栄養不足と、育児ストレスが重なると髪のトラブルが


赤ちゃんが生まれると、オムツ替えや授乳など慌ただしい毎日が始まります。

忙しい中、ふと気が付くと髪の毛がボロボロになっていて、切れ毛や抜け毛が増えていたというのはよくある話です。

なぜ、産後と、その後の授乳期間中に、髪のトラブルが起こるのでしょうか。

問題を解決するポイントは、女性ホルモン、栄養、育児環境の3つです。

妊娠中の髪の毛は、女性ホルモンの活発な働きによって守られています。

しかし、産後は、女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、それに伴って、髪の毛を守る力も弱まります。

さらに、授乳中は、母乳に栄養が行き、ママ自身に必要な栄養素が不足しがちです。

そのため、頭皮や髪の毛に栄養が行き渡らず、切れ毛や抜け毛の原因になることがあるのです。

また、育児環境も重要です。

子育てをママひとりで頑張り過ぎて、睡眠不足が続いたり、育児ストレスを抱えたりすると、髪のトラブルが増えてしまいます。

ママ自身の体や心にも目を向け、体の中から、髪の毛を元気にしましょう。

産後の髪のトラブル、女性ホルモンの劇的な変化が大本

赤ちゃんができると、妊娠直後から産後2年程度まで、さまざまな変化が体と心に起こります。

そのひとつが、産後すぐに起こる切れ毛や抜け毛などの髪のトラブルです。

赤ちゃんの生命を維持するため、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが大量に分泌されます。

女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、妊娠中期に胎盤が完成すると、胎盤からも女性ホルモンが大量に分泌されます。

すると、妊娠中のママの体は、女性ホルモンでいっぱいになります。

この影響で妊娠中は、血液量や脂肪量、水分量が増え、髪の毛まで守られている状態です。

しかし、時期が来て、エストロゲンとプロゲステロンが減って出産となり、産後は胎盤が体外に出て、胎盤由来の女性ホルモンもなくなります。

産後の髪の毛は、女性ホルモンの守りがなくなり、相当気をつけなければトラブルが増えることになります。

子育てに対するストレスが、髪のトラブルを加速させます


一般的に、産後の髪のトラブルは一時的なものです。

個人差がありますが、1年後、女性ホルモンが元の状態に戻り、髪の毛も妊娠前の状態に戻ってきます。

しかし、出産で骨格が多少変化し、体の中ではホルモンバランスが劇的に変化する中、産後の体は、元と全く同じには戻らず、疲れが溜まりやすくなっています。

赤ちゃんが小さい頃は、オムツ替えや授乳など、お世話に追われて、ママの疲れや睡眠不足もピークに達します。

人によっては、子育ての不安や緊張、ストレスから、体調不良や髪のトラブルが表れやすくなります。

子育てで忙しく、外出ができないママも多いでしょう。

それでも、赤ちゃんのためにも、気分転換をし、家族に甘えて子供を預け、自分だけの時間をつくることも、本当に大切です。

美容院へ行くタイミング

  • 1か月半から2か月に1回がベスト
  • 髪を伸ばしている人も、定期的に行くのがおすすめ

髪の毛は、再生機能がないため、切れ毛などの傷んだ髪の毛は元に戻りません。

そして、傷んだ毛先はその傷みが進行してしまいます。

美容院で、毛先を少しカットしてもらうと、綺麗な髪を伸ばせ、気持ちもリフレシュできます。

授乳中の切れ毛は、栄養不足の可能性があります

切れ毛とは、髪の毛が途中で切れてしまったり、頭のてっぺんで飛び出したりする髪の毛のことです。

授乳中、たくさん食べているのに切れ毛が増えたと感じるママは、普段の食事を見直して下さい。

母乳に栄養が行き、ママ自身が栄養不足なっているおそれもあります。

授乳中の食事は、ビタミンやミネラルをたっぷり摂ることのできる和食中心のメニューがおすすめです。

逆に、油脂の多い食事や乳製品、甘いものの食べ過ぎは、カロリーオーバーになるだけはなく、乳管が詰まりやすくなるので注意が必要です。

そして、授乳中は水分を多めに摂りましょう。

水分は、カフェインが入るコーヒーや糖分が多いジュース類はできるだけ避け、無糖の飲み物にすると健康的です。

また、産後太りを気にして、極端なダイエットするママがいますが、無理なダイエットは体脂肪だけではなく、筋肉や骨の量まで減らし、髪の毛の栄養や育児に必要な体力まで奪います。

極端なダイエットは避け、それよりも腰痛・筋肉痛をやわらげるストレッチや全身運動をして自然な減量を目指し、体調を良くするための必須アミノ酸やビタミンなどを摂取しましょう。

(まとめ)産後ママが悩む、授乳中に起こる切れ毛や抜け毛の原因とは?

1. 栄養不足と、育児ストレスが重なると髪のトラブルが

授乳中は、ママ自身に必要な分の栄養素が不足して、髪に栄養が届かずに、切れ毛や抜け毛の原因になることがあります。

さらに、赤ちゃんのお世話をしながら睡眠不足や育児ストレスを抱えると、髪のトラブルを加速させます。

2. 産後の髪のトラブル、女性ホルモンの劇的な変化が大本

妊娠中は、女性ホルモンが大量に分泌されているため、血液量、脂肪量、水分量が増え、髪の毛も守られている状態です。

しかし、産後は髪を守っていた女性ホルモンが劇的に減少し、髪のトラブルが増えてしまいます。

3. 子育てに対するストレスが、髪のトラブルを加速させます

産後は、子育てのストレスから、体調不良や髪のトラブルが表れやすくなります。

心のリフレシュために、たまには子供預けて美容院などへ行きましょう。

美容院で毛先を少しカットしてもらうだけで、切れ毛予防になります。

4. 授乳中の切れ毛は、栄養不足の可能性があります

授乳中の切れ毛は、母乳に栄養が行く代わりに、ママ自身が栄養不足なっていることが原因かもしれません。

食事は、ビタミンやミネラルをたっぷり摂ることのできる和食中心のメニューがおすすめです。

過度なダイエットは避けましょう。