テストステロンが増えると発毛に重要なホルモンバランスの乱れにつながります


男性ホルモンのテストステロンが抜け毛などの原因といわれることもありますが、実際にはテストステロンが変化した悪玉ジヒドロステロンが悪さをしていると考えられています。

テストステロン自体は、髪の成長を促して太くするとされています。

それに対して女性ホルモンは生え変わりのサイクルを整え、長くするものです。

女性ホルモンの分泌量が減ると、男性ホルモンの影響が強くなります。

男性ホルモンの影響が強いと髪の生え変わりサイクルが早くなり、抜け毛が増えるといわれているのです。

テストステロンは発毛にとって悪者ではありません

テストステロンというのは男性ホルモンの一種です。

これが増えると抜け毛の原因になるといわれていますが、実際に悪さをするのはジヒドロステストテロンという悪玉男性ホルモンです。

ジヒドロテストテロンは、毛母細胞にある5αリダクターゼという酵素とテストステロンが反応して作られるといわれています。

テストステロンがジヒドロステロンに変わるので、テストステロンも悪者のように思われがちです。

実際は、ジヒドロステロンが髪の成長を阻害して薄毛につながるといわれています。

さらに、ジヒドロステロンはテストステロンの不足によって作られやすくなるといわれています。

そのため、テストステロン自体は悪いものではないのです。

また、テストステロン自体には毛根を強くし、髪の毛の成長を促す作用があるといわれています。

女性ホルモンは反対に髪の毛の成長を抑えることで、生え変わりの周期を長くしているとされます。

男性のほうが女性より髪の毛が太く短い傾向にあるのは、男性ホルモンの影響で髪の毛が太く、生え変わりの周期が早いためです。

女性でも男性ホルモンの影響はあります


男性ホルモンであるテストステロンは、女性にとって関係ないと思うかもしれません。

名前に男性と入っていますが、女性の体内でもテストステロンは分泌されています。

男性と女性における違いは、その分泌量の違いです。

女性の場合は男性よりもテストステロンの分泌量が少なく、反対に女性ホルモンの分泌が多いといわれています。

女性ホルモンは、健康な髪の毛の成長を促す効果があるといわれます。

しかし、ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌量が減少すると、男性ホルモンの影響が出やすくなってくるのです。

女性ホルモンのバランスは、ストレスが原因で乱れることもありますが、一般的に40代以降になると減り始めます。

これは、閉経に合わせて女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が一気に減るためです。

40代あたりから薄毛が気になり始める女性もいるでしょう。

加齢に伴うところもありますが、ホルモンバランスが変わることも原因と考えられます。

女性の男性型脱毛症という症状があります

男性がジヒドロステロンによって引き起こされる脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

これと区別するため、女性のAGAはFAGAと呼ばれるのが一般的です。

男性の場合は頭頂部や生え際などから脱毛が進む傾向にありますが、女性の場合はこの特徴が出ず、全体的に髪の毛が薄くなるということも珍しくありません。

女性の場合もジヒドロステロンの影響を受けますが、どちらかというと髪の毛が細く全体的に薄くなる傾向があります。

もちろん生え際などから抜け毛が進むこともあり得ます。

対策としてはテストステロン自体を減らすことよりも、ホルモンバランスを整える、減少した女性ホルモンの働きを補うということが大切です。

女性ホルモンは年齢によっても減りますが、ストレスが原因でも減るといわれています。

発毛を行っている時喫煙を控えることをおすすめします。

(まとめ)テストステロンは発毛にどんな影響がある?

1.テストステロンが増えると発毛に重要なホルモンバランスの乱れにつながります

テストステロンがいけないものなのではなく、大切なのは女性ホルモンとのバランスです。

ホルモンバランスが乱れることで、男性ホルモンの影響が強くなるのが女性の発毛にとって良くない影響を与えているとされます。

2.テストステロンは発毛にとって悪者ではありません

薄毛の原因を作るといわれているのは、テストステロンが変化したジヒドロステロンです。

ジヒドロステロンはテストステロンが不足すると増えると考えられているので、テストステロンはむしろ必要なものだと考えることができます。

3.女性でも男性ホルモンの影響はあります

薄毛の原因といわれている悪玉男性ホルモンは、女性だから関係ないかというとそんなことはありません。

分泌量は少なくても男性ホルモンは、女性の体内でも作られています。

その影響は、女性ホルモンの分泌量が減ることで現れやすくなるとされます。

4.女性の男性型脱毛症という症状があります

女性の男性型脱毛症は、FAGAと呼ばれています。

男性と比べて、髪の毛全体が薄くなりやすい傾向にあります。

テストステロンを減らすのではなく、女性ホルモンを増やしてバランスを良くするのが大切です。