髪が傷んでいると湿気の影響を受け、切れ毛ができやすくなります


雨の日や梅雨のジメジメした時期は「髪の毛が広がる、うねる、まとまらない」などの髪の悩みが尽きません。

では、なぜこのような状態になるのでしょうか。

その原因のひとつが湿気です。

通常、髪の毛は水分と油分のバランスでうるおいを保っています。

湿度が高いと、髪の毛は、水分バランスが乱れてしまい、髪の毛に広がりやうねりが生じます。

ところが、ここで、生活習慣の乱れ、カラーリング、紫外線など髪の毛が痛んだ状態である場合、キューティクルが剥がれやく、剥がれた部分から湿気が侵入してきます。

すると、髪の毛がもろくなり、切れ毛の原因になります。

切れ毛予防には、髪のダメージ最小限にしてキューティクルを守るケアが大切です。

そのためには、毎日のシャンプー、ドライヤーの使い方を見直し、髪の毛の摩擦を減らすことが重要です。

そして、食生活、睡眠、運動、過度のストレスなどの生活習慣を改善して、湿気に負けない元気な髪の毛をつくることが大事です。

湿気は髪の内部に侵入し、もろくなった髪が切れ毛になります

通常、健康な髪の毛にはウロコ状に重なったキューティクルという層があります。

このキューティクルは、髪の内部にある、タンパク質や水分を保護する役目があります。

しかし、雨の日や梅雨の時季の湿気、日差しの強い日の紫外線など、さまざまなダメージを受けると、キューティクルの一部がめくれたり、剥がれたりしてしまいます。

すると、キューティクルの剥がれた隙間から、髪の内部にあるタンパク質や水分が流れて、髪の毛がもろくなります。

キューティクルがほとんど剥がれ落ちてしまうと、切れ毛になります。

こうなると、髪の毛のすべりが悪くなり、ツヤもなくなり、手触りも見た目も悪くなります。

髪の毛にダメージをあたえるもの

  • パーマ
  • ヘアカラー
  • 紫外線
  • 湿気
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 加齢
  • 女性ホルモンの減少

※ダメージが大きいほどキューティクルが剥がれ、湿気の影響を受けやすくうねりやハネも強くなります。

切れ毛予防には、キューティクルを守るケアが大切です


切れ毛の予防をするためには、健康的なキューティクルをキープし、湿気が侵入する原因となるキューティクルのはがれをつくらないケアが大切です。

ポイントは、毎日の正しいシャンプーです。

まずは、ぬるま湯ですすぐことからスタートします。

シャンプーの量は、ごく少なめにし、髪全体を優しく洗います。

力を入れてゴシゴシ洗うと、髪同士が擦れ合い、キューティクルが剥がれやすくなります。

また、頭皮を傷付けると、元気な髪の毛は生えてきません。

シャンプーのときは、爪は立てずに、指の腹で優しく洗います。

最後は、シャンプーが残らないようにしっかり洗い流します。

シャンプー後は、必ず、ドライヤーで乾かします。

それは、髪の毛が濡れていると、キューティクルが開いて、不安定な状態になるからです。

濡れたまま放置して寝てしまうと、枕の摩擦だけでも髪の毛が傷み、パサつきます。

髪の毛の水分や、頭皮の湿気に注意

  • シャンプー後の濡れた髪
  • プールで濡れた髪
  • 汗をかいた頭皮
  • 帽子による蒸れ(帽子は通気性の良いものを選ぶ)

※長時間、水分を含んだ状態でいると、頭皮に雑菌が繁殖するケースもあります。

生活改善が、湿気に負けない元気な髪をつくります

髪の毛の健康を保つためには、まずは、食生活の改善です。

最近、コンビニやファミレスなどを利用して手軽に食事ができますが、暴飲暴食は危険です。

食べ過ぎや飲み過ぎは、内臓に大きな負担をあたえ、髪の毛や頭皮にもダメージをあたえます。

栄養バランスが良く、適度な量の食事を心掛けましょう。

さらに、睡眠、運動、過度なストレスなど、毎日の生活習慣が大切です。

それでも、切れ毛ができてしまった場合は、毛先をカットして整えましょう。

ロングヘアの場合は、ダメージが蓄積して切れ毛ができやすいため、定期的に美容院へ行き、カットすることがおすすめです。

髪の毛に良い食材

  • 大豆製品
  • 緑黄色野菜
  • ひじき

※タンパク質やビタミンB群を積極的に摂りましょう。

(まとめ)湿気による髪トラブル、切れ毛にも関係がありますか?

1. 髪が傷んでいると湿気の影響を受け、切れ毛ができやすくなります

雨の日や梅雨、汗をかいたときなど、湿度が高い状態だと、髪の毛の水分バランスが乱れ、うねりやハネを強くします。

さらに、カラーリング、紫外線など髪の毛が痛んだ状態ではキューティクルが剥がれやすくなり、切れ毛の原因となります。

2. 湿気は髪の内部に侵入し、もろくなった髪が切れ毛になります

髪がダメージを受けると、キューティクルの一部がめくれたり、剥がれたりしてしまいます。

すると、キューティクルが剥がれた隙間から、髪の内部にあるタンパク質や水分が流れて、髪の毛がもろくなり、切れ毛を起こしやすくなります。

3. 切れ毛予防には、キューティクルを守るケアが大切です

切れ毛予防には、湿気が侵入するようなキューティクルのはがれをつくらないケアが大切です。

ポイントは、シャンプーによる髪の摩擦を防ぐこと、キューティクルを守るために濡れた髪を放置しないことです。

4. 生活改善が、湿気に負けない元気な髪をつくります

髪の毛の健康を保つためには、まずは食生活の改善です。

暴飲暴食はせず、栄養バランスが良い食事を摂りましょう。

睡眠、運動、過度なストレスなど生活習慣を改善すると、頭皮と髪の毛を元気にします。