毛髪の主成分であるたんぱく質やその合成や代謝に関わる成分が必要です


毛髪の主成分は、肌とほぼ同じケラチンというたんぱく質でできています。

ケラチンとはシスチンやグルタミン酸、ロイシンなど18種類のアミノ酸から作られているたんぱく質で、毛髪の約90%以上を占めているといわれています。

この髪の材料であるケラチンを合成するためには、たんぱく質だけではなく様々な栄養素が必要になります。

毛髪の主成分のケラチンには多くのアミノ酸が必要です

私たちが食べた物の栄養素や酸素が頭皮にある毛母細胞に届けられ、それを材料にして毛髪は作られます。

毛髪の主成分であるケラチンは、次の18種類のアミノ酸から作られています。

  • シスチン
  • グルタミン酸
  • ロイシン
  • アルギニン
  • セリン
  • スレオニン
  • アルパラギン酸
  • グリシン
  • バリン
  • アラニン
  • フェニルアラニン
  • イソロイシン
  • チロシン
  • リジン
  • ヒスチジン
  • メチオニン
  • トリプトファン
  • ヒドロキシプリン

なかでも、毛髪に多く含まれているのはシスチンで、このシスチンが多い毛髪ほど太く丈夫な毛髪になります。

そのため、シスチンは髪の栄養には欠かせないアミノ酸です。

シスチンは毛髪に含まれるメチオニンからも合成されますが、メチオニンは体内では作ることができないアミノ酸であるため、食事など外部から摂取する必要があります。

たんぱく質以外のビタミンやミネラルをバランス良く摂りましょう


毛髪を作るのに必要な成分は主成分であるたんぱく質ですが、ケラチンを作るためにはたんぱく質だけを摂れば良いというわけではなく、たんぱく質の合成や代謝に関わる他の栄養素も必要になります。

健康な毛髪を作るために必要な栄養素を紹介していきます。

亜鉛

食事から摂ったたんぱく質は一度アミノ酸に分解され、そこから毛髪を作るために再び合成されていきます。

この再合成する際に必要になる栄養素が亜鉛という栄養素です。

また、亜鉛は抜け毛の原因になるといわれる酵素を抑制する働きや、様々な酵素の合成などに関わっている重要な栄養素になります。

亜鉛を含む食べ物は、牡蠣、豚肉、卵などです。

ビタミンB群

ビタミンB群は主要ビタミンの総称で8種類あり、細胞の生成を活性化させ寿命を延ばす働きがあるといわれています。

なかでもビタミンB6はケラチンを作る際に働く亜鉛をサポートする働きがあるため、毛髪の生成に大きく関わっている栄養素です。

ビタミンBはそれぞれに様々な働きを持ち、ビタミンB群を一緒に摂るとそれぞれの働きを強めることができるといわれています。

ビタミンB群を含む食べ物は、レバー、大豆、玄米、マグロ、カツオ、イワシ、緑黄色野菜などです。

ビタミンA、C、E

ビタミンAは細胞分裂を活発にする働きがあります。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促したり、血行を促進させたりする働きがあり、血管のアンチエイジングに効果的です。

ビタミンCを使用した薄毛治療もあるほど、ビタミンCは薄毛対策に効果的な栄養素の1つです。

また、ビタミンEは抗酸化作用も強く、毛細血管を拡張する作用があるため、血液を頭皮に運びやすくなります。

ビタミンAは、レバーやチーズ、卵、にんじん、ほうれん草などに含まれており、ビタミンCは、ピーマンやキウイ、いちご、ブロッコリーなどに含まれています。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする効果があるといわれているので、毛髪の生成に必要な酸素や栄養素を頭皮や毛母細胞に届けやすくすることが期待できます。

オメガ3脂肪酸を含む食べ物は、さばやイワシ、サンマなどの青魚、アマニ油などです。

毛髪に必要な成分は十分に摂ることが大切です

毛髪の材料となる栄養素や生成に関わる栄養素を摂るのは、頭皮環境を改善し育毛を促すには効果的です。

しかし、髪の材料となるたんぱく質は毛髪だけではなく、血液や筋肉、皮膚、内臓など様々な体の部位を構成しています。

人間の体は生命を維持するため、栄養素は血液や内臓、筋肉など命に関わる部分から優先的に使われます。

毛髪は命に直接関係しないため、毛髪の生成は後回しにされてしまうので、必要な栄養素が足りていないと、髪の生成は後回しになり上手く行われなくなってしまいます。

そのため、たんぱく質や亜鉛などのミネラルやビタミンは、十分に摂るようにしましょう。

もし食事で十分な量を摂ることができない場合は、サプリメントなどで摂取するのもおすすめです。

(まとめ)育毛を促すには毛髪にどんな成分が必要なの?

1.毛髪の主成分であるたんぱく質やその合成や代謝に関わる成分が必要です

毛髪の主成分であるケラチンを合成するためにはたんぱく質だけではなく、その合成や代謝に関わる様々なビタミンやミネラルなどの栄養素が必要になります。

毛髪に必要な栄養素をバランス良く摂取して、育毛を促進させていきましょう。

2.毛髪の主成分のケラチンには多くのアミノ酸が必要です

毛髪の主成分であるケラチンにはシスチンが多く含まれ、シスチンが多いほど毛髪は丈夫になるといわれています。

シスチンの材料でもあるメチオニンは体内では合成できない必須アミノ酸なので、積極的に食事などから摂ることを心がけましょう。

3.たんぱく質以外のビタミンやミネラルをバランス良く摂りましょう

毛髪の生成に必要な栄養素は主成分のたんぱく質や、合成に関与しているものや血行を促す働きのある栄養素が有効です。

しかしそれらだけを摂ればいいというものではなく、バランス良く摂ることが大切です。

4.毛髪に必要な成分は十分に摂ることが大切です

毛髪に必要な栄養素は十分に摂らないと、育毛を促進できないことがあります。

日頃から積極的に、たんぱく質や亜鉛、ビタミンなどを摂るようにしましょう。

それでも効果がない場合は、育毛剤などで直接頭皮や毛髪に栄養を与えましょう。