十分な水分量の頭皮が健康な毛髪を育てます


頭皮は肌と同じように乾燥するとあらゆる機能が低下してしまい、健康で美しい髪も育ちにくくなってしまいます。

そのことから頭皮も他の部位の皮膚や毛髪のように、十分な水分量を保っていることが必要です。

健康な頭皮であれば健やかな毛髪が育つと期待できます。

環境や生活習慣が頭皮の乾燥を引き起こします

日頃ヘアケアに気を遣っているつもりでも、環境や生活習慣により頭皮の乾燥を引き起こしていることがあります。

次のような要因がないかチェックしてみましょう。

紫外線に当たる時間が長い

紫外線は日焼けの原因になる美容の大敵の他にも、頭皮にとっても避けておきたいものです。

紫外線を短い時間でも当たっていると、肌は細胞を守るために肌の表面の角質を厚くしてしまいます。

それにより肌の内部でバリア機能の低下が起こり、水分が逃げやすくなって乾燥が進んでしまうのです。

エアコンの効いた環境に長時間いる

オフィスで仕事をしている人などの場合、一年中エアコンを効かせて室温は一定に保たれていることでしょう。

その場合、暑さや寒さで辛い思いをしなくて良いですが肌はとても乾燥しやすくなっています。

肌が乾燥しやすいのなら頭皮も同じように乾燥しやすくなるため、エアコンのかかった部屋にずっといれば頭皮の乾燥も進みやすくなってしまうのです。

洗浄成分の強すぎるヘアケア製品を使っている

しっかりと汚れを落としたいからと洗浄成分の強いシャンプーを使っている方もいるでしょう
しかし、余分な皮脂や汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮のバリア機能を低下させてしまうため、乾燥し健康な頭皮環境を損なうことになってしまいます。

強いストレスに継続してさらされている

外部からの刺激に対して頭皮が自らを守ろうと角質を厚くする働きがありますが、強いストレスにずっとさらされ続けていると体が攻撃を受けていると感じたために頭皮環境が悪くなることもあります。

水分が不足すると薄毛を引き起こすことがあります


頭皮の水分量が下がると肌が本来持っている天然保湿因子やセラミドなどのバリア機能を低下させることになります。

バリア機能は肌の水分を保つ保湿力に関わる機能であることから、その力が下がれば頭皮環境は悪くなるといえるでしょう。

そして頭皮環境が悪くなると、余分な皮脂分泌や血行不良などにより栄養不足にもなりやすく、そのために毛髪を育てる頭皮の働きも落ちてしまって薄毛を招く可能性が出てきます。

また、水分量が少なくなった頭皮は皮膚がはがれやすくなって痒みが起こり、強くかいてしまうと頭皮が傷ついて発毛や毛髪の成長に影響が出る可能性があるのです。

自分の頭皮タイプに合わせたヘアケア製品を使いましょう

頭皮の乾燥を防ぎ水分量を上手に保つためには、日頃のヘアケアの仕方を見直してみましょう。

普段使っているシャンプーなどのヘアケア製品は、自分の頭皮の肌質に合っているでしょうか。

もし肌に合わないものを選んで使っていると頭皮の乾燥を招きやすくなってしまうため、どのような特徴があるかチェックして選びましょう。

髪にパサつきがあり頭皮も乾燥しているようであれば、頭皮を保湿しながらしっとり洗い上げるシャンプーを選び、さらに頭皮を保湿する働きのあるトリートメントを選んでケアすると良いです。

頭皮の保湿に気を配るのなら、洗い流さないタイプのトリートメントもプラスすると一層しっかりとした頭皮ケアになるでしょう。

頭皮がしっかりと保湿され水分量を保つことができれば、健やかで美しい髪になることも期待できます。

(まとめ)頭皮の水分量が少ないと健康な毛髪が育たない?

1.十分な水分量の頭皮が健康な毛髪を育てます

頭皮も顔の皮膚の一部なので、乾燥してしまうと本来持っている機能が低下し健康な毛髪も育ちにくくなります。

そのため、頭皮の水分量を保つことは、健やかで美しい髪を育てるためには欠かせないといえます。

2.環境や生活習慣が頭皮の乾燥を引き起こします

頭皮が乾燥によって水分量の下がる原因には、いくつかあります。

紫外線に長時間当たる・エアコンの効いたヘアにいることが多い・洗浄力の強いヘアケア製品を使っているために洗いすぎているなどです。

3.水分が不足すると薄毛を引き起こすことがあります

頭皮の水分が不足すると肌が本来持っているバリア機能が低下するため、余分な皮脂分泌や血行不良が起こり毛髪の生育を悪くする可能性があります。

また、頭皮の乾燥による痒みで強くかいてしまうと頭皮を傷つけ、毛根などに影響を及ぼすこともあるのです。

4.自分の頭皮タイプに合わせたヘアケア製品を使いましょう

普段使うヘアケア製品を肌に合わない物を使っていると頭皮の乾燥を招く恐れがあるので、肌のタイプに合った物を使いましょう。

例えば頭皮と髪の乾燥が気になるようなら、保湿をしながらしっとり洗い上げるタイプのシャンプーやトリートメントを選びます。