寝る時間を睡眠のゴールデンタイムに合わせると発毛に良い影響をもたらすといわれています


睡眠をしっかり取ることは、髪の毛の成長に大きな影響をもたらすとされています。

特に、午後10時から午前2時までの4時間は、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間帯に睡眠を取ると、成長ホルモンの分泌が最大限にまで増え、毛髪を作り出す毛母細胞の細胞分裂が活発化するため、毛髪が育ちやすい環境が整うのです。

寝る時間と睡眠の質が発毛しやすい頭皮環境を作ります

成長ホルモンは、頭皮の新陳代謝や毛母細胞の細胞分裂を活発化させます。

そのため、成長ホルモンの分泌が最も盛んな時間帯に睡眠を取ることは、発毛しやすい環境を整えるためには必要不可欠だといえるでしょう。

ただ、睡眠時間をゴールデンタイムに合わせたとしても、それだけでは不十分です。

もう1つ大事なのは、睡眠の質になります。

ゴールデンタイムに布団に入っていても、寝つきが悪かったり眠りが浅かったりすると成長ホルモンは十分に分泌されません。

睡眠にはサイクルがあり、脳と体を休息させる深い眠りのノンレム睡眠と、体のみを休ませる浅い眠りのレム睡眠が、一般的に80分から110分位の周期で交互に繰り返されています。

ノンレム睡眠が眠り始めに訪れた後、レム睡眠に切り替わり再度ノンレム睡眠が訪れるという感じです。

朝になると、レム睡眠が長く続いて覚醒に向かっていきます。

発毛をしやすい環境を整えるには、成長ホルモンがたくさん分泌され、頭皮の修復や毛母細胞の活動が盛んに行われることが大事です
そのため、睡眠のゴールデンタイム中にノンレム睡眠が現れる時間をいかに長くするかがポイントとなるのです。

寝る時間を確保し睡眠の質を高める環境や食生活が発毛を促進します


発毛効果をより高めるには、午後10時前後から午前2時位までしっかり寝る時間を確保しながら、その時間帯で質の良い睡眠をしっかり取る必要があります。

布団に入ったら自然と眠くなり、寝つくと同時にノンレム睡眠が長く続くように睡眠の環境を整えることがポイントとなります。

寝る前は脳を疲れさせて興奮状態にしないためにも、短時間だけ軽めの小説を読んだり、リラックス効果のある音楽を低音量で流したり、部屋を薄暗くして何も考えないようにして脳を休ませることを意識しましょう。

また、質の良い睡眠を取るには眠りを促すセロトニンという体内物質の分泌を増やすことも効果的です。

セロトロンは、昼間に日光や蛍光灯などの光を体で浴びたり、ウォーキングなどの適度な運動を1日20分程度行ったりすることで分泌が盛んになります。

他にも、トリプトファンというセロトニンを作り出す成分を含む、アーモンドやゴマなどのナッツ類ビタミンB6を含むマグロや牛レバーがおすすめです。

サプリメントもあるため、忙しい人は活用すると手軽に摂取できます。

発毛を妨げないために寝る時間を守りつつ食事の時間や内容に注意しましょう

睡眠のゴールデンタイムにしっかり寝ていても、寝る前に取る食事の内容や時間帯などにより、発毛や育毛の効果が半減してしまうこともあるので注意が必要です。

まず、食事を取ってからすぐに寝てしまうのはNGです。

睡眠中の成長ホルモンは、体の筋肉や臓器などを活発に機能させるためにも使われます。

そのため、胃の中に未消化の食べ物がある状態で寝ると、せっかく分泌された成長ホルモンが、消化活動にほぼ使われてしまうので、毛髪の成長へは少ししか活用されなくなってしまうからです。

さらに、睡眠中に胃腸が消化活動で活発に動いていると、深い睡眠が得られないので成長ホルモンの分泌も妨げられ、本来より分泌量が減ってしまいます。

食事は睡眠の3時間前までに終えておきましょう。

また、夕食抜きで寝てしまうのも、毛髪の成長に必要な栄養素が確保できないためいくら成長ホルモンが分泌されても、発毛や育毛効果は薄れてしまうことになります。

そして、コーヒーや紅茶などのカフェインを含むものを睡眠前に飲むと、寝つきが悪くなったり、眠り自体も浅くなったりして成長ホルモンの分泌を妨げることになります。

カフェインは摂取してから体外に排出されるまで5時間位要するので、どうしても飲みたい時は、寝る時間の5時間以上前に飲んでおきましょう。

(まとめ)発毛と寝る時間にはどのような関係があるの?

1.寝る時間を睡眠のゴールデンタイムに合わせると発毛に良い影響をもたらすといわれています

発毛に効果的な寝る時間帯は、午後10時から午前2時までの時間だとされています。

毛母細胞を活性化し、毛髪の成長を促す成長ホルモンの分泌量が最も多くなる時間帯だからです。

2.寝る時間と睡眠の質が発毛しやすい頭皮環境を作ります

寝る時間をゴールデンタイムに合わせるだけでは発毛には不十分であり、睡眠の質も重要になってきます。

深く眠ることで、成長ホルモンの分泌量を最大限にまで増やすことができるからです。

3.寝る時間を確保し睡眠の質を高める環境や食生活が発毛を促進します

質の良い睡眠を得るには、寝る前の行動や眠る環境がポイントとなります。

睡眠を促す働きがあるセロトニンの分泌量を増やすには、食事や適度な運動、光を浴びることが大事です。

4.発毛を妨げないために寝る時間を守りつつ食事の時間や内容に注意しましょう

成長ホルモンの分泌を最大限にするのであれば、夕食を抜いたり、食べてすぐ寝たりするのはやめましょう。

また、カフェイン入りの飲み物も眠りを妨げるので、寝る前は控えることをおすすめします。