外側からのケアと内側からのケアを取り入れましょう


人の体は、年齢を重ねるにつれて、徐々に機能が低下していくものです。

たとえば、新陳代謝の低下や女性ホルモンの減少などがあります。

このような加齢に伴う体の変化は、毛髪にも影響を与えます。

  • 白髪が増える
  • 髪の艶がなくなる
  • 髪のハリ、コシがなくなる
  • 髪がうねる
  • 髪のボリュームが減る
  • 髪が細くなる

これらは、年齢が上がるにつれて徐々に増えてくる髪の悩みであり、髪が老化しているサインなのです。

もちろん年をとることは自然なことであり、止めることはできません。

しかし、その年齢や髪の悩みに応じて適切なエイジングケアを行えば、ある程度改善したり、予防したりする効果も期待できます。

そのため、上記のような髪の老化のサインや悩みがあるのであれば、エイジングケアを取り入れてみましょう。

毛髪のエイジングケアには、体の外側からのケアと内側からのケアに分けることができます。

どちらか一方だけを実践しても、あまり効果は期待できません。

できるだけ両面からケアしていくようにしましょう。

エイジングケアの第一歩は、ヘアケア方法の見直しです

10代や20代の頃は、特別なヘアケアなどしなくても、ある程度きれいな髪を保つことができます。

これは、新陳代謝も活発で、女性ホルモンも安定しているためです。

しかし、年齢が上がっていくと、徐々に頭皮の状態や髪質が変化し、若い頃のようなケアでは合わなくなってしまいます。

そのため、これまでのケアでは、十分なヘアケアができません。

そこで、その年齢や髪質に合わせてケア用品を選びなおすようにしましょう。

とくに毎日使うシャンプーやトリートメントには注意が必要です。

年齢が上がると、頭皮が乾燥しやすくなるので、強過ぎる洗浄力のものは避けたり、シャンプーの頻度を見直したりしましょう。

また、保湿成分が入っているものや、頭皮のケアができるスカルプケア用やエイジングケア用のシャンプーを選ぶなど、工夫をすると良いでしょう。

そうすることで、毛髪の老化や、老化による髪の悩みを解決できる可能性があります。

頭皮マッサージを取り入れて、育毛環境を改善しましょう


毛髪の老化の原因は、頭皮環境の変化です。

年齢が上がるにつれて、新陳代謝の低下や毛根の機能低下、頭皮のたるみなどが起こります。

すると、健康で丈夫な髪が生えてこず、うねった髪やパサついた細い髪が生えてしまうのです。

これをケアするためには、頭皮マッサージを毎日のケアに取り入れると効果があるといわれています。

頭皮マッサージは、ほんの少しの時間ででき、頭皮のたるみのケアもできるので、ぜひエイジングケアのひとつとして取り入れてみましょう。

やり方は非常に簡単です。

頭皮に指の腹が当たるようにして、軽く指圧していきます。

襟足から徐々に上に向かって押し上げるようにすると、より効果的です。

あまり強く押し過ぎると、頭皮を傷つけてしまうので注意しましょう。

頭皮マッサージのタイミングは、入浴中がおすすめです。

体の内側からエイジングケアをすることも大切です

髪の老化の原因は、体内の老化でもあります。

そのため、いくら外側からエイジングケアを行っていても、体の内側からのケアを怠ってしまうと、十分な効果が得られません。

日々の生活を見直し、体の中からケアしていきましょう。

規則正しい生活

決まった時間に起きて、決まった時間に寝るといった生活リズムを整えることは、非常に大切なことです。

生活リズムが乱れていると、ホルモンバランスや自律神経の乱れを生じさせ、育毛を阻害するからです。

そのため、規則正しい生活を送り、健康で若々しい髪の成長をサポートしてあげましょう。

食事

不規則な食事や偏った食事は、髪の成長を妨げてしまい、弱い髪が生える原因になります。

しっかり栄養バランスの整った食事を摂るようにしましょう。

また、無理な食事制限によるダイエットも、栄養不足を引き起こすので注意しましょう。

ストレスを溜めないようにしましょう

強いストレスを受け続けると、体の機能が低下してしまい、毛髪の生成にも影響を与えてしまいます。

なるべくストレスを受けない環境を整えたり、ストレスを発散したりして対策をしましょう。

(まとめ)毛髪のエイジングケアって何をすればいいの?

1. 外側からのケアと内側からのケアを取り入れましょう

加齢に伴い、髪質の変化や質の低下が起こります。

しかし、適切なエイジングケアを実践すれば、改善したり、予防したりすることができます。

その際、大切なのは、体の外側からと内側の両面からしっかりケアすることです。

2. エイジングケアの第一歩は、ヘアケア方法の見直しです

年を重ねるにつれて、髪に必要なケアは異なります。

そのため、若い頃と同じケアを続けていてはいけません。

今の年齢や髪質や悩みをしっかり把握し、それに応じたヘアケア用品やヘアケア方法を取り入れるようにしましょう。

3. 頭皮マッサージを取り入れて、育毛環境を改善しましょう

加齢によって頭皮がたるんだり、血行不良になったりすると、育毛環境が損なわれてしまいます。

すると、うねった髪や細くて弱い髪が生えてしまうので注意が必要です。

頭皮をマッサージして血行を促進し、頭皮環境を整えましょう。

4. 体の内側からエイジングケアをすることも大切です

加齢による髪の変化には、外側からのケアだけでは十分に対応することができません。

そのため、体の内側からのエイジングケアも意識しなければ、健康で美しい髪を保つことは難しいでしょう。

生活習慣や食生活の見直し、ストレス対策などにも力を入れ、体の中からエイジングケアをしましょう。