頭皮を保湿し、育毛環境を整える効果が期待されています


頭皮の乾燥は、育毛を妨げる要因の一つです。

頭皮が乾燥すると、ターンオーバーが乱れ、フケが増えたり、かゆみや湿疹などの頭皮トラブルにつながったりします。

すると、正常な細胞分裂ができずに、髪の成長が止まってしまったり、抜け毛が増えたりと、育毛にも影響が出てしまうのです。

これを改善するためには、頭皮の保湿ケアを取り入れることが大切です。

グリセリンは、化粧品などに多く含まれている成分の一つで、育毛剤、トリートメント、シャンプーなど、ヘアケア用品にも配合されているものが多くあります。

これは、グリセリンには高い保湿性があるためで、頭皮の潤いを保ち、頭皮環境を改善する効果が期待されているのです。

グリセリンは安全性の高い保湿成分です

グリセリンとは

動物や植物などに広く含まれている成分で、無色透明のアルコールです。

ヤシなどの植物から抽出されたグリセリンは、化粧品や医薬品など、幅広く活用されています。

また、グリセリンは、薬局などで手ごろな値段で購入することもできるので、グリセリンで手作り化粧水を作る人もいます。

グリセリンの効果

グリセリンを肌につけると、優れた保湿効果で潤いのある柔らかな肌にしてくれます。

グリセリンには大気中の水分を吸湿し、肌を潤わせる性質があるからです。

ただし、グリセリンの高い吸湿性がかえって肌に悪影響を引き起こす可能性もあるので、その点は注意が必要です。

グリセリンの安全性

グリセリンは、人体にも存在している成分で、アレルギーなどが起こりにくく、比較的安全性が高い成分といわれています。

そのため、アトピー肌や敏感肌用の化粧品にも配合されていることもあります。

グリセリン配合のヘアケア用品で、頭皮ケアを始めよう


グリセリンの保湿力を活かした頭皮用ローションや育毛剤、シャンプーやトリートメントなど、さまざまなヘアケア用品があります。

これらをうまく使えば、頭皮の乾燥を予防、改善することができます。

とくに頭皮の乾燥がひどい人は、頭皮用ローションを取り入れてみてはいかがでしょうか。

肌の乾燥を防ぎたい時や潤いを補給したい時に化粧水をつけるのと同じように、頭皮にもローションを使うことで、乾燥を防ぎ、水分を補給することができるのです。

グリセリンが配合されている頭皮ローションであれば、乾燥して敏感になっている頭皮にも使用でき、高い保湿性で健やかな地肌を保つことができます。

頭皮ローションの一般的な使い方は、入浴後の清潔な頭皮につけ、馴染ませるだけと非常に簡単です。

馴染ませる時に、軽くマッサージすれば、血行も良くなり、頭皮環境をより良い状態にしてくれる効果が期待できます。

グリセリンの濃度に注意しましょう

グリセリンは、優秀な保湿剤であるとともに、注意しなければならない点もあります。

それは、グリセリンの濃度です。

グリセリンの濃度が高すぎると、かえって乾燥を招く恐れがあります。

なぜなら、グリセリンには高い吸湿性があるため、濃度が高すぎると、肌の水分を奪い、乾燥を引き起こす可能性があるからです。

一般的に販売されている化粧品や頭皮ローションなどに配合されている場合は、グリセリンの濃度が調節され、他の成分の効果によって、肌の水分を奪わないようになっています。

そのため、市販品を使用する場合は、さほど心配する必要はないでしょう。

注意が必要なのは、化粧水や頭皮ローションを手作りする場合です。

雑誌やインターネット上には、グリセリンを使用した手作り化粧品の作り方が掲載されていることがありますが、分量や濃度を勝手に変えて作らないように注意しましょう。

(まとめ)グリセリンは、毛髪にどんな効果をもたらしますか?

1. 頭皮を保湿し、育毛環境を整える効果が期待されています

頭皮が乾燥していると、育毛が阻害される可能性があります。

グリセリンは、化粧品や医薬品に配合されている成分で、高い保湿性があるため、頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮トラブルのない健康な頭皮を保つのに役立つと考えられています。

2. グリセリンは安全性の高い保湿成分です

グリセリンは、体内にも存在しているアルコールの一種で、アレルギーが起きにくく、比較的安全性の高い成分だといわれています。

高い保湿効果があるグリセリンを肌につけると、柔らかくて潤いのある肌にしてくれる効果が期待されています。

3. グリセリン配合のヘアケア用品で、頭皮ケアを始めよう

グリセリンは、さまざまなヘアケア用品にも配合されており、これらを毎日のケアに取り入れれば、頭皮の乾燥を予防したり、改善したりすることができるでしょう。

グリセリン配合の頭皮ローションは、頭皮の乾燥により敏感になってしまった地肌にも使いやすいので、使ってみてはいかがでしょうか。

4. グリセリンの濃度に注意しましょう

グリセリンは、濃度が高すぎると、肌の水分を奪ってしまい、乾燥を悪化させる恐れがあります。

巷では手作り化粧品などの作り方が出回っていますが、自己判断でグリセリンの分量を多くしたりしないように注意しましょう。