女性の発毛は40代からが大切になります


女性の薄毛が起こる原因の1つとして、女性ホルモンバランスが乱れることが考えられています。

女性ホルモンエストロゲンが健康な髪を作るのに働きかけているのですが、40代以降になるとその分泌量が減ってしまうからです。

40代以降は髪の毛が抜けやすくなるタイミングなので、そこからしっかりと対策を採っておくことが発毛のために大切と考えられます。

女性の薄毛の大きな要因はエストロゲン分泌量の低下です

40代の女性が薄毛に悩まされる原因の1つが、女性ホルモンエストロゲンの分泌量が減少することにあります。エストロゲンは女性らしさを作るのに重要とされるホルモンで、健康な髪の毛の成長を促すために必要です。

生え変わりのサイクルを整えることで、髪が抜けるまでのサイクルを長くしていると考えられています。発毛のことを考えると、エストロゲンの分泌をしっかりと促すことが大切といえるでしょう。

しかしエストロゲンの分泌量は、20代後半がピークで30代前半までが理想のバランスといわれています。

その後はエストロゲンの分泌量が減少していき、閉経に伴い急激に減ってしまうといわれています。これが、40代あたりから薄毛が気になる人が増える理由です。

体内で作られる女性ホルモンの分泌量を意識的に調整することは難しいですが、発毛対策ができないわけではありません。

髪の毛が抜けやすくなる時期だからこそ、自分でできる対策を行うことで抜け毛を予防して、豊かな髪の毛をキープすることができるでしょう。

男性ホルモンへの対策も知っておきましょう


女性ホルモンの分泌量が減ることで、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

とくに脱毛に関しては、男性ホルモンテストステロンが変化した悪玉男性ホルモンジヒドロステロンが悪影響を及ぼすとされます。

ジヒドロステロンは髪の成長を阻害してしまう男性型脱毛症の原因です。

女性ホルモンがしっかりと分泌されているうちはこの影響を受けにくいですが、40代前後になり分泌量が減少してくると影響を受けて髪の毛が細くなったり抜けたりしやすくなると考えられています。

これを防ぐために効果的だといわれているのが、亜鉛や大豆イソフラボンの摂取です。大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしてくれるといわれているものです。

そのため女性の男性型脱毛症予防にも効果があるとされます。また亜鉛やイソフラボンにはテストステロンをジヒドロステロンに変える酵素の抑制効果もあるといわれています。

大豆イソフラボンは、大豆や大豆製品に多く含まれる栄養素です。亜鉛は、生牡蠣やしじみ、レバーや牛肉に豊富に含まれています。

さらに亜鉛は髪の毛の材料となるケラセチンというたんぱく質の合成にも必要といわれているので、発毛のためには積極的に取り入れたいところです。

頭皮環境を健康に保つ対策も大切です

髪の毛が抜けやすくなる40代は、頭皮環境を健康に保つための対策も大切です。頭皮は敏感なので、自分が思っている以上にダメージを受けている可能性があります。

髪のセットやカラーリング、パーマなどを行う女性も多いと思いますが、これが頭皮にとって良くない刺激になっていることも考えられます。

とくにパーマやカラーリングに使う薬剤は、刺激が強いものも少なくありません。なるべくパーマやカラーリングは控える、刺激の少ない薬剤を使っている美容院を選ぶなどの対策を行いましょう。

40代以降、白髪も気になる人もいると思いますが、薄毛に悩んでいる状態で白髪染めを行うのは注意が必要です。どうしても白髪が気になる場合、なるべく頭皮や髪を傷めないように行ってください。

また頭皮や髪の毛を清潔に保つことも大切です。毛穴に汚れや皮脂が詰まることで髪が抜けやすくなるからです。

髪の毛をスタイリングした時はきちんとスタイリング剤を落としましょう。反対に、汚れを落とそうと強くこすると頭皮を傷つけてしまいますし、皮脂の摂り過ぎによる乾燥も頭皮に良くありません。

40代以降に限らず、若いうちから頭皮が受けたダメージが後々の薄毛につながることも考えられます。髪の健康を考えるなら、なるべく早いうちから頭皮のダメージを減らすことが大切です。

(まとめ)女性は40代からでも発毛はできるの?

1.女性の発毛は40代からが大切になります

40代前後、女性ホルモンバランスが乱れやすくなることで抜け毛が起きやすくなるといわれています。

女性の発毛対策は、髪の毛が抜けやすくなるこの時期にしっかりと行うことが勝負といえるでしょう。

2.女性の薄毛の大きな要因はエストロゲン分泌量の低下です

女性の薄毛は、女性ホルモンエストロゲンの分泌量減少が大きな要因とされます。

髪の毛を健康に成長させるのに欠かせないのがエストロゲンだからです。とくに40代以降減少しやすいので、その時期にしっかりと対策することが大切です。

3.男性ホルモンへの対策も知っておきましょう

女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの影響を受けやすくなり、脱毛症となる可能性があります。

女性ホルモンの働きを補うもの、男性ホルモンの働きを抑制する栄養素などを摂ることで予防対策をしていきましょう。

4.頭皮環境を健康に保つ対策も大切です

髪の毛が抜けやすくなる40代前後は、頭皮環境を健康に保つことも心がけましょう。

なるべく頭皮の負担となるカラーリングなどを控える、正しくシャンプーして清潔に保つことなどで脱毛や薄毛を予防することが発毛対策にもつながります。