女性用の育毛剤には発毛に効果的な多くの有効成分が含まれています


育毛剤というと男性のものというイメージが強いですが、女性用の育毛剤も増えてきています。

そこに配合されている有効成分は様々で、女性の薄毛ならではの悩みにアプローチするものもあります。せっかくの有効成分の効果を実感するためには、即効性を期待するのではなく、じっくりと継続して使うことも大切です。

医薬部外品や薬用育毛剤がおすすめです

育毛剤は配合されている有効成分によって、分類が異なります。

薬事法によって定められているもので、主に医薬品や医薬部外品または薬用、化粧品といった区分になり商品に表示されています。育毛剤として効果があるのは医薬品、医薬部外品または薬用、化粧品ということになります。

医薬品

しっかりとした効果や効能が認められた成分を含むものが医薬品です。

さらにドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品、医師の処方箋が必要な医療用医薬品に分けられています。医薬品は効果が高いですが、その反面で副作用が起きやすいというデメリットもあります。

医薬部外品

症状の予防に効果があるものとして、厚生労働省が指定している成分を含むものが医薬部外品です。

薬用育毛剤も医薬部外品に分類されるものです。医薬品より効果は穏やかで、副作用の危険性も少なくなります。

化粧品

化粧品は効果がさらに穏やかで、効果・効能を明記することが禁止されています。

医薬品と銘打っているものは、医師の診断が必要であったり副作用の可能性があったりするため、手軽に購入することができません。

化粧品の場合は効果が認められた有用成分を含まないので、発毛や育毛効果が弱いです。こういったことから購入しやすく効果も期待できる医薬部外品や薬用の育毛剤がおすすめといえます。

女性用育毛剤の有効成分には消炎作用や血行促進に関するものなどがあります


どのような有効成分が含まれている育毛剤を選べばいいかを考えていきましょう。下記であげたものは一部で、ほかにもさまざまな有効成分が市販の育毛剤には配合されています。

消炎作用のある有効成分

頭皮環境を健康に保つために、炎症を抑える働きのある成分が配合されているものがあります。消炎作用のある有効成分としては、グリチルリチン酸2Kが有名です。

優れた抗炎症作用や殺菌作用があり、頭皮環境改善が期待できます。ちなみにグリチルリチン酸2Kはニキビケアにも用いられている有効成分です。

血行促進作用がある有効成分

頭皮の血行を良くすることも、発毛や育毛には大切といわれています。そのため血行促進作用がある有効成分もおすすめです。

ビタミンE誘導体である酢酸DL‐α‐トコフェロールや、タマサキツヅラフジアルカロイドなど、血行促進作用があるとされる有効成分はいくつかあります。

イソフラボンで発毛をサポート

イソフラボンは、発毛や育毛に良いといわれる女性ホルモンと似た働きを持つといわれる成分です。

女性の薄毛の原因は女性ホルモン減少が関係しているので、その働きのカバーが期待されます。

保湿成分

頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が弱まり、外部からの刺激を受けやすくなります。

痒みやフケの原因となり、頭皮環境を悪くする可能性があるため保湿成分を補ってやれるものがおすすめです。

有効成分を含む育毛剤は継続して使用することが大切です

発毛のために育毛剤を使用したからといって、すぐにその効果が出るわけではありません。

育毛剤の有効成分が頭皮の血行促進や頭皮環境を整えたり、毛根にある毛母細胞を活性化させたりしていきます。それにより発毛しやすい環境を作っていくのです。

髪の毛は急激には伸びないので、使い始めてすぐはあまり効果を感じられないのが普通です。しっかりと使い続けることでその効果が出始めるといわれていて、短くても半年程使用して効果があるかを判断するようにしましょう。

すぐに使うのをやめてしまっては、せっかく出始めた効果が台無しになってしまうかもしれません。もちろん頭皮に合わず、炎症や痒みなどの異常が出た場合は使用を中止してください。

育毛剤は商品の使用方法を参考に正しい使い方で根気よく使っていきましょう。

(まとめ)女性の発毛に効果的な有効成分は?

1.女性用の育毛剤には発毛に効果的な多くの有効成分が含まれています

男性用の育毛剤だけでなく、女性用に作られた育毛剤があります。

女性用育毛剤にはさまざまな有効成分が配合されており、薄毛の悩みへのアプローチも期待できます。

2.医薬部外品や薬用育毛剤がおすすめです

育毛剤は、医薬品・医薬部外品・化粧品という分類に分けることができます。

このなかでおすすめなのは、厚生労働省が認めた有効成分を配合していて効果も期待でき、購入しやすい医薬部外品の育毛剤です。

3.女性用育毛剤の有効成分には消炎作用や血行促進に関するものなどがあります

育毛に効果が期待できる有効成分にはさまざまなものがあります。

消炎作用や保湿作用のあるもので頭皮環境を整えたり、不足した女性ホルモンの働きを補ったりできる育毛剤が女性の発毛への効果が期待できるでしょう。

4.有効成分を含む育毛剤は継続して使用することが大切です

すぐに効果が出ないからと使用をやめず、育毛剤は継続して使用するようにしましょう。

有効成分が含まれている育毛剤でも即効性はありませんので、半年くらいは根気よく使って効果の有無を判断するとよいでしょう。