切れ毛だけでなく、健康な髪が育っていない可能性があります


頭のてっぺんから生える、ツンツンとした短い髪は、意外と気になるもの。

せっかくきれいにスタイリングをしても、はねた毛が目立って残念な感じになってしまいます。

もちろん、毛髪は成長し、抜け落ち、また生えるという「ヘアサイクル(毛周期)」があるので、生え始めの毛だから短いと考えることができます。

しかしさまざまな理由でダメージを受けたため、切れてしまい、短くなっている可能性も否定できません。

切れ毛は、水分や栄養が届きにくい、長い髪の毛先に起こるイメージがあるかもしれませんが、頭頂部や前髪でも起こります。

強い髪は少し引っ張ってもすぐに切れることはありませんが、弱った髪は少し力がかかるだけで切れてしまい、切れ毛になってしまいます。

また切れ毛だと思っていた短い毛髪は、実は切れたのではなく、頭皮環境の悪化などによってヘアサイクルが乱れ、太く長く成長できなかった毛髪なのかもしれません。

そのまま放置していると、抜け毛や薄毛に進行し、さらに深刻な状態に陥ることもあります。毛髪が短くなった原因を取り除き、手遅れになる前に適切なケアを行い、美しく健やかな髪に育てましょう。

頭頂部の切れ毛の原因を知りましょう

キューティクルの損傷

毛髪は3つの層からなっており、一番外側にある「キューティクル(毛小皮・毛表皮)」は、その内側にある「コルテックス(毛皮質)」のタンパク質や水分が失われないように、外部の刺激から守ります。

しかし熱や摩擦、紫外線などのダメージを受けると、開いたり、はがれたりしてしまい、もろくなります。とくに頭頂部はほかの部分より紫外線の影響を受けやすいので、注意が必要です。

栄養不足

タンパク質は髪の主成分であり、健康な髪を育てるために、大切な役割を担っています。またそれだけでなく、さまざまな栄養素が髪の成長には欠かせません。

しかしムリなダイエットや偏った食生活を送ることで栄養が不足すると、まず体の中で優先順位が高い方に栄養が届けられるため、髪や頭皮に栄養が回らなくなってしまいます。

すると細くてもろい髪しか育たず、切れやすくなってしまいます。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンがバランス良く分泌されることで髪は健やかに成長します。

とくに女性ホルモンの一つである「エストロゲン」は、コラーゲンの生成を促し、髪の毛の成長をサポートします。しかし出産や加齢、ストレスなどにより、エストロゲンが減少することがあります。

女性ホルモンは、頭頂部から耳の辺りまで、影響を与えるといわれているので、頭頂部の髪が切れやすくなるのはエストロゲンの減少が関係している可能性もあります。

頭皮環境の悪化

過度なストレスは自律神経を乱し、血行不良を引き起こします。

すると頭皮まで血液が十分に行き渡らなくなり、髪をつくる毛母細胞へ栄養が届きにくくなります。

また喫煙や、アルコールの過剰摂取・運動不足・睡眠不足によっても、血液の循環が悪くなります。

栄養が届かないことで、髪の成長が阻害され、強く長く伸びることができなくなり、短い毛髪になってしまうことがあります。

外からの強い刺激から髪を守る方法があります


キューティクルは傷つくと、元には戻りません。まずブラッシングの時にはムリに引っ張らないようにしましょう。

キューティクルは濡れている時に開くので、シャンプーの時には力を入れ過ぎないことも重要です。

また濡れたままにするのは禁物ですが、乾かそうとタオルでゴシゴシこすったり、長時間ドライヤーを当てたりすることも避けなければなりません。

このほか、パーマやカラーリングなどの薬剤も髪を傷めるので、切れ毛が気になる時は少し休んで、トリートメントなどでケアすると良いでしょう。

それから強い紫外線を浴びると、毛髪はもろくなって切れやすくなるので、外出時には日焼け防止の効果があるスプレーなどで髪を保護しましょう。

とくに頭頂部は髪だけでなく、頭皮もダメージを受けやすいので、帽子や日傘を利用して、直接、紫外線が当たらないように心がけてください。

体の中からのサポートも大切です

髪の生成には、髪の主成分である「タンパク質」、タンパク質の合成に必要な「亜鉛」、頭皮環境を整えて髪の成長を促す「ビタミン」が必要不可欠です。

タンパク質を含む食品(大豆製品・卵・魚介類など)、亜鉛を含む食品(牡蠣・豚レバー・カシューナッツなど)、ビタミンを含む食品(緑黄色野菜・クルミなど)を摂取するようにしましょう。

その中でも、大豆製品はエストロゲンと似た働きをする「イソフラボン」を含むので、減少するエストロゲンを補う手助けもします。

ただし、髪によいからといって、そればかり摂取していては、余った栄養素の働きを考慮しなければならず、逆効果といえることもあるかもしれません。

栄養のバランスを考えた食生活を送りましょう。また血行を良くするために、規則正しい生活を行い、ストレス解消をして、髪と頭皮に栄養を届けることも必要です。

(まとめ)頭頂部の短い毛髪は切れ毛によるものですか?

1. 切れ毛だけでなく、健康な髪が育っていない可能性があります

生え始めの毛だから短いという可能性もありますが、ダメージを受けたため、切れてしまい、短くなっているとも考えられます。

また頭皮環境の悪化などの理由で太く長く成長できなかった毛髪なのかもしれません。

2. 頭頂部の切れ毛の原因を知りましょう

熱や摩擦などのダメージによるキューティクルの損傷、ムリなダイエットや偏った食生活による栄養不足、出産や加齢などによる女性ホルモンの減少、生活習慣の乱れによる頭皮環境の悪化などが、切れ毛を引き起こします。

3. 外からの強い刺激から髪を守る方法があります

ブラッシングやシャンプーなどによる強い摩擦や長時間のドライヤーは避け、パーマなどの薬剤を使ったら、トリートメントでケアしましょう。

日焼け防止スプレー・帽子・日傘で、強い紫外線から髪や頭皮を守りましょう。

4. 体の中からのサポートも大切です

髪の生成には、髪の成長に必要な「タンパク質」・「亜鉛」・「ビタミン」が不可欠です。

栄養のバランスを考え、規則正しい生活を行い、ストレスを解消して、髪と頭皮に栄養を届けるようにすることも必要です。