「髪のツヤ」を測ることで,、髪のうねりの状態がわかります


長い髪の子どもの頭に、光の反射で頭頂部に光の輪がくっきり見えることがあります。

この光の輪に、髪の質の良さや瑞々しさを感じませんか。

光の輪のように、髪にあたった光の反射光を私たちは「髪のツヤ」と呼び、光の反射光がくっきり見える毛髪こそが、ツヤのある髪の象徴と考えています。

昨今、革新的な技術によって、1回クリックするだけで、反射光と散乱光を定量測定する装置が開発されています。

この装置によって、肌や毛髪のツヤや光沢が、どのくらい変化していくのかを明確に数値化して示すことができるのです。

では、これらの装置で行う「ツヤ測定」でわかることは何でしょうか。

それは髪のツヤが、加齢に伴い衰えていくという事実です。

さらに、髪のツヤが、加齢による「髪のうねり」によって失われていくということもわかっています。

すなわち美しくツヤのある髪を維持するためには、日ごろから「髪のうねり」を起こさないようにケアをすることではないでしょうか。

毛髪のツヤはキューティクルの並びの美しさから生まれます

さて、髪のツヤは、一体、毛髪のどの部分にあらわれるのでしょうか。

髪は大きく分けると、3つの部分から成り立っています。

1つ目は毛髪の芯の部分ともいえるメデュラという部分、2つ目はこのメデュラを包み込んでいるコルテックスという部分、3つ目はコルテックスのさらに外側にあるキューティクルです。

毛髪の一番外側でバリア機能の役割を持つうろこ状のキューティクルが、綺麗に並んで連なっていると、髪にツヤが生まれる、といわれています。

しかし、キューティクルは、紫外線やドライヤーの熱、摩擦などで傷つき剥がれてしまう可能性があるため、案外、脆いということを覚えておきましょう。

年齢だけでなく日ごろのケアも髪のツヤを維持するポイントです。

キューティクルのケバ立ちはダメージの始まり


髪のツヤを守るためには、年齢を気にする以上に日ごろのケアに配慮することが重要のようです。

健康的な髪はきめ細やかなキューティクルが並んだ状態の髪といわれていますが、ではダメージを受けた髪はどのような状態なのでしょうか。

枝毛や切れ毛といった明らかなダメージ以前に、髪がパサついている状態でも既にキューティクルがダメージを受けている状態といわれています。

キューティクルがダメージを受けると、キューティクルがケバ立ち、髪内部の成分が流出しやすくなり、ダメージが進行していくのです。

しかし髪は、お肌のように再生する機能はありません。

一度傷ついたキューティクルを修復するためには、日ごろのケアの見直しをしてダメージを抑えるケアを行いましょう。

トリートメント剤を使用してキューティクルを守りましょう

キューティクルが剥がれる原因は、紫外線の刺激やドライヤーの熱、パーマやカラーリング、タオルドライをするときの摩擦といわれています。

まずは、毛髪へのダメージを最小限に止める工夫をすることが必要です。

さらに現状受けているダメージに関しては、市販のトリートメント剤を利用して、対応することをオススメします。

応急処置ではありますが、トリートメント剤が剥がれたキューティクルの隙間を埋めてくれるのです。

また、髪は濡れるとキューティクルが剥がれやすくなるといわれています。

シャンプーの後は、是非、ドライヤーでしっかりと髪を乾かす習慣をつけましょう。

しっかりと髪を乾かすことで剥がれているキューティクルを綺麗に整えるのです。

(まとめ)毛髪の「ツヤ測定」では、どのようなことがわかるの?

1. 「髪のツヤ」を測ることで髪のうねりの状態がわかります

髪のツヤを数値化することにより、加齢により髪のツヤは衰えるという事実と、髪のツヤが「髪のうねり」によって失われていくということが判明しています。

すなわち美しくツヤのある髪を維持するためには、日ごろから「髪のうねり」を起こさないようにケアをすることではないでしょうか。

2. 毛髪のツヤはキューティクルの並びの美しさから生まれます

毛髪の一番外側にあるうろこ状のキューティクルが綺麗に並び、連なっていると、髪にツヤが生まれるといわれています。

しかし、キューティクルは、紫外線、ドライヤーの熱、摩擦などで傷つき剥がれてしまう可能性があるため、案外、脆いということを覚えておきましょう。

3. キューティクルのケバ立ちはダメージの始まり

髪がパサついている状態でも既にキューティクルがダメージを受けている状態といわれています。

しかし髪にはお肌のような再生機能がありません。

一度傷ついたキューティクルを修復するためには、日ごろのケアの見直しをしてダメージを抑えるケアを行いましょう。

4. トリートメント剤を使用してキューティクルを守りましょう

現状受けているダメージに関しては、市販のトリートメント剤を利用して対応することをオススメします。

応急処置ではありますが、トリートメント剤が剥がれたキューティクルの隙間を埋めてくれるのです。

また、シャンプーの後はドライヤーでしっかりと髪を乾かす習慣をつけましょう。