毛髪は、湿度によって伸び縮みする性質があります


雨の日になると、髪がうまくまとまらない、せっかくスタイリングしたのに会社につくころにはぼさぼさになってしまうといった悩みは、多くの女性が経験したことがあるのではないでしょうか。

実は、これは髪が外気の水分量によって、影響を受けてしまいやすいからなのです。

毛髪には、そもそも湿度が高いと伸び、湿度が低いと縮むという性質があります。

そのため、湿度が高くなる雨の日や梅雨の時期は、毛髪が空気中の水分量に影響を受けて、膨張してしまっているのです。

そのため、雨の日には、ヘアスタイルが決まらないという悩みが生まれます。

そして、冬など乾燥しやすい時期は、髪の水分が外に逃げ出してしまい、パサついたり、うねったりすることがあります。

これも、毛髪の性質によるものなので、仕方ないともいえるでしょう。

とはいえ、湿度によってきれいなヘアスタイルがキープできなくなると、女性としては困りものです。

そこで、今回は、湿度によって生まれるさまざまな悩みの解決策について解説していきます。

これらの悩みは、湿度が関係している可能性があります

  • 髪の広がり
  • パサつき
  • くせ毛、うねり
  • トップがつぶれる
  • 髪の縮れ

これらは、さまざまな要因によって起こる髪の悩みです。

その原因の一つが湿度であるといえます。

湿度が高いときは、空気中に水分が多い状態です。

そのため、毛髪内部にも水分が吸収されて、膨張してしまいます。

すると、髪が広がったり、くせやうねりが出たりすることがあるのです。

また、たくさん水分を含んだ髪は重くなり、ぺたんとつぶれやすくなります。

とくに、髪の毛が細い人や、柔らかい髪の人に起こりやすい悩みです。

では、湿度が低くなるとどうなるのでしょうか。

空気中の水分が少ない場合、髪の毛内部の水分が奪われてしまう可能性があります。

そのため、毛髪がパサパサしてまとまりが悪くなったり、静電気が発生しやすくなったりするので、注意が必要です。

毛髪の傷みがひどいと、湿度の影響を受けやすくなります


ダメージヘアは、健康な髪に比べて、湿気を吸い込みやすく、水分が逃げやすくなります。

というのも、本来、髪の内部の水分やたんぱく質は、キューティクルによって保護されているはずです。

しかし、キューティクルが、外部からのダメージによって剥がれ落ちたり、めくれたりしてしまうと、キューティクルの間に隙間ができてしまいます。

すると、この隙間から、毛髪内部の水分が流出しやすく、逆に外気の湿気を吸い込みやすくなってしまうのです。

つまり、ダメージヘアの人ほど、キューティクルの隙間から水分が出入りしやすくなるため、湿気の影響を受けやすくなってしまうのです。

そのため、湿度の影響を受けやすい人は、髪のダメージをケアして、キューティクルを整えると良いでしょう。

湿度の影響を受けにくくするには、健康な髪を育てましょう

湿度によって生まれる髪の悩みを解消するためには、キューティクルの整った健康な髪を保つ必要があります。

そのためには、育毛環境を整え健康な髪を育てることと、髪のダメージから保護することが重要です。

育毛環境を整える

健康な髪を育てるためには、頭皮環境を整えましょう。

頭皮の血行を促進するために頭皮マッサージを取り入れたりするのも良いでしょう。

また、シャンプー方法やシャンプー選びなど、日頃のヘアケアやヘアケア用品を見直すのも効果的です。

また、直接的なヘアケアを見直すだけでなく、十分な睡眠時間の確保や栄養バランスのとれた食事をとるなど、生活習慣の見直しも大切です。

ダメージから髪を守る

せっかくキューティクルが整った髪を育てても、外部からのダメージではがれたり、めくれたりしては意味がありません。

そのため、しっかりトリートメントやオイルなどで髪のキューティクルを保護してあげましょう。

また、すでにダメージを受けてしまっている髪でも、トリートメントなどでコーティングしてあげれば、湿度による影響を軽減することができます。

(まとめ)湿度は、毛髪にどんな影響を与えますか?

1.毛髪は、湿度によって伸び縮みする性質があります

そもそも、毛髪には外気の湿度によって伸びたり、縮んだりする性質を持っています。

そのため、湿度が高い雨の日や梅雨の時期は、髪が膨張して広がったり、くせが出やすくなったりします。

反対に、空気が乾燥していると、髪がパサつくといった悩みが出てきます。

2.これらの悩みは、湿度が関係している可能性があります

髪の広がり、くせ毛、トップがぺたんとつぶれてしまうといった悩みは、湿度が高いときに起きやすい髪の悩みです。

反対に、湿度が低い場合には、髪の内部の水分が外に流出してしまい、乾燥してパサついたり、まとまりが悪くなったりしてしまいます。

3.毛髪の傷みがひどいと、湿度の影響を受けやすくなります

人によって、湿度による影響の受けやすさが違います。

なぜなら、髪のダメージ具合によって影響の受け方が異なるからです。

髪のダメージが少ないほど、キューティクルによって水分が保護されているので、湿度による影響を受けにくくなります。

4.湿度の影響を受けにくくするには、健康な髪を育てましょう

キューティクルが整っていれば、湿度の影響を受けにくくなります。

根本的に湿度による髪の悩みを解決するためには、キューティクルの整った、健康な髪を育てましょう。

そのためには、育毛環境を整えること、髪のダメージを防ぐことの2つが大切です。