毛髪にダメージを与えないための適正温度はあります


これは、使用する機器によって違いがあります。

カール用のヘアアイロンなら140度以下、ストレートアイロンなら170度以下といわれています。

髪にこうした適正温度があるのは、髪の毛の成分がタンパク質だからです。

タンパク質である肉や魚に高温を加えると、焼き色がついたり焦げたりすることは理解できると思いますが、髪の毛も高温にさらされると、髪のタンパク質が変化して、最悪の場合には焦げてしまうのです。

毎日のおしゃれに欠かせないから、きれいにしたいから、とヘアアイロンやコテを使い続けるのはよいのですが、使用温度や使用方法を理解して正しく使用しないと、髪が傷んでしまいぱさぱさになってしまったり、枝毛や切れ毛ができたりすることになります。

髪の傷む理由は、高温によって髪の内部の水分が蒸発し乾燥してしまうこと、ほかには必要以上の力で髪の毛をプレスしてしまっていることなどが考えられます。

髪の毛のタンパク質は、高温によって一度変質してしまうと、二度と元に戻ることはないので、十分注意してダメージを与えないように気をつけましょう。

ヘアケア製品を塗布してからの使用で髪を守りましょう

ヘアアイロンやコテの熱から髪の毛を守る方法にお勧めなのが、洗い流さないタイプのヘアトリートメントやヘアミルクなどです。

塗布することで髪の表面をコーティングするため、髪の内部の水分を乾燥させることなく、痛みを抑えることができます。

毛質や毛量などに個人差があるため、それぞれ使用感も違うので、自分の髪質に合ったヘアケア製品を選びましょう。

気をつけなければいけないのは、髪が濡れている状態のままでヘアアイロンやコテを使用しないことです。

濡れている髪はキューティクルが開いていてとても傷みやすくなっています。

必ず乾いている髪にヘアケア成否品でコーティングしてから、スタイリングしましょう。

それだけだとうまく形がつられない方は、その上からスタイリング剤を塗布します。

ヘアアイロン専用、コテ用などと今はさまざまな商品が販売されています。

コテやヘアアイロンを正しく使って傷み防止


ヘアアイロンやコテは使用方法によって、スタイリングや髪の傷み方にかなり差が出ます。

初心者の人は特に注意が必要です。

それぞれの毛髪が傷みにくい使用方法をご紹介しますので参考にしてください。

ヘアアイロンやコテを使用する前には、必ず髪の毛をとかしてきれいに整えておきます。

ヘアアイロンを使用するときには、最初は低めの温度に設定しましょう。

適正温度はストレートアイロンなら170度以下、道具は髪に摩擦の少ないものを使用しましょう。

髪をはさんで滑らせるように根元から毛先にかけます。

頭の下の部分から始め、徐々に表面の髪に進みます。

低い設定温度にして何度もかけるのはNGです。

また、カールアイロンやコテなら設定温度は140度以下です。

いったん髪の根元の方をはさんでから毛先に滑らせ巻いていきます。

巻いたカールを数秒間掌にのせ冷ますことで崩れにくいきれいなカールができます。

すべてスタイリングし終わったら、最後にヘアオイルやヘアスプレーなどを使用し、ケアも忘れないようにしましょう

ドライヤーは冷風を上手に使いましょう

ドライヤーを主に使用している人も、正しい方法でブローすることで髪を傷みにくく、きれいにスタイリングすることができます。

髪を洗って濡れている状態なら、なるべく早くタオルドライしてからヘアトリートメントなどのヘアケア剤を塗布し、根元から乾かしていきます。

全体に8~9割乾いたらOKです。スタイリングをする場合には、ブロー用のヘアケア剤やスタイリング剤を塗布してから行います。

くるくるドライヤーと呼ばれることの多いカールドライヤーは、スタイリング用です。

ヘアアイロンの使用時とは違い、髪をブローローションなどで濡らしてから使います。

髪の内側から外側に、根元から毛先にかけていきますが、カールをつたいときには、冷風にして固定します。

髪は冷えるときに形が決まります。

温風と冷風を効率よく使い分けることで傷みにくく、艶のあるヘアスタイルになります。

(まとめ)毛髪が傷まないための適正温度ってあるの?

1. 毛髪にダメージを与えないための適正温度はあります

これは、使用する機器によって違いがあります。

カール用のヘアアイロンなら140度以下、ストレートアイロンなら170度以下といわれています。

髪にこうした適正温度があるのは、髪の毛の成分がタンパク質だからです。

2. ヘアケア製品を塗布してからの使用で髪を守りましょう

ヘアアイロンやコテの熱から髪の毛を守る方法にお勧めなのが、洗い流さないタイプのヘアトリートメントやヘアミルクです。

塗布することで髪の表面をコーティングし、髪の内部の水分を乾燥させることなく、痛みを抑えることができます。

3. コテやヘアアイロンを正しく使って傷み防止

ヘアアイロンやコテは使用方法によって、スタイリングや髪の傷み方にかなり差が出ます。

使用する前には、髪の毛をとかしきれいに整えてから行います。

スタイリング後はヘアオイルやヘアスプレーなどでケアも忘れないようにしましょう。

4. ドライヤーは冷風を上手に使いましょう

スタイリングをする場合には、ブロー用のヘアケア剤やスタイリング剤を塗布してから行います。

髪は冷えるときに形が決まります。

温風と冷風を効率よく使い分けることで傷みにくく、艶のあるヘアスタイルになります。