栄養バランスが摂れた食事を心掛けつつヘアケアをしましょう


髪の毛が、さまざまな原因によって健康に育まれていない状態が続くと、あるときプツッと切れてしまうことがあります。

これが切れ毛と呼ばれる症状です。

切れ毛になった髪は内部がスカスカになっており、髪全体のまとまりを乱す原因となって厄介です。

切れ毛を防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは、バランスの良い食事をしっかり摂って対応することが重要と考えられています。

これは、切れ毛が増える原因の多くが、栄養バランスが偏った食事にあるといわれているからです。

睡眠時間の確保や適度な運動を取り入れて健康を心掛けることも、切れ毛対策としては有効ですので覚えておきましょう。

健康的な体を目指すことは、女性ホルモンの分泌を整えることに繋がり、髪も健康的なものへと変化するといわれています。

また、毎日の髪のお手入れもしっかりしましょう。

切れ毛は、体の内側と外側からのケアを心掛けることで抑えることができます。

髪を乾かすことは髪の健康を守ることです

食事や生活全体を見直すことが切れ毛の一番の対策と考えられますが、一方でヘアケアの方法も見直すことが重要です。

さて、最近、シャンプーをした後にドライヤーを使って髪をしっかり乾かしていますか。

実はシャンプー後の濡れた髪は、髪の内部を守るキューティクルが開ききっていて、非常に無防備で傷つきやすい状態です。

丁寧にしっかりドライヤーで乾かすことによって、キューティクルを正常な状態へ戻すことができると考えられています。

しかし、しっかり乾かさないと髪の表面に傷がつき、その部分から髪が傷んでしまうことを覚えておきましょう。

お風呂上がりのドライヤーは面倒に感じてしまいがちですが、これを機にシャンプー後のドライ方法についても考えてみましょう。

髪に優しい成分配合のシャンプーを使いましょう


ヘアケアの成果を得るまでには、一定の時間が必要といわれています。

切れ毛が目立たなくなり、髪全体がまとまるようになるためには、やはり、日々、髪のために使用しているものを見直すべきではないでしょうか。

皆さんは日頃、どのようなシャンプーを使用していますか。

ドラッグストアなどで安い価格で販売されている「高級アルコール系シャンプー」は洗浄力が強く、必要以上に皮脂を奪ってしまう可能性があるためにダメージケアには向かないとされています。

オススメは、美容院などで使用される「アミノ酸系シャンプー」です。

泡立ちや香りよりも、髪の毛を保護する成分に特化しているシャンプーといわれています。

少し高価なシャンプーですが、日々のお手入れのために検討してみましょう。

潤いを与えるヘアパックやトリートメントも効果的です

切れ毛になってしまった髪に潤いを与える手段として効果的なものといえば、ヘアパックやトリートメントです。

いつも通っている美容院で髪が荒れてしまっていることを相談してみると、最適なヘアケアをして貰えるかもしれません。

でも、自宅でもヘアパックやトリートメントは可能ですから、是非試してみませんか。

方法は簡単です。

まずシャンプーをしてキレイになった髪に、トリートメントを揉み込んで数分置きます。

このとき、ホットタオルで髪の毛と頭全体を包むようにすると、より一層、効果的です。

頭皮が温まってトリートメントの効果がより染み込みやすくなります。

冬の寒い時期は、髪をパックしながら湯船につかるのがリラックスできて良いでしょう。

(まとめ)切れ毛が増えたならどんな対策をすれば良い?

1. 栄養バランスが摂れた食事を心掛けつつヘアケアをしましょう

バランスの良い食事をしっかり摂ることや、睡眠時間の確保、適度な運動を取り入れて健康を心掛けることも、切れ毛対策としては有効です。

また毎日の髪のお手入れもしっかりすることも重要ですので是非覚えておきましょう。

2. 髪を乾かすことは髪の健康を守ることです

シャンプー後の濡れた髪は、髪の内部を守るキューティクルが開ききっていて、非常に無防備で傷つきやすい状態です。

髪を丁寧にドライヤーでしっかり乾かすことによって、ダメージを最小限に止めることに繋がり、髪を守ることになります。

3. 髪に優しい成分配合のシャンプーを使いましょう

切れ毛が目立たず、髪全体がまとまるようになるためには、日々、髪のために使用しているものを見直すことをオススメします。

例えばシャンプーは、美容院などで使用される「アミノ酸系シャンプー」が髪には効果的でしょう。

4. 潤いを与えるヘアパックやトリートメントも効果的です

切れ毛になってしまった髪に潤いを与える手段として有効なものといえば、やはりヘアパックやトリートメントです。

シャンプーをしてキレイになった髪にトリートメントを揉み込んで数分置くことで効果が得られます。