グルタミン酸は、毛髪のケラチンを構成しているアミノ酸です


グルタミン酸は、アミノ酸の一種です。

昆布やしいたけなどのうまみ成分としても知られ、調味料などにも使われています。

グルタミン酸は、人間の体内のさまざまな組織内にも存在しています。

中でも、とくに脳内に多く存在しており、神経伝達に関与している大切な成分なのです。

このグルタミン酸は、髪の毛の主成分であるケラチンを構成している成分でもあります。

ケラチンは、18種類のアミノ酸により構成されており、グルタミン酸は2番目に多い割合で含まれており、比較的毛髪にとって大切な要素といえるでしょう。

グルタミン酸は、直接育毛を促進する成分ではありません

グルタミン酸は、髪の毛の構成要素であるため、毛髪にとって必要な成分であるといえるでしょう。

しかし、だからといって、グルタミン酸をたくさん摂取すれば、髪によいのかというと、そうでもありません。

というのも、グルタミン酸が育毛を直接促進するという研究データや報告がないのが現状で、その有効性は確かではないのです。

そのため、安易にグルタミン酸が育毛によい効果をもたらすものだと過信しすぎないようにしましょう。

ただし、グルタミン酸をはじめとするアミノ酸が不足すると、毛髪の主成分であるケラチンを作ることができなくなったり、ケラチン内のアミノ酸のバランスが崩れて、髪質の低下を引き起こしたりする可能性も考えられます。

グルタミン酸には育毛促進効果はないものの、健康な髪を維持するためには、不足しないようにする必要があるといえるでしょう。

グルタミン酸は、頭皮の潤いを保つ効果が期待されています


私たちの肌には、もともと適度な水分量を保つためのしくみがあります。

その一つが天然保湿因子NMFです。

NMFは、肌の中に存在しており、肌の潤いを保つ役割があります。

この天然保湿因子NMFの40%は、グルタミン酸などのアミノ酸が占めています。

そのため、グルタミン酸が不足すると、肌の潤いがなくなり、乾燥などのトラブルに発展する可能性があると考えられています。

反対に、グルタミン酸を摂取すると、肌の保湿力がアップし、美肌効果が期待できるといわれているのです。

このことから、頭皮も肌の一部であるため、頭皮の乾燥を防ぐのには有効な成分であると考えられます。

もちろんグルタミン酸を摂取したからといって、頭皮の乾燥がすぐに改善するというわけではありません。

また、頭皮環境が改善したという確かなデータはありませんので、頭皮環境改善の手段の一つとして覚えておくとよいでしょう。

グルタミン酸の不足、過剰摂取には注意が必要です

グルタミン酸は、健康維持のためには欠かすことのできない成分です。

グルタミン酸が不足すると、脳の働きが鈍くなったり、排尿を阻害したりする可能性があるので、不足しないようにする必要があります。

また、反対に、大量に摂取するのも健康を害する恐れがあるので注意しましょう。

なぜなら、大量にグルタミン酸を摂取すると、精神障害や不眠などの原因になるといわれているからです。

とはいえ、食品に含まれるグルタミン酸の量はそんなに多くはないので、一般的な食事では、過剰摂取にはなりにくいと考えられています。

ただし、サプリメントでグルタミン酸を補う場合は、過剰摂取になる恐れがあるので、用量・用法を守り、過剰摂取にならないように注意しましょう。

(まとめ)グルタミン酸は、毛髪とどんな関係があるの?

1. グルタミン酸は、毛髪のケラチンを構成しているアミノ酸です

毛髪の主成分は、ケラチンというたんぱく質です。

このケラチンは、グルタミン酸をはじめとする18種類のアミノ酸によって構成されています。

グルタミン酸などのアミノ酸が不足すると、毛髪の成長を妨げる可能性があるので注意しましょう。

2. グルタミン酸は、直接育毛を促進する成分ではありません

グルタミン酸は、髪の毛のケラチンを構成するアミノ酸であるため、育毛に効果があるのではと思われがちです。

しかし、グルタミン酸を摂取することで育毛を促進できるかどうかについて、有効性を認めるデータはありません。

過信しすぎないようにしましょう。

3. グルタミン酸は、頭皮の潤いを保つ効果が期待されています

グルタミン酸などのアミノ酸は、天然保湿因子NMFの40パーセントを占めています。

そのため、グルタミン酸を摂取すれば、肌の潤いを保ち、美肌効果が期待されています。

グルタミン酸によって健康な肌が保たれるのであれば、頭皮の乾燥も防ぎ、頭皮環境の改善に役立つ可能性があるでしょう。

4. グルタミン酸の不足、過剰摂取には注意が必要です

グルタミン酸が不足すると、脳の働きが低下や利尿機能に支障をきたす恐れがあります。

また、グルタミン酸を過剰摂取すると、精神障害や不眠などの原因になることがあるので注意しましょう。

とくに、サプリメントを服用する場合は、過剰摂取になる可能性があるので、用量・用法を守って、正しく服用しましょう。