていけばよいのです。

バランスのよい食生活を心がけ、運動をして血行を促し、ストレスをためず、きちんと睡眠をとる。

「ハリやコシ」のある髪であるために最も重要なのは、実はごく基本的な「頭皮のケア」なのです。

ハリとコシは髪の質を表しています

ヘアスタイルが決まらなくなる原因のひとつが髪のハリとコシ。

そもそも髪の「ハリ」や「コシ」とはどんなものでしょう?

ハリは髪の強度

髪を一定の方向に引っ張ってもプチッと切れない髪が「ハリのある髪」です。

人間の髪は本来150gの重さに耐えられるといいます。

コシは髪の弾力

髪の強さを表すハリに対して、コシとは「戻る力」のことです。

シャンプーのCMなどで、指に髪を巻きつけるとスルッと戻るシーンを見かけますね。

あのように、弾力のある髪が「コシのある髪」です。

ハリやコシのある髪というのは、引っ張っても切れにくく、しなやかで弾力のある髪のこと。

表面がキューティクルで守られ、内側からも健康的な質の高い髪ということなのです。

ハリやコシが失われた髪は、キューティクルが剥がれ、髪の毛が痩せて見え、パサついたりうねったりしてまとまりにくくなります。

ハリとコシは髪の健康バロメーター


このハリ・コシが失われる原因はヘアサイクル(毛周期)の乱れにあります。

髪には成長期→退行期→休止期という段階があり、ヘアサイクルが順調な場合、成長が完全にストップした「休止期」の割合は全体の10%程度です。

しかし、頭皮が傷んでヘアサイクルが乱れると、髪の成長期間は短くなり、休止期の髪が増えていきます。

休止期の髪の割合が20~30%に増えると、髪全体のハリやコシが失われた状態になってしまうのです。

逆にいえば、ハリやコシがなくなってきたということは、頭皮が傷んでいるという証拠でもあります。

そして頭皮が傷み、髪のハリやコシが失われる直接的な要因は:

  • 加齢による毛母細胞の機能低下
  • 女性ホルモンの減少
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱
  • パーマやカラーリングの負担、紫外線によるダメージ
  • 血行不良
  • 偏った食生活や過度なダイエットによる栄養不足
  • 睡眠不足

などなど。

ハリ・コシのなくなった髪は、髪や頭皮からのSOSなのです。

外と内からのケアでハリとコシを取り戻す

髪のハリとコシが失われる原因は「加齢」と「髪ダメージ」。

歳をとることはとめられませんが、日常的な髪のダメージを減らし、頭皮の健康を回復することで、イキイキした髪を取り戻せます。

外側からのケア

まずはヘアケア方法を改善し、今あるキューティクルを保つ必要があります。

  • アミノ酸系の育毛シャンプーやコンディショナーを使い、丁寧に洗髪をする
  • シャンプーの残りは十分にすすぐ
  • 洗髪後のタオルドライはやさしく行う
  • 洗髪後はドライヤーですぐに乾かす
  • ただしキューティクルは熱に弱いので、ドライヤーは髪から20cm以上離し、1箇所に長時間あてない

内側からのケア

次に大切なのが頭皮環境を正常に整えることです。

  • 髪に必要な栄養バランスのとれた食事をとる
  • 栄養が頭皮まで届くよう首や肩の凝りをほぐし、血行促進を心がける
  • 睡眠を十分にとる
  • スポーツや趣味、お風呂に浸かってリラックスするなど、こまめにストレスを解消する

ハリとコシをよみがえらせるためには、何といっても、頭皮の血行不良や栄養不足を解消することが重要です。

毛根に栄養を補給して活性化させる育毛剤を使用することや、育毛外来で治療を受けることも効果的です。

(まとめ)毛髪のハリコシは取り戻すことができる?

1. 髪のハリコシは頭皮ケアでよみがえります

毛髪からハリやコシが失われるのは加齢のためだけはありません。

パーマやカラーリング、栄養の偏り、ストレスや睡眠不足などのダメージが、髪と頭皮を荒らしているためです。

ハリやコシを取り戻すためには、ごく基本的な「頭皮のケア」が必要なのです。

2. ハリとコシは髪の質を表しています

ハリとは髪を引っ張っても切れない【髪の強度】のことで、コシとは弾力のある【戻る力】を表します。

ハリやコシのある髪とは表面がキューティクルで守られ、内側も健康的な質の高い髪ということです。

これらが失われると、痩せてパサついたまとまりにくい髪になります。

3. ハリとコシは髪の健康バロメーター

ハリやコシが失われる原因は、ヘアサイクル(毛周期)の乱れ。

頭皮が傷んでヘアサイクルが乱れると、休止期の髪が増え、髪全体のハリやコシが失われた状態になってしまいます。

逆にいえば、ハリやコシがなくなってきたということは、「頭皮が傷んでいる」という危険信号なのです。

4. 外と内からのケアでハリとコシを取り戻す

日常的な髪のダメージを減らし、頭皮の健康を回復することでハリやコシは取り戻せます。

シャンプーやドライヤーなど正しい洗髪方法を行う外側からのケアと、バランスのとれた食事、ストレスの発散、睡眠を十分にとるといった内側からのケアが必要です。

育毛剤や育毛外来での治療も有効です。